第135回九州地区高校野球福岡大会 南部4回戦 (2014年9月20日・土/小郡市野球場)
 AEM  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  R H E
祐 誠          

沖学園                 
【祐】中村(7_2/3)→田中(1/3)(三)杉原、椛島
【沖】阿部充(6)→浦(3)   (本)橋本
祐  誠】打安点  【沖 学 園】 打安点
⑨ 今 村 510  ⑧  菅  410
⑥ 古 賀 400  ⑨ 岩 永 300
② 得 永 310  9 杉 山 100
⑤ 杉 原 421  ⑥ 井 口 410
⑦ 菰 原 300  ③ 勝 野 200
③ 椛 島 320  ⑦ 橋 本 321
H3松 延 110  ⑤ 石 本 310
⑧ 能 登 310  ① 阿部充 101
① 中 村 310  1  浦  110
1 田 中 000  ② 松 島 200
④ 窪 山 200  ④ 三ヶ島 200
4 吉 田 100  H 安部奨 100
4 荒 巻 000           
振四犠盗残  32 9 1  振四犠盗残  27 6 2
242110       33307   

【試合経過】
 祐誠・中村、沖学園・阿部充の両投手による投手戦となったが、本塁打で挙げた勝ち越し点を沖学園が継投で守り切って、祐誠に競り勝った。
 1点を追う沖学園は2回、四球で出た勝野を橋本が送って一死二塁。石本の二塁内野安打で一、三塁とすると、阿部充がライトに犠牲フライを放ってすかさず同点に追いついた。3回にも2安打で二死一、二塁と勝ち越しのチャンスを迎えたが無得点に終わり、その後は祐誠・中村を打ちあぐんだが、6回二死から橋本がレフトオーバーの本塁打を放ち、これが決勝点となった。

 先制したのは祐誠。1回先頭の今村が中前打で出ると古賀が送って一死二塁。得永の中飛で今村がタッチアップで三進した後、杉原が中前にはじき返して今村が生還した。4回には一死後、椛島が中越え三塁打でチャンスを掴んだが、続く能登の遊ゴロで本塁を突いたがタッチアウト。5回も二死からレフトオーバーの三塁打で出た杉原が、打者・菰原の時に捕手が投球をはじくのを見て果敢に本塁を突いたが、こぼした球を素早く捕手が処理して本塁タッチアウト。6回も一死から連打で一、二塁としたが後続が倒れるなど、中盤は押し気味に試合を進めたが、あと1点が取れなかった。
 7回から沖学園は浦が2番手として登板。2本の単打を許したが同点を許さず、見事な火消しを務めた。
————————————————————

 沖学園の先発は右腕の阿部充投手。やや細身ではあるが、腕を勢いよく振り下ろして投げ込む直球は球威あり。この直球にカーブを交えての投球。6回を投げて7本の安打を許すが、要所を締めた。

沖学園・阿部投手

 祐誠は右の本格派・中村投手が先発のマウンドに。下半身が安定しているため体全体がよく沈み込み、ボールに力がうまく伝わっている。スナップもよく利いているため、直球にはスピードがある。この直球をビシビシと投げ込んでくる。直球が伸びている分、時折抜いたカーブもまた実に効果的。5回まで被安打3、与四死球2と好投を見せる。芯で捕えられた打球はわずか。

祐誠・中村投手  祐誠は1回、中前打で出た今村が犠打と外野フライで三塁まで進むと、4番・杉原が中前にはじき返してあっさりと先制点を挙げる。杉原は小柄だが、5回にはあわやフェンスオーバーの三塁打を放つなどパンチ力がある。【写真下=1回表祐誠二死三塁、杉原が先制となる中前適時打を放つ】

祐誠・杉原先制打  沖学園も2回に反撃。四球の勝野を犠打で送り、石本の二塁内野安打で一死一、三塁として阿部充がライトへ犠牲フライ。すかさず同点に追いつく。この阿部の犠牲フライは沖学園が中村投手から放った数少ない快心の当たり。【写真下=2回裏沖学園一死一、三塁、阿部充の右犠飛で勝野が同点のホームイン】

DSC_2917沖学園・勝野生還  同点になってから押し気味に試合を進めたのは祐誠。4回、5回と三塁打が出て勝ち越しのチャンスを作るが、いずれも本塁で憤死。6回表も2安打で一死一、二塁と攻めるが後続が倒れ、ホームが遠い。【写真下=4回表祐誠一死三塁、能登の遊ゴロで三走・椛島が本塁を突くがタッチアウト】椛島本塁憤死  【写真下=5回表祐誠二死三塁。打者・菰原のとき捕手が投球を逸らしたのを見て三走・杉原が本塁を狙うが、タッチアウト】杉原本塁憤死 5回まで3安打に抑えられていた沖学園は6回二死から5番・橋本が中村の直球をレフトスタンドへ運んで1点を勝ち越す。橋本は4打席目も祐誠2番手・田中から右前打を放ってこの日2安打。沖学園の打者ではほかに3番・井口もよく振れていた(2打席目に中前への快打、3打席目は痛烈なサードライナー、4打席目もレフトポール際への大きなファール)。沖学園・橋本本塁打 7回表から沖学園は2番手・浦投手がマウンドへ。大きな体を丸めこむようにモーションに入ると、テークバックもあまりとらずに投げ込んでくる。それでもボールに力は伝わっており球威も十分、小さく曲がる変化球も多投する。

沖学園・浦投手  祐誠は8回表一死から椛島がファールを顔に当てて退き、代打・松延が登場。1-2と追い込まれたカウントからの打席となり、残り一つのストライクにのぞんだ。ボールを2球見送ってフルカウントから中前に運ぶとベンチ、スタンドから大きな拍手。見事な集中力だ。その松延を犠打で送って同点のチャンスを迎えたが、最後は沖学園・浦が力のある高め直球で中村を三振に打ち取り、最後のピンチを凌いだ。【写真下=8回表祐誠二死二塁、中村は三振に倒れ同点のチャンスを逃す】

祐誠・中村三振 祐誠が沖学園の先発・阿部充投手を捕え始めていただけに、勝ち越した直後、7回からの投手交代は絶妙のタイミングだった。浦投手も、ベンチの起用に応えて好投。紙一重の勝負を制した。祐誠は好投手・中村が力投を見せたが、橋本の一発に泣いた。ただ素質は十分、来年春以降の活躍に期待したい。