古賀は西武3位・三浦はDeNA4位、育成枠で藤野,井崎,柳川ら指名




福岡大大濠時代の古賀捕手

11日(月)に行われた2021年プロ野球ドラフト会議で、福岡の高校出身選手では古賀悠斗捕手(福岡大大濠→中央大)が西武3位、三浦銀二投手(福岡大大濠→法政大)がDeNA4位と、福岡大大濠でバッテリーを組んでセンバツ8強入りに貢献した2人が指名されました。
このほか育成枠では、藤野恵音内野手(戸畑)がソフトバンク1位、井崎燦志郎投手(福岡)が同3位、柳川大晟投手(九州国際大付)が日本ハム3位、仲田慶介外野手(福岡大大濠→福岡大)がソフトバンク14位で、それぞれ指名を受けています。

昨年、山下投手をプロに送り込んだ福岡大大濠からは、今回も3人の指名選手が出ました。同校からは2019年に坂本裕哉投手(立命館大→DeNA2位)、2016年に濱地真澄投手(阪神4位)もプロ入りしており、今回3人が入団すれば、この5年間で6人のプロ野球選手を輩出することになります。

戸畑からの指名は2000年の横松寿一投手(広島1位)以来、九州国際大付からの指名は昨年の古長拓選手(オリックス育成6位)以来(高卒選手としては2015年の山本武白志選手〔=DeNA育成〕2位以来)となりました。また、福岡高の選手が指名されるのはドラフト会議が始まった1965年以降初めて。井崎投手が入団すれば、1962年に広島に入団し通算83勝を挙げた池田英俊投手以来となる2人目の福岡高出身のプロ野球選手誕生となります。

 選手名  出身校 守備(投/打) 指名
 古賀 悠斗  福岡大大濠→中央大 投手(右/右) 西武3位
 三浦 銀二  福岡大大濠→法政大 投手(右/右) DeNA4位
 藤野 恵音  戸畑 内野手(右/右) ソフトバンク育成1位
 井﨑燦志郎  福岡 投手(右/右) ソフトバンク育成3位
 柳川 大晟  九州国際大付 投手(右/右) 日本ハム育成3位
 仲田 慶介  福岡大大濠→福岡大 外野手(右/両) ソフトバンク育成14位
Pocket
LINEで送る

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*