福岡県の高校野球記録、大会情報、観戦記、球場案内など

【観戦記】宗像9-2門司大翔館(選手権大会北部3回戦)

  • HOME »
  • 観戦記事 »
  • 【観戦記】宗像9-2門司大翔館(選手権大会北部3回戦)

【試合経過】
 宗像が中盤の集中打で門司大翔館を突き放し、7回コールド勝ちをおさめた。宗像・松田適時打
 宗像は初回、先頭の広渡が初球を右前に運び、秋吉が送って一死二塁。3番・村田が右翼スタンドに飛び込む本塁打を放って2点を先制した。1点差とされた3回は、9番・中島が右中間を破る二塁打で出ると、広渡がセカンド左を破る中前打で1点を加えた。再び1点差となった5回は、一死から村田の左前打~二盗のあと、高江四球で一死一、二塁。大塚は捕邪飛に倒れたが、6番・松田の左前打で村田が還りまず1点。なお二死一、三塁から宮崎も右前にはじき返して2点目。8番・塩屋も三遊間を破って松田が生還し3点目、さらに中島の代打・轡水が中堅右へ二塁打を放ち二者が還ってさらに2点を加えた。7回には一死から宮崎の右中間二塁打と、塩屋の左前打で1点を挙げて勝負を決めた。

 門司大翔館は2回、この回先頭の6番・高橋が右中間に落ちる二塁打で出塁。続く小柳が送り一死三塁とし、後藤は中直に倒れたが9番・山口の時にワイルドピッチで高橋が生還、1点を返した。4回には一死から5番・木村が左前打で出ると、続く高橋の右中間を破る二塁打で一気に本塁を陥れて再び1点差とした。しかし5回以降は、田島~古賀の継投に1安打に抑えられ、追撃できなかった。

▼北部3回戦(11日・北九州)
宗   像 201 050 1   =9
門司大翔館 010 100 0   =2(7回コールド)

————————————————————-
宗像・中島 宗像の積極的な打撃が光った。初回は広渡が初球を右前にはじき返し、2番・秋吉も送りバントを1球で決めると、続く村田も初球をライトスタンドへ運び、わずか3球で2点を奪う鮮やかな先制パンチとなった。広渡は3回にも中島を二塁において初球を痛打するなど積極的な打撃を見せた。5回には6~9番の4連打で5得点。門司大翔館の先発門司大翔館・三好・三好投手の球威がややなかったとはいえ、いずれもコンパクトに振り抜いて鋭い当たりを見せた。4回まで3-2とどちらに転んでも分からない展開だっただけに、試合を決定づけたこの回の5点は大きかった。

 門司大翔館打線も、宗像の先発・中島投手から4回まで5安打2得点。4回までの安打数では宗像の4本を上回っていた。初回は2安打を放ち、アウトになったものの5番・木村の中直もいい当たり。序盤は互角に打ち合った。中島投手は素直な直球を投げるという印象。四死球ゼロと制球力もあっただけに、打者としては比較的対処しやすかったようだ。門司大翔館の三好投手は右サイドハンドで、躍動感ある始動ではあるが、やや手投げになっていた分、こちらも球威に欠けた印象だった。

 

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE
PAGETOP
Copyright © 福岡の高校野球 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.