最大7点のリードを許しながら追いついた戸畑工が、9回サヨナラ勝ちで小倉工を破って決勝進出を決めた。
 同点で迎えた9回裏、戸畑工は先頭の山本が死球で出ると、続く矢狹は遊ゴロで二塁封殺されたが、中山が左中間を破る二塁打を放って一塁から矢狹が生還、サヨナラ勝ちで乱戦にケリをつけた。

 2回に中山の二塁打を足がかりに押し出しで1点を返した戸畑工は5回一死後、3連続四死球で満塁とし、救援に立った河合の初球を山下が右前にはじき返して2点を奪うと、続く一、三塁から高橋のニゴロで併殺を焦ったセカンドの失策でさらに1点を追加した。6回は中前打で出た藤井を古海が送り、二死後、矢狹の右前打で1点。5点を追う7回は山下のファースト正面のゴロがイレギュラーする右前打となり、川口の三塁前バントも内野安打となって、溝口四球で無死満塁。二死後、古海が中前に落として2点を返した。8回は一死後、中山左前打、山下も右前に落ちるヒットで続き一、二塁。二死後、溝口の左越え二塁打でまず1点。中村四球で満塁とし、代打村上がショート左を破る2点タイムリーで遂に同点に追いついた。

 序盤、主導権を握ったのは小倉工。2回に先頭の江口が左翼フェンス直撃の二塁打で出ると一死後、成重がセンター左を破る三塁打を放って先制、続く田中の中前打でこの回、2点を奪った。3回にも一死後、丸本が右前打。武田も右前打で続き、ライトの失策も重なって一死一、三塁。ここで江口が右前打を放ってまず1点。なお一、三塁から常軒の右犠飛で1点を追加、さらに江口盗塁で二死二塁から成重が左越え三塁打を放ち、この回3点を加えた。
 5回も攻撃の手を緩めず、武田が中前打で出ると江口左飛のあと、常軒が三塁線を破る二塁打で一死二、三塁。成重の当たりはショートとレフトの間に落ちるヒットとなり武田が生還。代打油屋の四球で満塁とし、二死後、山下の三遊間のゴロをショートが一塁に低投、2者が還って8-1とリードを広げた。3点差に迫られた直後の7回表は、戸畑工2番手・三井から河合、増田が四球を選び、一死後、宇都宮も四球で一死満塁とし、ここで登板した戸畑工の3番手・矢狹から丸本が2点右前打を放ち、10-5となって勝負あったかにみえたが、投手陣の乱調が響き、7点のリードを守れなかった。

※選手名に関しては場内アナウンスのみでの確認のため、誤りがありましたらご指摘いただけると幸いです
————————————————–

 小倉工にとっては、勝ちゲームを落としたと言ってもよいだろう。5回表を終わって8-1。コールドゲームも視野に入ってくる展開だったが、ここから毎回のように戸畑工に得点を許すことになった。
 変調の契機となったのは5回裏、先発・武田の制球難。3番打者で本職はファーストだが、投手としてもマウンドに上がる。ダイナミックなフォームから左投手特有の大きなカーブが持ち味の投手だが、1回と3回は三者凡退に抑えたかと思えば、2回は3つの四球で押し出し、4回も二死から2人に四死球を与えるなど不安定な内容。そして5回一死後、山本に頭部への死球を与えて動揺したか、さらに2者連続四球となったところでファーストの守備へ。被安打1での降板となった。
 2番手の河合は右のスリークォーター、球威がないためカーブでかわす投球となったが、甘く入ったところを戸畑工打線につかまり、8回途中までに10安打を浴びてリードを守り切れなかった。同点となったところで再び武田が登板、8回の続くピンチは切り抜けたが、9回も先頭打者を死球で出し、サヨナラ打を浴びた。2人で11四死球を与えては、この結果も止むなしか。エース橋本はブルペンには姿を見せたものの、軽い投球練習だけで登板の気配はなかった。この試合はエース抜きで戦うことが決まっていたのだろうが、橋本以外の投手陣に不安を残す内容となった。

 戸畑工の先発・高橋は直球、スライダーをコーナーに集める投球を見せたが、きわどいコースでも安打にする小倉工打線が一枚上だった。一塁に出ると大きなリードをとって何度も牽制球を投げさせたことも、高橋の集中力を奪ったか。5回までに114球を投げ、6回のマウンドにも立ったが投球練習中に足がつって、ここで降板となった。右サイドハンドの2番手・三井は1回3分の1で5四球と乱れ、6回一死満塁となったところでライトから矢狹がマウンドへ。直後にタイムリーを浴び、8回も3安打を許しながら、右上手からの制球重視の投球で8・9回を無得点に抑え、サヨナラを呼び込んだ。

 ともに2桁安打の打線はいずれも活発だったが、特に小倉工打線は、長打力のある武田・江口を軸に上位から下位まで切れ目がない。戸畑工打線も甘く入ってくると、確実にとらえてくる。打力のある両校だが、こうした乱戦は夏の大会でも頻出するだけに、戸畑工にとっては大きな自信になったであろうし、小倉工はこの経験を今後の糧としたい。