9安打で7点と効率の良い攻めを見せた九州国際大付が、投げてはエース下村が光陵から12個の三振を奪って3安打完封、7回コールドで快勝した。
 九州国際大付は初回、先頭の太治が三ゴロ失で出ると、井上も死球で出塁し、中村壱が送って一死二、三塁。続く葛城の時に光陵・吉田の暴投で先制した。2回は6番中川優が右翼線二塁打で出ると、斉藤も左越え二塁打で無死二、三塁。下村は三飛に倒れたが、9番園川の遊ゴロの間に中川優が生還した。
 4回は一死後、この回から登板した佐藤から斉藤が四球を選び、下村の三ゴロがフィルダースチョイスとなり一死一、二塁。園川中直のあと、太治が左越え本塁打を放って3点を加えた。6回は二死から4番葛城が右中間二塁打で出塁し、続く柄谷の右前打で生還。さらに中川優も右中間二塁打を放ち、この回2点を追加して突き放した

 投げては先発の下村が4回まで走者を一人も出さない好投。光陵は5回一死から5番花田が一・二塁間を破る初ヒットを放ったが後続が凡退。6回は一死から9番豊島が、7回も一死から4番上野がそれぞれ中前打で出塁したがいずれも散発に終わり、三塁を踏めなかった。

※選手名に関しては場内アナウンスのみでの確認のため、誤りがありましたらご指摘いただけると幸いです

————————————————–

 優勝した今春九州大会のマウンドを経験している九州国際大付のエース下村が、圧巻の投球を見せた。140キロ超の直球を外角いっぱいに決め、スライダーの切れ味も鋭く、初回はいきなり三者連続三振。2回以降も光陵打線から三振の山を築いていった。5回一死から初めての走者を安打で出したが、走者を背負っても全く危なげのない投球で、得点の気配すら与えなかった。
 打線は、光陵の3人の投手から9安打を放ち、うち6本が長打。1番太治の左越え本塁打はライナー性の一発。6番中川優も左のパワーヒッターでライト方向に痛烈な当たりの長打を2本放った。前チームでも中軸を担い、新チームでは4番に座る葛城も右中間二塁打を含む2安打。今年の九州国際大付も打力がありそうだ。

 光陵は背番号10の左腕吉田が先発したが、初回は失策で出した走者を死球と犠打で三塁に進められ、暴投で先制点を献上するなどリズムに乗れなかった。4回からは早くも2番手の佐藤を送り込んだが、四球とフィルダースチョイスの走者を置いて太治の一発を浴びた。5回無死一、二塁で登板した3番手の長井は、この回こそ何とか無失点で切り抜けたが、6回は3連打を浴びて2失点と九州国際大付打線の勢いを止められなかった。いずれも細身の軟投派左腕だったが全体的に球が高く、6回まで3人で6四死球を与えるなど制球にも苦しんだ。

 打線は下村の前に散発3安打。12三振を奪われるなど力負けの印象だった。その中にあって4番上野は、アウトになった打席も含めて下村の直球やスライダーに対応できていた数少ない打者。7回は中前打を放って二盗を決めるなど孤軍奮闘した。