南部Bパートは福島、福工大城東、福岡西陵などを中心に県大会出場をかけた争いが展開されそうです。シードの福島は昨夏ベスト16のメンバーのうち、4番宮崎や主戦として活躍した右サイドハンドの後藤―中島のバッテリーなどが主力を形成。新チームでは右腕・秋山も加わり、堅い守りで昨秋も県大会に出場しました。打線も長打力のある宮崎、後藤、中島を中心とした集中打が持ち味です。
 福岡西陵は、昨秋パート決勝で九州王者の福岡大大濠に敗れたものの、3-6と善戦。右腕・高山は大きなカーブを武器に、打たせて取る投球が持ち味。打線は長打力こそないものの、好打者の1番柴田、上野、斉藤の中軸などがシェアな打撃を見せます。

 昨夏準優勝の福工大城東は主力が抜け、昨秋は3回戦で修猷館に敗退。前チームで1番遊撃で活躍した伊藤を中心にどこまで戦力を整えてきたか、その戦いぶりに注目が集まります。筑紫丘は昨夏、昨秋といずれもパート決勝に進出するなど力をつけています。4番竹丸をはじめ多くの2年生が前チームから残っており、上位をうかがいます。その筑紫丘と初戦で対戦する筑前も、昨夏ベスト8のマウンドを経験した右腕・川口、吉田・堀の1・2番コンビなどが残っています。外角に直球や変化球を集める川口は制球力もあり、安定しています。
 朝倉は昨夏、初戦敗退(6-8祐誠)でしたが、その試合で先発した右腕・濱田は、緩急をつけて低めを突く投球で大崩れはしないタイプ。濱田を援護する打線の奮起が求められそうです。

※校名の赤字はシード校、緑字は本サイトの独断による有力校