福岡県の高校野球記録、大会情報、観戦記、球場案内など

2014年5月17日 田川-西日本短大付②

【観戦レポート】 (2014年5月17日・土/北九州市民球場)
◇NHK旗福岡県選抜高校野球大会 準決勝
     1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
西短大付   0 0 0 0 0 3 0 3 0 6 7 4
田  川   1 0 0 0 1 0 0 0 1 3 5 1
【西】宮本-高岩  (本)小野  (二)上村、高岩、松見
【田】秋山、藤松-山口 (二)山口

田川・秋山

田川・秋山投手


県下屈指の呼び声の高い西短大付・小野郁(3年)は、この試合も登板はなく、センターに入った。マウンドは背番号20の宮本投手。立ち上がりに2本の単打で1点を失ったが、以降は3安打に抑える好投。奪三振は4つと多くはないが、130キロ前後の直球を軸に低めに集め、内野ゴロを打たせて取る。夏は、小野と宮本の2人を軸に連戦を戦っていくことになりそうだ。
打線は後半になって秋山をとらえた。7安打のうち4本が長打。甘く入ると見逃さない。失点を最小限度に抑えられる守りがあるゆえ、後半に勝負をかけられる。
守備では失策が4。うち3つはセカンドに入った中島優介(3年)だが、中島は本来ファーストで、小野がセンターに回った関係でセカンドに入っているようだ。中島は3番、小野は4番を 打っているため、小野が登板しない試合は中島がセカンドに入ることになりそうで、その場合は守備にやや不安を残す。

 田川のエース・秋山遼太郎(3年)は、この日も初回に二つの四死球でピンチを背負う不安定な立ち上がり。二死一、二塁から5番・武富章剛(2年)にレフトへ大きな当たりを打たれるが、辛うじて抑える。本番に向け、立ち上がりが一つのポイントだろう。ただ、リズムを掴んだ2回以降は、テンポよく投げた。130キロ前後の直球に切れがあり、この日はカーブもよく決まる。5回まで毎回の7奪三振で、被安打1、与四死球2と上々の投球を見せた。6回の小野の一発は仕方ないにしても、8回には3本の二塁打を含む4安打を許しており、終盤のスタミナも課題だろう。2番手・藤松が夏までにある程度計算できるようになると、連戦も心強い。

 守備もよく鍛えられている。特にセカンド・水田はライト前への浅い飛球を3度にわたって好捕。地味なプレーだが、確実に投手を助けている。捕手の山口も二度、盗塁を刺すなど秋山を中心に守りは固く、安定感がある。打線はセンター返しを中心に打ち返すバッティングで、1番・山口、4番・中野らの上位打線が得点源だ。

前に戻る

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE
PAGETOP
Copyright © 福岡の高校野球 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.