福岡県の高校野球記録、大会情報、観戦記、球場案内など
新着記事
  • HOME »
  • 新着記事 »
  • 観戦レポート

観戦レポート

【観戦記】東福岡12-0福岡第一(春季大会2回戦)

 東福岡が打っては16安打で12点、投げては平本、金光の継投で福岡第一打線を5安打完封し、7回コールドで快勝した。  東福岡は初回、先頭の木村が遊内野安打で出ると野瀬が送り、村上四球、福田左前打で一死満塁とし、大西が押し …

【観戦記】九産大九州8-2博多工(春季大会1回戦)

 初回に博多工先発・内田の立ち上がりを攻めて先制した九産大九州が、終盤にも相手守備の乱れを突いて得点を重ねた。  九産大九州は初回一死後、城野、小沢の四死球で一、二塁とし、小中の投手強襲安打で満塁。5番川添、6番白石がい …

【観戦記】東筑10-1筑陽学園(秋季大会決勝)

 筑陽学園の守りの乱れに乗じて得点を重ねた東筑が、投げては今大会初登板となった林投手が筑陽学園を1点に抑える好投を見せ快勝した。  東筑は初回、阿部が中前打で出ると田中の送りバントを捕手が二塁へ高投(記録は失策)し、無死 …

【観戦記】筑陽学園10-9東福岡(秋季大会準決勝)

 両校合わせて30安打、9四死球、5失策を記録する乱戦となったが、4度追いつく粘りを見せた筑陽学園が約3時間に及ぶ乱戦を制した。  筑陽学園は初回、先頭の江原が初球をレフト場外に運ぶ本塁打で先制。さらに一死後、石橋、森口 …

【観戦記】東筑6-5小倉(秋季大会準決勝)

 伝統校同士の対戦は、九州大会出場を賭けた大一番にふさわしい熱戦となったが、延長11回、東筑がサヨナラ勝ちを納めた。  序盤は小倉ペースで試合が進んだ。初回、樵田が四球を選び、渡邉の犠打、石橋の死球で一死一、二塁。河浦の …

【観戦記】東福岡8-4九州国際大付(秋季大会準々決勝)

 中盤までがっぷり四つに組んだ好試合となったが、5回に一気に突き放した東福岡が九州国際大付の反撃をしのいで逃げ切った。  同点で迎えた5回、東福岡はこの回先頭の8番寺岡が右中間二塁打で出塁。森が送り一死三塁とし、1番木村 …

【観戦記】筑陽学園11-1東筑紫学園(秋季大会準々決勝)

 初回と4回に集中打で大量点を挙げた筑陽学園が、5回コールドで東筑紫学園を圧倒した。  筑陽学園は初回、先頭の江原が四球で出ると濱田が送り、石橋のライト左を破る二塁打で先制。続く森口も右前打で一死一、三塁とし、5番中村の …

【観戦記】小倉6-0春日(秋季大会準々決勝)

 小倉の先発・河浦が投打にわたる活躍を見せ春日に快勝した。  小倉は初回、先頭の樵田が左越え二塁打で出ると、渡邉が送って一死三塁。石橋の前進守備のショート左への当たりが失策を誘い一死一、三塁とし、河浦の左前打で先制した。 …

【観戦記】東筑10-0福工大城東(秋季大会準々決勝)

 投打に圧倒した東筑が、福工大城東を7回コールドで破った。  2回一死二、三塁の先制機を逃した東筑は3回、先頭の8番手嶋が左中間二塁打で出ると、石田も四球を選び無死一、二塁。続く阿部の時、二走の手嶋が飛び出して二・三塁間 …

【観戦記】小倉8-7真颯館(秋季大会パート決勝)

 両校の打線が活発で激しく点を取り合う試合となったが、小倉が打ち勝った。  小倉は初回、先頭の樵田が四球で出ると渡辺が送り一死二塁。石橋三振、徳永四球で二死一、二塁から本田が左前打を放って先制した。2点を追う5回はこの回 …

Page 2 / 19123»

sponsor links

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ

カテゴリー

sponsor links