福岡県の高校野球記録、大会情報、観戦記、球場案内など

2014年5月25日 久留米商4ー3日本文理①

【観戦レポート】 (2014年5月25日・日/久留米市野球場)
久商・吉武生還

3回裏、久留米商一死満塁。中島の右犠飛で吉武が2点目の生還。捕手・豊田

◇平成26年度招待試合~久留米市野球場②
      1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E

日本文理  0 0 0 0 0 3 0 0 0 3 7 1
久留米商  0 0 2 0 2 0 0 0 x 4 8 2

【日】小太刀,藤田-豊田,八幡,鎌倉(二)鎌倉
【久】江中,伊藤-猪口,中村 

 相手のミスや四死球で得たチャンスを確実に得点に結びつけた久留米商が、2番手・伊藤の好投で日本文理の反撃を封じて逃げ切った。

 久留米商は背番号1の江中、日本文理は普段は一塁を守っている左腕の小太刀が先発。

 先制したのは久留米商。3回に先頭の8番・槇山が粘った挙句に中前打を放ち出塁。江中の投前バントは二塁封殺されたが、吉武四球、正野が左前打と続き一死満塁。ここで3番・龍の三塁後方へのフライをショートがグラブに当てながら落球(記録は失策)で1点。続く中島の右犠飛でさらに1点を追加した。
5回は四死球で無死一、二塁となったところで小太刀が降板。代わった左腕の藤田から中島のショート前へプッシュ気味にバント、これが内野安打となり無死満塁。渡辺は浅い右飛に倒れたが、北島が押し出しの四球を選び1点。続く中島もセカンド左を抜けるヒットでこの回、2点を奪った。

 5回まで4安打、6つの四球を選びながら得点がなかった日本文理は6回にレギュラークラスの代打攻勢で反撃。代打・川口の三塁への当たりは、サードよく捕球したが一塁への送球が逸れ(記録は失策)出塁。続く代打・池田が右中間に運んで無死二、三塁。さらに代打で登場した鎌倉が左中間を破る二塁打で2点を返した。続く荒木の左中間への大きな当たりをレフトが落球し、無死一、三塁。新井の選ゴロが6-4-3の併殺となる間に鎌倉が生還して、1点差とした。

 久留米商は6回以降も、毎回スコアリングポジションに走者を送るものの、決定打が出ずに突き放せなかったが、7回から登板した2番手・伊藤が3イニングを1安打に抑える好投で逃げ切った。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE
PAGETOP
Copyright © 福岡の高校野球 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.