※本記録は公式記録ではありません

 終盤に底力を発揮した九州国際大付が小倉工に逆転勝ち、決勝進出と九州大会への出場を決めた。
 7回まで小倉工先発・樋口の前に3安打に抑えられてきた九州国際大付は1点を追う8回、先頭の2番井上が右前打で出塁。続く中川壱も中前打で続き、4番葛城がレフト左への二塁打を放って同点に追い付いた。なおも柄谷が敬遠気味の四球で歩き無死満塁。代打伊賀の時に暴投で勝ち越すと、伊賀も左前打を放ち3点目。斉藤遊飛で一死一、三塁となったが8番下村のスクイズでさらに1点を加え、続く途中出場の1番増木の中前打で伊賀が生還し、ダメ押しとなる5点目を奪った。
 先制したのは小倉工。3回先頭の7番矢田が左前打で出ると樋口も四球を選んで無死一、二塁。堀田の送りバントは投飛となったが、木村の一ゴロで二死二、三塁とし、打者本木の時に捕逸で矢田が生還した。しかし4回以降出した走者はヒットで出た2人だけ。九州国際大付・下村に12三振を奪われ沈黙した。

————————————————–

 小倉工にとっては7回までこれ以上ない展開に持ち込めたが、最後は九州国際大付の底力に屈した。
 小倉工の先発・樋口は序盤、制球に苦しみボールが先行する立ち上がり。それでも初回一死二、三塁、3回二死一、二塁のピンチをしのぐと、徐々にテンポアップ。4~6回に許した走者は四球の一人だけで九州国際大付打線をほぼ完璧に抑え込んだ。直球は120キロ台前半だがチェンジアップがよく切れており、この球で6回までに6奪三振。100キロ台のスライダーも効果的に使って翻弄した。
 7回はヒットと2つの四球で一死満塁の大きなピンチを背負ったが、太治の浅い右飛で本塁を突いた三塁走者をライト高橋が落ち着いてワンバウンドのストライク投球。余裕を持って刺し、流れは完全に小倉工だった。

 しかし味方の援護を待ち続けるエース下村が8回を三者連続の見逃し三振に仕留め、再び反撃のムードを高めると、その裏に先頭の井上が右前打。続く3番中川壱が2-1からバスターエンドラン。それまでタイミングの合っていなかったチェンジアップを中前に合わせてチャンスを広げる。この連打で流れは九州国際大付へ。すると葛城はサード右へ痛烈な一打。守備範囲内だったが、グラブの下を抜けるタイムリー二塁打となり追いついた。こうなると押せ押せの九州国際大付は暴投で逆転すると、代打伊賀のタイムリー、下村のスクイズ、途中出場の増木もタイムリーを放つなど畳みかけて勝負を決めた。
 下村は140キロ前後の直球にスライダーを交え、小倉工を散発4安打に抑える好投。3回は二死二、三塁からサインミスと思われる捕逸で1点を失ったが、4回以降許した走者はヒットの2人だけ。6イングスのうち4イニングスで三者凡退、4~5回にかけては5者連続三振、8回も3者連続三振で与えた四死球も一つと、小倉工打線に付け入るスキを与えなかった。

 小倉工は初回、好調の3番常軒が投球を手に受けてそのまま交代したのが痛かった。頼みの4番久木田も下村のスライダーに2三振を喫するなど、3・5回以外は得点圏に走者を送れなかった。それだけに3回に得た1点を守り切りたかったが、樋口が最後に九州国際大付打線につかまり、あと一歩及ばなかった。