2014九州大会_秋 第135回九州地区高校野球大会の開幕まで1週間を切りました。来春のセンバツ出場に向けて本大会での活躍が期待される福岡県勢の対戦相手を分析したいと思います。まず九産大九州が初戦で対戦する鳥栖工(佐賀2位)について見てみましょう。

【鳥栖工】
44季ぶり5回目の九州大会出場。甲子園出場経験なし。今夏選手権佐賀大会は2回戦敗退。

秋季佐賀大会成績 対戦相手と結果 投手 安打 本塁打 二塁打
決 勝(10/5) 7-8佐賀学園(11回) 新垣→鈴木 14 坂口 松雪
準決勝(10/4) 8-2佐賀西 楢嵜 12 磯野、山下
準々決(10/1) 4-1佐賀商 楢嵜 7 松尾、海老原
3回戦(9/27) 1-0伊万里 楢嵜 7
2回戦(9/23) 4-3厳 木 楢嵜 8 楢嵜2

 エース・楢嵜投手は右本格派。夏までは故障がちだったようですが、夏の大会以降は復調。3回戦の伊万里戦では7安打を許しながら完封。準々決勝の佐賀商戦は4安打、九州大会出場を決めた準決勝の佐賀西戦でも3安打に抑えるなど、尻上がりに調子を上げている感じです。伊万里戦で10三振を奪ったように4試合で奪三振25(1試合平均6.25)と三振を取る力もあるうえ、四死球も4試合で11(同2.75)と制球も安定しています。
 打線は準決勝、決勝で2桁安打を放つなど調子は上向きのようです。長打率は高くありませんが、準決勝では7~9番で5打点を挙げるなど上位から下位まで切れ目がなさそうです。

 試合は九産大九州・岩田投手との投手戦が予想されます。九産大九州としては早めに得点を挙げ、少ない点数を守りきる得意の形に持ち込みたいところです。

家庭学習の決定版!インターネット学習塾ショウイン【小学生中学生主要5科目対応】