春季地区大会は26日に筑後地区、27日に北九州地区と福岡地区で決勝が行われ、西日本短大附、折尾愛真、福岡大大濠がそれぞれ優勝しました。例年通りのシード制、ポイントであれば、3校は夏の北福岡大会、南福岡大会でのシード権獲得ということになります。夏の大会に向けた公式戦はこれで終了、各校とも夏に向けた最後の調整に入ります。

【福岡地区】決勝は、春8強の九産大九州に競り勝った沖学園と、東福岡を打撃戦の末に下した福岡大大濠が対戦。福岡大大濠は先発の濵地投手が5回無失点と好投。6回から登板した西投手は交代直後に同点本塁打を浴びましたが、その裏に5番星子のタイムリーで勝ち越し、この1点を守り切りました。秋・春と不本意な成績に終わっていた福岡大大濠は、最後に結果を出して夏の南福岡大会の有力校として名乗りを上げました。


【北九州地区】準決勝では折尾愛真が自由ケ丘に快勝、東筑ー九州国際大付の注目の一戦は九州国際大付が逆転勝ちをおさめましたが、東筑は石田、林の2枚看板は登板せず、九州国際大付も春の九州大会優勝の大車輪となった下村、山本の両投手はベンチに控えるなど、夏を見越した駆け引きも見られました。決勝では折尾愛真が継投で九州国際大付打線を9回の2点に封じ、激戦の北九州地区を制しました。

【福岡中央地区】決勝は西日本短大附と南筑の顔合わせとなりましたが、西日本短大附が圧倒。5試合のうち4試合が2桁得点という高い得点力を示しての優勝となりました。大牟田や、久留米商・祐誠を破った柳川を下しての優勝だけに、名実ともに春の筑後チャンピオンと言ってよいでしょう。西日本短大附も秋春と成績が振るいませんでしたが、夏に向けて調子を上げてきています。