【観戦記】九州国際大付5-1九産大九州(選手権大会4回戦)




【観戦記】九州国際大付5-1九産大九州(選手権大会4回戦)

▼4回戦(17日・北九州市民)
九国大付  011 000 003=5
九産大九州 000 010 000=1
【国】山本→内山【州】古川

3回表九国大付一死満塁、木村の左犠飛で2点目

九州国際大付が九産大九州の好投手・古川から序盤にあげた2得点を、エース山本の好投で守り抜き、競り勝った。

初回は三者凡退に終わった九州国際大付は2回、4番黒田が右前打で出ると木村が送って一死二塁とし、山本が右前に落として先制。3回は一死から2番中上が四球を選ぶと、野田の中前打、黒田の四球で一死満塁。5番木村の左犠飛で1点を追加した。
4回以降は古川の前に2安打に抑えられてきたが9回、右前打の7番徳永を浜野が送り、9番坂木が右翼線ギリギリに落ちる三塁打を放って貴重な追加点を挙げた。なおも一死三塁から、代打山下の左前打で坂木も生還。中上が送った後、3番野田のレフト右への二塁打でダメ押しの1点を加えて、勝負を決めた。

九産大九州は5回、6番久保が四球を選び、矢野はバント空振り三振に倒れたが、米田が送って二死二塁。9番古川の当たりは一・二塁間の高いバウンドとなり、捕球したファーストからベースカバーに入った山本への送球が乱れ、二塁から久保が生還して1点差に迫った。
その後も6回二死二塁、8回二死一、二塁と得点圏に走者を進めたが、山本に要所を抑えられ、9回古川が力尽きた。

———————————

注目された九産大九州・古川と九州国際大付打線の対決は、九州国際大付に軍配があがった。

九国大付・山本

古川はこの日、130キロ前後の直球(この日最速133キロ)に100キロ台のカーブを軸とした投球。不安のあった初回を三人で片づける上々の立ち上がりだったが2回、黒田にカーブを一二塁間に運ばれると犠打のあと、山本を詰まらせながらも右前に落とされて、この回わずか4球で先制を許す。3回はヒットと2つの四球で満塁とされ、左犠飛でさらに1点。四球の少ない古川が3回までに4つの四球を出すなど、苦しい投球となった。

一方、九州国際大付の先発山本は、初回から3つの三振を奪うなど相手を圧倒するピッチング。140キロを超える直球(この日最速145キロ)に、130キロ台のカットボール、120キロ台のスライダーを低めに集められては、そうそう打てるものではない。
春に見た時は直球は130キロ後半から140キロを超えるくらいだったが、この日は常時140キロ台前半。120キロ台だったカットボールが130キロ台と直球と変わらないスピードから鋭く落ちるなど、全体的にパワーアップしていた。

九産大九州・古川

九産大九州の打者は直球に的を絞り初回、3回、4回と二死から安打を放つが、山本も連打は許さない。
このまま九州国際大付のペースで進むかと思われたが、古川も4回以降、踏ん張った。100キロを切る緩いカーブを多用し、さらに緩急をつけた投球を見せる。
外野に鋭い打球を飛ばす九国打線に対し、外野もよく守った。1点を失った後の3回二死一、二塁から、右前打で本塁を狙った野田をライト石田が好返球で刺すと、5回は中上の左中間の当たりをレフト米田が、さらに木村のセンター右への大きな当たりをセンター阿部が、快足を飛ばして好捕。古川を盛り立てる。
すると直後の5回裏に相手のミスで1点差とし、6回表は古川が2つの三振を奪うなど、徐々に流れは九産大九州に。6回裏は先頭の阿部が出塁し一つの山場を迎えたが、4番小島はヒットエンドランに出たがファールとなり、結局左飛。石田が送って二死二塁としたが、久保が三振。どうしても得点が奪えない。

最大の山場は8回。九産大九州は一死から阿部が141キロの直球をセンター間に運ぶ。直球狙いの相手に対し、山本も変化球を多投して打ち取ろうとするが、石田がスライダーを三遊間に運んで二死ながら一、二塁。長打が出れば逆転の場面をつくった。だが久保の三塁線への当たりを黒田が確実にさばき、最後の反撃も実らなかった。
9回表に古川が決定的な3点を奪われると、その回は2番手の内山に三者凡退に打ち取られて、激戦を終えた。

九国大付・内山

九州国際大付打線は10安打。どの打者も腰を据えて強く振ってくるので、どこからでも長打が飛び出す。ヒットにはならなかったが、九産大九州の好守に阻まれた安打性の当たりも多く、打力も県トップクラスという印象。9回に代打で登場しいきなり強烈なタイムリーを放った山下がいるように、選手層も厚そうだ。

超高校級の投球を見せる山本と、その後ろに控える柳川、内山らの層の厚い投手陣。さらに上位から下位まで隙のない強力打線。2016年以来となる優勝を目指す九州国際大付が、優勝候補の筆頭であることを改めて示した一戦だった。

 

Pocket
LINEで送る

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*