福岡県の高校野球記録、大会情報、観戦記、球場案内など

新着記事

27・28日は日大三と健大高崎を迎えて招待野球

 昨年からNHK旗県選抜高校野球大会がなくなり、観戦の機会がめっきりと減った5月でしたが、5月27日(土)と28日(日)の2日間は、福岡県高野連主催の招待野球が行われます。今年の招待校はいずれも今春のセンバツに出場した日 …

【観戦記】真颯館7-5常磐(北九州市内大会準決勝)

 両校とも2桁安打を放つ打撃戦となったが、7回に再逆転した真颯館が逃げ切った。  1点を追う真颯館は7回一死後、9番森田が中前打で出ると、続く和知の中前打にセンターの失策が絡み二、三塁とし、桜田が中前に落ちる2点適時打を …

【観戦記】戸畑工11-10小倉工(北九州市内大会準決勝)

 最大7点のリードを許しながら追いついた戸畑工が、9回サヨナラ勝ちで小倉工を破って決勝進出を決めた。  同点で迎えた9回裏、戸畑工は先頭の山本が死球で出ると、続く矢狹は遊ゴロで二塁封殺されたが、中山が左中間を破る二塁打を …

【観戦記】常磐11-9八幡(北九州市内大会2回戦)

 激しい点の取り合いとなったが、6・7回に8安打を集めて8得点をあげた常磐が八幡に打ち勝った。  初回に3点を失った常磐は2回、阿部が四球で出ると櫻木が送り、逸見の右前打で一死一、三塁とし、末廣の中犠飛で1点を返した。4 …

福島(筑後),真颯館(北九州),飯塚(福岡中央)がV~春季地区大会最終日

 春季地区大会の最終日となった30日は、筑後・北九州・福岡中央の3地区で決勝が行われ、筑後地区は福島、北九州地区は真颯館、福岡中央地区は飯塚が優勝しました。これで夏の大会を前にすべての公式戦が終了し、夏の大会のシードポイ …

福岡地区は筑陽学園がV、北九州は戸畑工×真颯館~春季地区大会第7日

 最終週を迎えた春季地区大会は29日、福岡地区で決勝、筑後・北九州・福岡中央の3地区で準決勝が行われました。福岡地区では筑陽学園が福工大城東を破って優勝、福岡地区では昨年8月の新人大会に続く優勝となりました。残る3地区で …

【観戦記】小倉1-0門司大翔館(北九州市内大会2回戦)

 小倉が2回に挙げた1点を3投手の継投で守り切った。  小倉は2回、この回先頭の4番豊田が中前打で出ると、本田が送って一死二塁とし、6番大谷の三塁線を破る二塁打で先制した。さらに白川のショート前の弱いゴロが内野安打(二塁 …

福大大濠・九産大九州ともに敗れ、県勢姿消す~九州大会第3日

 第140回九州地区高校野球大会(春季九州大会)は25日(火)に準々決勝4試合が行われました。福岡県勢で勝ち残った福岡大大濠、九産大九州はいずれも敗れ、5校が出場した県勢は準決勝を前に、すべて姿を消しました。  福岡大大 …

九産大九州も8強進出、西短大付は秀岳館に敗れる~九州大会第2日

 第140回九州地区高校野球大会(春季九州大会)は24日(月)に2回戦5試合が行われ、ベスト8が出そろいました。福岡勢は2校が登場、福岡1位の九産大九州は佐賀北に7-1と快勝しましたが、同2位の西日本短大付はセンバツ4強 …

福岡地区は筑陽-城東で決戦、小倉,東筑は敗退~春季地区大会第6日

 大詰めを迎えている春季地区大会は23日、福岡・北九州・福岡中央の3地区で8試合が行われました。福岡地区では福工大城東と筑陽学園に進出、北九州地区では戸畑工、小倉工、真颯館、常磐がベスト4に名乗りを上げました。福岡中央地 …

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE
2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

sponsor links

アーカイブ

カテゴリー


sponsor links

PAGETOP
Copyright © 福岡の高校野球 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.