福岡県の高校野球記録、大会情報、観戦記、球場案内など

2014年5月17日 小倉-東福岡①

【観戦レポート】 (2014年5月17日・土/北九州市民球場)
◇NHK旗福岡県選抜高校野球大会 準決勝
    1 2 3 4 5 6 7 8 9  R  H  E
東福岡 0 0 2 2 2 2 2       10  13  0
小 倉 0 0 0 0 0 0 1      1 8  2
【東】佐藤、ヒンブル-堀尾、河野 (本)河野 (二)佐藤、日野
【小】岡野、小畑銀、上田-稲富
 (二)水野、田中

 東福岡が投打に小倉を圧倒、7回コールドで決勝に進出した。

東福岡・佐藤

6回無失点の東福岡・佐藤投手

 2回まで小倉先発の左腕・岡野に三者凡退に抑えられていた東福岡は3回、この回先頭の山田が二塁左への内野安打。犠打で送った後、堀尾のショート前への高いバウンドが失策を誘い、一死一、三塁。佐藤の三ゴロで三塁走者が本塁に突入、これを刺そうとした本塁への送球が低くなり、捕手がはじく間にまず1点。死球を挟んだ一死満塁から、3番・楠八重の右前適時打でこの回、2点を挙げた。

  4回は、吉村の左前打と犠打、保坂の中前打などで作った一死二、三塁から、佐藤がレフトフェンスに当たる二塁打を放ち、2点を追加。5回にも楠八重のセーフティバント、犠打の一死二塁から日野の三塁線を破る二塁打で1点を加え、岡野をKO。代わった小畑(銀)から山田が詰まりながらも右前に落としてさらに1点を追加した。

 6回に入っても東福岡の猛攻は続く。二死から四球と楠八重の左前打、井上の右前打で1点を加え、小畑もマウンドから降ろす。代わった上田から日野も投手強襲安打を放ち2点。7回には四球の走者を二塁に置き、河野がレフトオーバーの2点本塁打。13安打の猛攻で圧倒した。

 投げては佐藤が6回まで6安打を浴びながらも、小倉の拙い攻めもあって三塁を踏ませぬ力投。130キロ台半ばの直球と鋭く曲がる120キロ代のスライダーで要所を締めた。

 小倉は序盤、押し気味に試合を進めたが、バント失敗や牽制死などで好機を得点につなげられなかった。7回に2番手・ヒンブルからワイルドピッチで1点を返すにとどまった。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE
PAGETOP
Copyright © 福岡の高校野球 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.