【観戦記】福工大城東16-0福岡舞鶴(春季大会4回戦)

※本記録は公式記録ではありません

 福岡舞鶴投手陣の乱調に付け込んで主導権を握った福工大城東が、その後も攻撃の手を緩めず5回コールドで圧倒した。
 福工大城東は初回、奥田、矢野が連続死球。藤原も四球を選んだ後、4場譽田がセンター右を破る走者一掃の三塁打で先制した。なおも松永、竹島も四球で満塁とし、ここで登板した福岡舞鶴の2番手・原から内田が押し出しの四球を選んで4点目。8番北原の右犠飛で1点を加えると坂本四球で満塁とし、奥田のニゴロ(二塁封殺)の間に竹島が生還してこの回6点を挙げた。
 3回は北島がレフト右への二塁打で出ると、坂本の投手前バントが一塁悪送球を誘い無死一、三塁。奥田四球で満塁から矢野がスクイズを決めて1点を追加した。4回にも5番松永が四球で歩き、竹島の中前に落ちる安打と内田の犠打で一死二、三塁。北原四球で満塁とし、坂本の左越え二塁打で2者が生還。奥田四球のあと、矢野が再びスクイズを決めてこの回3点を奪った。
 5回は松永左前打、竹島もショート左への内野安打で続き、内田四球で無死満塁。北原が左越え三塁打を放って3人が生還。さらに代打・乙吉のライト左への二塁打、奥田のセンター左への三塁打、矢野の右前打で6点を挙げて勝負を決めた。

 福岡舞鶴は初回二死から二宮が右前打を放ったが、黒木が遊ゴロ。2回は先頭の丸田が三ゴロ失で出塁したが、後続が凡退。5回もこの回から登板した2番手・西野から先頭の6番内川が右前打で出たが、代打森園が遊ゴロ、三苫も遊ゴロ併殺打に倒れ、二塁を踏めなかった。

————————————————–

 福岡舞鶴はエース丸田の乱調が誤算だった。先頭の奥田には落差あるカーブを使って追い込みながら死球。さらに矢野にも死球を与えると藤原にはストレートの四球。4番譽田には甘く入ったストレートを捕らえられ、さらに2者連続四球になったところで、一死も取れないまま降板。リリーフした原も5回途中まで9個の四球を与えるなど、流れを引き戻せなかった。

福工大城東は四球で出塁した走者をタイムリーや犠打で還す形で攻めが続いた。初回は四死球の走者3人を置いて4番譽田がセンター右をライナーで破る痛烈な一打。5回は満塁から4連打。いずれのファーストストライクを積極的に振っていき、右に左に鋭い打球が飛んだ。2番矢野はセーフティ気味のスクイズを二つ決め、小技にも秀でた2番打者。

 福工大城東の先発はエースの坂本。ボール先行の投球となり、死球を一つ与えたが無四球で二塁を踏ませなかった。スライダー、カーブを低めに集め、4つの三振はいずれも力のある直球。大量点に守られて4回を1安打1死球でまとめた。2番手の西野は右サイドハンド。直球に力がありそうな投手。
 福岡舞鶴は3番二宮が一・二塁間を破るヒット。2打席目もアウトにはなったがライトに芯で捕らえた当たりを放った。4番黒木、5番丸田の二人も安打はなかったが、当たりはよく、この中軸3人が打線の中心となってきそう。


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*