福岡県の高校野球記録、大会情報、観戦記、球場案内など

2014年5月10日 久留米商-古賀竟成館①

【観戦レポート】 (2014年5月10日・土/筑豊緑地野球場)
久留米商・東

久留米商先発の東投手(3年)

◇NHK旗福岡県選抜高校野球大会 1回戦
                  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
久 留 米 商 0 0 1 1 0 1 0 0 4 7
古賀竟成館  0 2 0 0 2 0 0 0 1 5
【久】東、前原、伊藤-小出、加納、中川  (本)中島
【古】植村、中川-早田  (二)秋永、富山

 古賀竟成館は2回、中川の左前打を足掛かりに四球、犠打で作った一死二、三塁から、遠藤の三ゴロの間に三塁走者が還り先制。さらに遊ゴロが失策を誘いこの回2点。5回には秋永の二塁打のあと、犠打が一塁手の三塁への悪送球を呼び1点。続く富山が右中間を破る二塁打を放ち、この回2点を追加し、久留米商の先発・東をKOした。

 久留米商は3回、二つの四死球と捕逸で迎えた一死二、三塁から左犠飛で1点。4回には四球の走者を二塁に置き、東の左前打で一度は同点に追いついた。突き放された後の6回には、この回途中からマウンドに上がった中川を攻め、四球の走者3人を置いた二死満塁からショートへの内野安打で1点差に迫った。9回は一死満塁から犠飛で同点とすると、中島がレフトオーバーの本塁打を放ち勝負を決めた。

 古賀竟成館は6回から登板した久留米商・伊藤から6回は二死満塁、7・8回は二死一、二塁と毎回好機を作りながらあと1本が出なかった。9回も一死満塁から一ゴロで1点を返し、なお二、三塁と一打同点まで迫ったが、最後は伊藤に抑えられた。
2回、5回に得点した後も満塁まで好機を広げたが、これを生かせなかったことも最後まで響いた。

▶続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE
PAGETOP
Copyright © 福岡の高校野球 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.