2016九州大会_春7 第138回九州地区高校野球大会の第2日は、2回戦5試合が行われました。3校が登場した福岡勢のうち、西日本短大付(福岡1位)は樟南(鹿児島2位)に終盤までリードを許す苦しい展開となりましたが、8回裏に逆転して4-3で勝利。福岡大大濠(福岡2位)も序盤から大量点を奪ってリードを広げ、神村学園(鹿児島1位)を11-1の6回コールドで下しました。前日に1回戦を突破した九産大九州(福岡3位)は、この日も糸満(沖縄)相手に投手戦を繰り広げましたが6回に失った1点が最後まで重くのしかかり0-1で敗れました。

 西短大付はしぶとさを見せての逆転勝ち。福岡大会も僅差の試合を勝ち上がってきましたが、今年のチームは派手さはないものの、機動力をからめたスキのない野球をする印象があります。エース・谷口投手も剛速球を投げるわけではありませんが、福岡大会からすべて3点以内に抑えており安定感が光ります。準々決勝の対戦相手・海星にも、今春センバツ2回戦で敦賀気比を抑え込んだ春田、土谷と左右の好投手がいますが、どのように攻略していくか注目です。
 福岡大大濠は3回までに9点を奪う猛攻を見せて神村学園を圧倒しました。濱地投手も調子はいまひとつだったようですが、それでも強打・神村学園打線を1失点に抑えるあたりはさすがといったところ。福岡大会準決勝の東筑戦でも制球、球の走りともよくありませんでしたが、それでも1失点で完投するなど、調子が悪い中でも失点を最小限に抑えることができるところに、投手としての非凡さを感じます。打撃は中軸の古賀、東の中軸に当たりが出てきているようで、春の県大会3試合で5得点におわった打線にも向上の兆しが見えています。
 連戦となった九産大九州は、エース・岩田投手がこの日も先発し、糸満打線を7回まで1失点に抑える力投を見せました。しかし打線が糸満・平安投手を最後までとらえることができず、完封負け。こちらもセンバツに出場した前チームから打力向上が課題となっていますが、ここまでなかなか成果が出ずに苦しんでいるようです。夏まで残り2カ月、どこまで打力を上げてくるか問われそうです。

 大会3日目の13日は準々決勝4試合が行われます。福岡勢では西日本短大付が今春センバツ8強の海星(長崎・推薦)、福岡大大濠は長崎1位の大村工、いずれも長崎勢との対戦となります。

【第2日】(5月12日)
◇2回戦(長崎県営野球場)
佐 賀 商 430 100 020 =10
九 州 学 院 000 050 000 =5

◇2回戦(長崎県営野球場)※6回コールド
神 村 学 園 000 001     =1
福岡大大濠 414 002     =11

◇2回戦(長崎県営野球場)
糸   満 000 001 000 =1
九産大九州 000 000 000 =0

◇2回戦(かきどまり野球場)
日 南 学 園 020 000 000 =2
大 村 工 000 010 30x =4

◇2回戦(かきどまり野球場)
樟   南 010 020 000 =3
西 短 大 付 110 000 02x =4