福岡県の高校野球記録、大会情報、観戦記、球場案内など

2014年5月17日 田川-西日本短大付①

【観戦レポート】 (2014年5月17日・土/北九州市民球場)
田川・木村の中前打

5回裏、田川、二死三塁。木村がセンター前にタイムリーヒットを放ち、1点を追加する(投手・宮本)。

◇NHK旗福岡県選抜高校野球大会 準決勝
             1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
西短大付    0 0 0 0 0 3 0 3 0 6 7 4
田  川    1 0 0 0 1 0 0 0 1 3 5 1
【西】宮本-高岩  (本)小野  (二)上村、高岩、松見
【田】秋山、藤松―山口 (二)山口

 西日本短大付が終盤に長打攻勢で田川の左腕・秋山を攻略。守っては先発・宮本が5安打2失点に抑えて完投、粘る田川を振り切った。

 2点を追う西短大付は5回2死まで秋山の前に無安打に抑えられていたが、6回に反撃。この回先頭の上村が中前打で出塁すると、続く3番・中島の三塁への当たりは変則的な回転がかかった打球となり、これを三塁手がファンブル(記録は失策)して無死一、二塁。ここで4番の小野が左翼席中段に運ぶ3点本塁打を放って逆転した。8回には疲れの見えた秋山から上村が左中間への二塁打。中島が送った後、小野、高岩、松見が短長打を浴びせて3点を奪い秋山をKO、勝負を決めた。

 田川は初回、中前打の山口を水田が送り、四球などで得た二死一、二塁の好機に5番・橋本が変化球を左翼線に引っ張って先制。5回には敵失で出塁した走者を一塁に置き、山口がバントの構えから左翼線に運び無死二、三塁。続く水田のスクイズは外され、三塁走者が三本間で憤死。水田も三振して二死三塁となったが、木村がしぶとく中前に運び1点を追加、中盤まで優位に試合を進めた。だが逆転された6回以降は立ち直った宮本の前に6~8回と走者を出せず、9回二死一塁から藤松が右前打を放ち、ライトから三塁への送球が逸れる間に一塁走者の橋本が生還して1点を返したが、反撃もそこまで。秋山が粘り強く投げ、セカンド・水田を中心によく守ったが、西短大付の長打攻勢の前に屈した。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE
PAGETOP
Copyright © 福岡の高校野球 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.