福岡県の高校野球記録、大会情報、観戦記、球場案内など

執筆者紹介

  • HOME »
  • 執筆者紹介

顔写真光本宜史(Takafumi  Mitsumoto)

 1972年生まれ。福岡県北九州市出身。小学校時代はソフトボール、中学時代は軟式野球を経験する。戸畑高校でも野球部に所属、1年秋よりベンチ入りするが、公式戦出場は1年次の秋季大会のみ。2年以降は控えの内野手としてベンチ入り。3年夏は県大会出場(5回戦敗退)。大学卒業後、経済誌→広告専門誌を経てフリーの編集者・ライターとして独立。

 ———

 42歳を目前にした2014年4月に出版社を退職し、フリーランスのライター・編集者として活動しています。
 中でも高校野球の取材・執筆は以前から取り組んでみたいと考えていたテーマで、特に、これまで観戦者&現役球児として携わってきた福岡県の高校野球に絞ってみたいと思っていました。そのために会社員を辞めたと言っても過言ではありません(平日の試合をなかなか見に行けませんから…)。
 残りの人生、福岡の高校野球と共に過ごし、記録の収集・編纂をライフワークにしたいと考えています。このサイトは、その第一歩となるものです。

 私が高校1年生の時、福岡県代表の福岡第一が前田幸長投手を擁して夏の甲子園で準優勝。2年生の時は、福岡大大濠が木村孔士投手の2試合連続完封などの活躍でベスト8に進出。そして3年生の時は西日本短大付が中島博幸投手を中心とした堅い守りでベスト4まで進出しています。その2年後の1992年には西日本短大付が全国制覇を成し遂げるなど、福岡の高校野球にとっての黄金期でした。
 しかしながらそれ以降、福岡県勢は夏の甲子園で勝てなくなり、2勝以上できたのは1995年と2000年の柳川(95年=2勝、2000年=3勝)、2011年の九州国際大付(2勝)のわずか2チームだけという状況です。このサイトでの観戦記や取材活動が、こうした現状を打開するきっかけになれば、これに勝る喜びはありません。

 とはいえ、基本は高校野球が好きなので勝手にこうしたサイトを立ち上げているわけで、気軽に覗いてもらえればと思います。ただ、ライフワークである以上、腰を据えて、腹を括ってやっていくつもりでいます。少なくとも一日一回はブログを更新できるようにはしたいと思います(が、無理な日もきっとあります)。

 主要な試合は観戦に行く予定ですが、もし特定の試合の観戦記希望などがあれば、気軽におっしゃってください。必ず希望に応えられるとは約束できませんが、極力対応できるようにはしてみます。
 ではでは、これからどうぞよろしくお願いします。

英検対策の決定版!旺文社 英検ネットドリル

年別アーカイブ

PAGETOP
Copyright © 福岡の高校野球 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.