【観戦記】久留米商6-1八女学院(選手権福岡大会2回戦)




◇久留米商6-1八女学院(選手権福岡大会2回戦)

久留米商が3投手の好投と堅守で八女学院を1点に封じて快勝した。

▼2回戦(4日・久留米)〔試合記録
久留米商 003 000 300=6
八女学院 000 000 100
=1
【久】持地→今門→栁
【八】丸山→本田→石飛→大城

久留米商は3回二死後、2番中野が左前打で出塁し、小柳の右中間三塁打で先制すると、続く川添も三塁線を破る二塁打を放って小柳も生還。さらに代わった本田から今門四球、田中死球で満塁とし、7番持地の左前適時打でこの回3点をあげた。

3回表久留米商二死三塁 川添が三塁線を破る二塁打を放つ

7回は9番渡辺が死球で出ると(代走中島)、栁三振のあと中野の時にヒットエンドランがきまり(右前打)一死一、三塁。続く小柳の遊内野安打で中島が生還した。なおも川添三振、今門死球で二死満塁から田中が右前に落として2人が還り、6-0とリードを広げた。

6点を追う八女学院は7回、この回から登板した久留米商2番手の今門を攻め6番内倉が右前打(代走山田)、下川も右前打で続き無死一、二塁。石飛、代打平井聖はいずれも三振に倒れたが、1番大渕の一塁後方の飛球をセカンドが落球、山田が生還して1点を返したが、反撃が遅かった。

2回の一死三塁、5回の一死一、二塁など好機で一本が出ず、7安打を放ちながら敵失で得た1点のみに終わった。

———————————

八女学院先発の丸山

城北(熊本)で指揮をとった末次監督を迎え、近年力をつけている八女学院。今春は2勝し4回戦で優勝した春日に0-2で惜敗。筑後地区大会では2回戦で久留米商に0-6で敗れており、その雪辱を期しての再戦となった。

先発のマウンドに上がったのは1年生の丸山。120キロ台なかば(この日最速128キロ)の直球にスライダーを低めに集めて2回までテンポよく無失点でしのいだが、二巡目に入った3回に三連打を浴びて2点を失ったところで降板。制球もよく変化球も多彩でこれから楽しみな投手だが、ここまではまだ通用しなかった。

八女学院・本田

丸山のあとを託されたのも1年生の本田。四球・死球のあと持地に左前打を浴びて1点を失ったが、左腕からのスライダーを軸に120キロ台なかば(同129キロ)の直球をみせながら、4回5回は無失点で切り抜けた。

久留米商の先発は2年生の長身右腕・持地。サイドハンドから投じる直球は130キロを超え(同135キロ)威力がある。これにスライダーを内外角の低めに集めて打たせてとるのが持ち味だ。ストライクが先行して安定感があったが2回を除いて毎回のように安打を許し、走者を背負う投球が続いた。それでも勝負処では直球、スライダーをコーナーいっぱいに決めて得点を許さなかった。

久留米商・持地

試合は膠着状態のまま後半に入り、八女学院は6回表からエース石飛を投入。石飛は130キロ超(同136キロ)のキレのある直球にスライダーをまじえて三人で片付ける。最後は假屋を内角直球で見逃し三振に仕留め、流れを八女学院に引き寄せる投球をみせた。

するとその裏、先頭の平井が右前に痛打。反撃開始かと思われたが、やや前に守っていたライト栁がワンバウンドでおさえると一塁へ矢のような球を送り、ライトゴロにうちとる。続く沖の一打はショート左へのゴロ、あたりも強くバウンドも難しかったが、假屋が逆シングルでさばくとノーステップで一塁へストライク送球。八女学院の反撃の芽を摘む大きなプレーが2つ出た。

八女学院・石飛

7回表、久留米商は先頭の渡辺が死球で出ると代走に中島を起用、試合を動かしにくる。一死後、中野の時にヒットエンドランを仕掛けこれが成功。ライト前への強い当たりだったが、中島は迷わず二塁ベースを蹴って三塁を陥れる。さらに小柳のショート前へのボテボテの当たりで中島は悠々と生還。代走起用が見事にはまって4点目を手にすると、満塁から田中がライト右に落として2点を追加。試合を決定づけた。

7回裏からはエース今門が登板。130キロ台なかば(同141キロ)の直球を武器に、2イニングスを味方のエラーによる1点に抑えた。9回はライトから栁が登板し、130キロ超(同134キロ)の直球にスライダーを交えて3人で片付けた。

久留米商・今門

久留米商は12安打を放ったが、むしろ、持地を中心とした堅守で八女学院に反撃のスキを与えずに守り勝ったという印象だ。6回の2つの好守のほかにも初回はセカンド左を抜けそうな打球を小柳が追いつき、8回はショート右を襲う痛烈な一打を假屋が飛びついておさえ、素早く立ち上がって一塁送球。特に内野はよく鍛えられており、球際の強さが光った。

八女学院は本田・石飛の好投で一旦は土俵中央まで寄り返したが、ヒット性の当たりを次々とアウトにする久留米商の守備力の前に、それ以上押し込めなかった。ただ先発の丸山、2番手の本田は1年生。エース石飛より前にマウンドに上がったのもうなずける投球は投手王国の到来を予感させ、秋以降の戦いぶりが注目される。

Pocket
LINEで送る

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*