今日から準々決勝が始まりました。第一試合は九州国際大付と西日本短大付、優勝候補同士の一戦となりました。試合は序盤から九州国際大付が西短大付・小野投手から得点を重ね、7回には四球、敵失などに2本のタイムリーを浴びせて5点を奪いコールド勝ちとなりました。小野投手は153キロ表示を記録するなど、140キロ後半~150キロ台の速球を連発しましたが、力尽きました。

観戦レポート/第96回全国高校野球選手権大会 準々決勝 (2014年7月24日・木/北九州市民球場)

TEAM   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  R H E  
西 短          
    
九国付              
【西】小野ー高岩(本)大曲
【九】アドゥワ、安藤-清水(二)山本、河口、手塚

九国・清水生還

九国大付2回1死1塁。山本が左中間2塁打を放ち清水先制のホームイン。捕手・高岩

【西短大付】打安点  【九国大付】打安点 
⑦ 大 曲 421  ④ 中 尾 310
⑤ 上 村 310  ⑨ 河 口 410
④ 中 島 300  ⑥ 古 沢 212
⑨ 武 富 310  ② 清 水 300
② 高 岩 100  ⑧ 疋 田 311
⑧ 松 見 100  ⑤ 山 本 312
⑥ 森 上 300  ③ 小 林 200
③ 川 路 210  3 手 塚 212
① 小 野 300  ① アドゥワ000
           1 安 藤 321
           ⑦ 岩 崎 200
振四犠盗残  23 5 1    振四犠盗残 27 8 8
74217      56207

 今夏の出場校を占う注目の一戦は、九国大付が小野を攻略、コールドで西短大付を下した。

 初回を3人で終えた九国大付は2回、先頭の清水が四球。続く疋田はバントを試みたがファウルで送れず、最後は空振り三振となったが、続く山本が左中間を破る二塁打を放ち、一塁から清水が生還して先制した。3回は二死から河口が三塁線を破る二塁打で出ると、古沢も146キロの直球を左前にはじき返して2点目を挙げた。

 1点差となった5回には安藤が右前打で出塁、岩崎が送った後、中尾も右前にヒットを放って一死一、三塁。続く河口の三ゴロで三塁走者が飛び出して三本間で挟殺プレーとなったが、西短内野陣が三塁に追いすぎた結果、三塁走者を生かしてしまい一死満塁。古沢との勝負は150キロの速球を連発する力勝負となったが、最後は押し出し四球となり、3点目を加えた。

 7回は先頭の中尾が四球を選び、河口は送れずに三振に倒れたが、古沢も歩いて一死一、二塁。清水の当たりはライトほぼ正面のライナーとなったが、武富がグラブに当てて落球し一死(記録は失策)満塁。疋田への初球が死球となってまず1点。山本がライトへ犠牲フライを打ち上げてさらに1点。二死一、三塁から途中出場の手塚がセンター前への飛球を放ち、これをダイレクトで捕ろうとしたセンターがグラブをかすめて後逸、2者が還ってこの回4点を挙げた。最後は安藤が一・二塁間を破るヒットを放って手塚が生還、ここで7点差となりコールドゲームとなった。

 西短大付は1回一死から四球で出た上村が盗塁を決めて一死二塁と先制のチャンスを掴んだが、3・4番が連続三振。2回にも四球の走者を送って一死二塁としたが、後続が続かなかった。4回には敵失で出た武富を送ったあと四球、犠打、川路の右前打で二死満塁としたが、小野の右中間への大きな当たりはもうひと伸びがなく、得点を奪えなかった。

 ようやく5回、先頭の大曲がレフトスタンド上段に運ぶ本塁打を放って1点を返したが、得点はこの1点のみ。安藤の牽制に二度、一塁走者が刺されるなど、攻守にわたって細かなミスが相次ぎ、流れをつかめなかった。

続きを読む