【観戦記】嘉穂7-4星琳(秋季大会4回戦)




【嘉穂7-4星琳(秋季大会4回戦)】

2回表嘉穂二死一、三塁 松延が中前適時打を放ち2点目

序盤、相手のミスを絡めてリードを奪った嘉穂が、終盤にも追加点をあげて星琳を突き放し、逃げ切った。

嘉穂は初回先頭の北原がレフト右を破る三塁打で出塁すると、松延四球で無死一、三塁。打者幸野の時、暴投で北原が生還して先制した。2回は7番佐伯が左前打で出ると己城が送り、中村の中前打で一死一、三塁。北原は三邪飛に倒れたが、2番松延の中前打で1点を追加した。

4回は8番己城の中前への当たりをセンターが飛び込んで捕球を試みたが及ばず、ボールがこぼれる間に己城は二塁へ(記録は二塁打)。中村の投前バントがフィルダースチョイスとなって無死一、三塁とすると、打者北原の時にスクイズを外した球が暴投となり、己城が生還した。なおも無死二塁から北原左飛、松延のニゴロで二死三塁とし、幸野がセンター前に落として、この回2点を加えた。2点差で迎えた8回は一死から己城が中前打。中村が送り、北原四球で一死一、二塁から、松延の中前打でまず1点(北原三進、松延も三塁送球間に二進)。なおも一死二、三塁から幸野の左前打で2者が還り、7-2とリードを広げた。

星琳は4回一死後、3番遠竹が中前打で出ると、田中(蓮)の中前打で遠竹が三塁を狙いタイミングはアウトだったが、タッチプレーの際にボールがこぼれて一死二、三塁(記録は安打と失策、田中も三塁送球間に二進)。ここで5番藤井が中前打を放って2点を返した。5点差で迎えた9回は一死から6番高山が四球を選び、園田の遊ゴロ(二塁封殺)で二死一塁となったが、8番朝吹が左越え安打を放ち園田が生還、朝吹も三塁を狙いタイミングはアウトだったが、タッチしたグラブからボールがこぼれる間に本塁を陥れて2点を返した(記録不明、本サイトでは三塁打とサード失策と判定)が、反撃が遅かった。

第151回九州地区高校野球福岡大会4回戦(2022年9月24日・土/北九州市民球場)
       一二三四五六七八九   計HE
  嘉 穂  110200030  7103

  星 琳  000200002  4 60
 嘉  穂  打安点  星  琳  打安点 ◆投手成績
(二)北 原 310 (一右)堂元 400 嘉 穂 回 安球振責
(遊)松 延 322 (三)小 山 400 幸野  9 6452
(投)幸 野 423 (捕)遠 竹 410 
(左)西 野 500 (右中)田中蓮410 星 琳 回 安球振責

(中)葛 原 500 (左)藤 井 312 吉武  2 4202
(捕)塚 本 510 (遊)高 山 100 田中直  3.1 3222
(一)佐 伯 410 (中)宇土大 000 田中佑  0.2 0000
(右)己 城 320 打 川 端 100 園田  3 3113
(三)中 村 210 投 田中直 100
(投 吉 田 211 (投 田中佑 000 試合時間
(投 吉 田 211  投 園 田 100 12:05~14:12
投 吉 田 211 (二)朝 吹 421
投 吉 田 211 (投)吉 武 000
(投 吉 田 211 (一 山 本 310
振球犠盗残  打安点  振球犠盗残 打安点
35409  34105    54005 3263
—-
※公式記録ではありません
※選手名は場内アナウンスのみの確認のため、誤りがありましたらご指摘ください

—————-

星琳の先発宇・吉武

嘉穂が泥臭く得点を重ねて主導権を握り、エース幸野の好投で星琳の反撃を封じた。

星琳の先発は背番号20、右腕の吉武。立ち上がりから直球が高く浮き、チェンジアップも決まらず制球に苦しんだ。いきなり北原にレフト右を破られると、松延に四球を与え、幸野の2球目が暴投となり先制点を献上。2回は2-0からストライクをとりにいった球を佐伯に三遊間を割られ、犠打のあと中村にセンター前に落とされ、松延には初球をセンター左へ持って行かれた。2回を投げて被安打4、与四死球2で降板となった。

3回からは背番号11の田中(直)がマウンドに。セットポジションから力のある投球を投げ込んでくる右腕で、捕手からの返球を受けるとすぐにセットに入り、ポンポンとストライク先行の投球をしてくる。術中にはまると手こずりそうな投手だが、嘉穂はこの田中にも食らいついていく。

星琳・田中(直)

4回先頭の8番己城の当たりはセンター前への飛球。田中(蓮)が懸命に前進しダイビングキャッチを試みたが及ばず、ボールが芝生の上を転々とする間に己城は二塁を陥れる。続く中村は投前バント。田中は三塁送球したがセーフ。北原は浅い左飛に倒れた後、松延の初球にスクイズを仕掛ける。星琳バッテリーはこれを見事に外したが、そのウエストボールが暴投となって己城が生還。松延ニゴロで二死三塁から、幸野の一打はバットの先ながらセカンド後方に落ちるタイムリーとなって2点を加えた。この回にクリーンヒットはなかったが、この2点で嘉穂がペースを握った。

その後は田中(直)~田中(佑)~園田とつなぐ継投の前に無安打に抑えられていたが8回、一死から己城が園田のスライダーを合わせてセンター前に運ぶと、中村が手堅く送る。北原四球のあと松延がセンター左への当たり。センターが前進して飛び込むが及ばず、貴重な追加点が入った。幸野はフルカウントから直球を叩いてショートの左を破り、ダメ押しの2点を加えた。

嘉穂・幸野

嘉穂の先発・幸野はスライダーがよい投手。スライダーは打者の手元でドロッと落ちるような球と、縦に鋭く落ちてくる球の2種類あるように見えた。これに大きなカーブを交えて打たせてとるのが持ち味。4回は味方の失策もからんで2点を失い、5回も一死から連打を浴びて二、三塁のピンチを背負ったが、堂元をカーブで三振に打ち取り、小山もスライダーを引っかけさせて遊ゴロ。6回以降は直球も外角低めいっぱいに決まるようになり6~8回は無安打投球、星琳に反撃の機会を与えなかった。

バックも幸野をよく盛り立てた。1年生のショート松延は、再三の強い打球を柔らかな身のこなしで軽快にさばいた。飛んできたショートゴロは8個。このうち一つは一塁送球が乱れて出塁を許したが、それ以外は安定した守備を見せた。捕手の塚本は3回と4回、いずれも一死一塁の場面で仕掛けてきた二盗を刺した。二度とも投球はスピードを殺した変化球だったが、正確なスローイングでピンチの芽を摘んだ。

打撃では2番松延が2打点。小柄な左打者だが好機にしぶといヒットを放ち、勝負強さを見せた。8番己城は2安打と1犠打、9番中村も2つの犠打がいずれも得点に結びつくなど、下位の打者もチャンスメイクの役割をしっかり果たした。

4回裏星琳一死二、三塁 藤井の中前打で遠竹に続き田中蓮も生還

星琳打線は序盤、幸野の変化球に手を焼き内野ゴロの山を築いた。4回に3連打で2点を返し、5回は一死から朝吹の左前打のあと、山本の時にヒットエンドランが決まり(三塁線を破る安打)一死二、三塁と同点のチャンスを迎えた場面が大きな山場だった。このチャンスを逃すと6回以降は無安打に抑えられて二塁を踏めず、9回二死一塁から朝吹の左越え三塁打に失策がからんで2点を返すのがやっとだった。

 

Pocket
LINEで送る

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*