博多工が4人、久留米が2人の投手を送り込み、追いつ追われつの目まぐるしい展開となった試合は、機動力を絡めた攻撃で終盤に突き放した博多工が逃げ切った。博多工・宮原適時打

 博多工は同点で迎えた7回、遊ゴロ失で出た大川を古川が送って一死二塁。日野の二ゴロで三進すると、宮原が中前に運び勝ち越し。8回は二死後、四球で出た福島が盗塁を決め、途中出場の7番・中島の左中間二塁打でさらに1点を加えて突き放した。
 先手を取ったのも博多工。2回、この回先頭の4番・馬場隆が四球で出ると田中が送って一死二塁。続く福島の左前打を放ち、レフトからの返球が乱れる間に二走の馬場隆が還って先制。さらに上野もライト前に落ちる安打で続いて一、三塁とすると、すかさず盗塁。捕手の二塁送球と同時に本塁を突いた三走・福島がショートから本塁への送球が高く逸れる間に生還してこの回2点を挙げた。同点に追いつかれた3回は一死後、2番・宮原の一塁ゴロがイレギュラー安打となり出塁。石坂が送った後、馬場隆が右中間へ運ぶ二塁打で勝ち越した。逆転された5回には古川が左前打、日野の送りバントが内野安打となり、宮原が犠打を決めて一死二、三塁と博多工6-4久留米2し、石坂の右犠飛で同点に追いついた。

 久留米も3回、8番・野村が四球で出ると熊本はスリーバント失敗で送れなかったが、盗塁を決めて一死二塁と
し、赤司が左前打でまず1点。続く酒井もバットの先だったが右前に運び同点に追いついた。再び勝ち越された4回は一死から7番・手柴が中前打で出塁すると野村の犠打で二進、熊本の三ゴロ失で二死一、三塁から堀の打球は遊ゴロとなったが、一塁送球がワンバウンドとなりファーストが落球、再び同点に追いついた。
 さらに続く5回はこの回から登板した大川を攻め、一死から安徳が左翼線二塁打、中山打撃妨害で一、二塁から、二走の安徳が盗塁。この時一走の離塁が大きく、これを刺そうとした捕手からの送球が逸れる間に安徳が生還して勝ち越した。しかし6回以降は立ち直った大川に2安打に抑えられ、三塁を踏めなかった。

————————————————————-
 両校とも3つずつの失策が出て、博多工は4投手の継投。よくも悪くも、新チームらしさが随所に出た試合となった。
 博多工は背番号18の右腕・尼崎が先発。力感は感じないが左打者の膝元に落ちてくる抜いた変化球で2回を投げて三振1つ。2番手の背番号10・平野も右投げ。球に力はありそうだが、投げる際に首が大きく揺れるのが気になる。こちらは打者5人に投げて2安打1四球2失点で早々博多工・大川と降板。3番手・柴田は左腕。まだ上体だけで投げている印象で、投げた後も上体が高いが、球もちのよさがこの投手の特徴か。味方の失策で1点を失ったが、8人に投げて1安打1四球とまずまずの内容だった。
 博多工の4人の投手の中では、4番手の右サイドハンド・大川の安定度が一番だったと感じた。スピードはそこまでないが、外角低めを中心に狙ったところに直球が投げられている印象を受けた。代わりばなの5回こそ、バント安打2本を含む3安打をゆるしたが、6回以降は4つの三振を奪うなど無失点。結果的に見事な火消し役となった。カーブの制球がもう少しつけば、さらに安定感が増しそう。

久留米・熊本 久留米は背番号10の右上手・熊本が先発。肘の使い方の柔らかさが目を引いた。大きく曲がる変化球があるが、狙ったところに決まったのは3割程度か。まだ完全に自分のものにできていない感じ。四死球は1つだけだったが、直球が高めに抜けることが多くボール先行の投球となった。ボールが先行するとフォームが目に見えて小さくなり、置きに行く変化球が多くなる。全体的に制球が不安定だったが、時折、右打者の外角低めに決まる直球や大きな変化を見せる変化球など目を見張る球があり、今後が楽しみな投手だ。

 博多工は7つの送りバント(うち一つは内野安打に)を確実に決めた。試合前、バントの構えから右打者は右手だけで球を転がす練習をしており、こうしたバントへの意識の高さが実る結果となった。しかも本塁を踏んだ6人の走者のうち、4人までがバントにより二塁に送られた走者。対して久留米も2つの送りバントにセーフティバントを2つ決めるなど、小技を絡めた攻撃を見せたが、スリーバント失敗やスクイズが本塁封殺→一塁転送で併殺になるプレーもあり、やや精度を欠いた。ただ久留米は3盗塁、博多工も2盗塁を決めるなど、機動力を使おうという意欲は両校とも随所に見られた。投手陣が整備され、失点がある程度計算できるようになれば、こうした機動力を駆使した攻撃も生きてきそうだ。