今夏の注目選手たち④(打者編・南部)




 「今夏の注目選手」シリーズの最終回は、南部の打者編です。北部同様、複数の試合を観戦した選手の中からピックアップしました。観戦した試合の関係もあり、特定の高校(筑陽学園、西日本短大附、福岡大大濠)に偏ってしまったきらいはありますが、打力ではこの3校が抜けている印象です。

【右打者】
◆江原 佑哉(筑陽学園=3年/内野手)
 1年秋からトップバッターとして定着し、2017年秋の九州大会出場に貢献しました。昨夏も4試合で17打数7安打5打点と活躍。昨秋は4番に座り、観戦した3試合で10打数6安打5打点。対戦したのが筑紫台・丸林、真颯館・武内、興南(沖縄)・宮城といずれも好投手だっただけに、価値ある数字と言えます。初球からでもどんどん振ってくる積極的な打撃が持ち味で、今春のセンバツ2回戦の山梨学院戦で先制二塁打を放つなど、勝負強さもあります。左右いずれにも大きな当たりが打て、変化球をうまく合わせる技術も持つ好打者です。

◆星子 海勢(福岡大大濠=3年/捕手)
 中学時代にはUー15日本代表に選ばれるなど早くから大舞台を踏んでおり、福岡大大濠でも1年秋から中軸を担う捕手としてチームを引っ張ります。身長170センチと体は決して大きくありませんがパンチ力があり、中堅から左翼方向に強く、大きな当たりを放ちます。昨夏準々決勝の大牟田戦では久留米市野球場のバックスクリーン右に打ち込み、今春の九州大会では3試合連続本塁打を記録するなど大暴れ。捕手としても複数の投手を巧みにリードする攻守の柱です。

◆近藤 大樹(西日本短大附=3年/内野手)
 Uー15日本代表では星子選手と共に活躍。1年夏からショートでスタメン出場するなど早くから俊足巧打の内野手として期待されてきました。昨夏は3番も経験しましたが、秋以降は1番打者に定着。今春の準々決勝では九州国際大付・下村投手から逆転の狼煙となる二塁打を放ち、準決勝・博多工戦では0-0の8回裏に貴重な決勝打。九州大会決勝では興南の好投手・宮城から4打点を挙げるなど、ここぞという試合・場面での勝負強さが際立ちました。昨年までは相手投手によって左打席にも立っていましたが、今年に入ってからは右打席に専念しているようです。軽快な守備や走塁なども含めセンスが光る選手です。

◆野田 優人(筑陽学園=3年/外野手)
 筑陽学園には好打者が揃いますが、敢えてもう一人挙げるとすればこの選手でしょうか。江原選手と共に1年秋からスタメンに名を連ね、シュアな打撃で九州大会出場に貢献。昨秋からは5番に座り、観戦した3試合で10打数4安打2打点。今春の甲子園でも初戦の福知山成美(京都)戦で決勝打を放つなど活躍しました。派手さはありませんが長打力もあり、どんなタイプの投手にも柔軟に対応できる技術を感じます。

◆溝田 翔(福岡大大濠=3年/内野手)
 深浦、星子の後を受けて5番打者として中軸の一角を担います。昨夏準々決勝の大牟田戦ではバックスクリーン左に飛び込む大きな一発を放つなど、やはり長打力のある打者で、福岡大大濠の強力な中軸を形成しています。春の九州大会では準決勝(大分戦)で本塁打を放つなど11打数6安打3打点と活躍。どちらかと言えば中堅から左翼方面へ引っ張る打球が多く、その思い切りのよさが持ち味です。

◆原田 一輝(福翔=3年/捕手)
 4番打者ですが、打撃よりもその強肩に目が留まりました。捕手としては小柄な方ですが、昨秋3回戦(福岡大大濠戦)、春の福岡地区大会(筑前戦)と二度見せた盗塁阻止の場面では、いずれも捕球してから素早く低いストライク送球を見せ、余裕をもって走者を刺しました。

ーーー

【左打者】
◆神宮 隆太(西日本短大附=3年/補手)
 前チームから不動の4番
。180センチ85キロの長距離打者で、右翼方面へライナー性で放つ痛烈な打球が目を引きます。昨秋準々決勝では九州国際大付・下村投手から右翼席へ特大の一発。今春準々決勝では同じく下村投手から決勝の逆転打を放つなど、140キロ超の直球にも振り負けることなくはじき返し、「さすが4番」と言える結果を残しました。9年ぶりの優勝を目指す西日本短大附にとっては、彼の打棒が欠かせません。

◆深浦 幹也(福岡大大濠=2年/投手)
 投手としてもエース格ですが、打っても中軸を任され、非凡なバッティングを見せます。観戦した試合だけでも昨秋3回戦の福翔戦、今春準々決勝の飯塚戦で右翼への一発を放ち、春の九州大会準決勝(大分戦)でも本塁打を記録しています。特に福翔戦の本塁打は、ライナーで桧原運動公園野球場の右翼芝生席に突き刺さる強烈な当たりでした。投手だけでなく、打者としても今後注目していきたい選手で、「二刀流」としての活躍も大いに期待できます。

◆上簗 健(博多=3年/内野手)
 いかにも力のありそうな大きな体を生かしてパワフルな打撃を見せる選手で、右方向に引っ張った時の打球の速さが目を引きます。粗さが目につく打席もありますが、それを差し引いても芯で捕らえた時の迫力が上回ります。春の福岡地区大会では6番を打っていましたが、春の大会のように4番に座って存在感を出してほしい選手です。

 


Pocket
LINEで送る

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*