九州国際大付と北筑が決勝進出




 準決勝の2試合が終わりました。九州国際大付と北筑が勝ち、明日の決勝進出を決めています。今日はテレビ観戦でしたが、簡単に今日の試合を振り返っておこうと思います。

 まず第一試合の九州国際大付ー自由ヶ丘。自由ヶ丘は先発に右サイドハンドの安武投手をもってきました。安武投手は、3回戦の京都戦(9-2)で完投しており、今大会2試合目の先発です。序盤、低めに球を集める安武投手の前に九州国際大付は4回まで無安打でしたが、4回に飛び出した初ヒットが7番・岩崎のレフトスタンドへの本塁打。自由ヶ丘はここでエース・久保投手を送り込みましたが、一度点火した九州国際大付打線は止まりません。古沢、清水の中軸にもタイムリーが出て3点を追加。これで試合が決まった感じでした。九州国際大付の先発は準々決勝に続きアドゥワ投手でしたが、3回からは左腕の安藤が登板。1点は失いましたが、流れを渡すことなくリードを守り切りました。
 この試合、九州国際大付の感想をまとめると、

・岩崎の本塁打に象徴されるようにどこからでも長打が出る(いつも書いていますが…)
・一度打ち出すと止まらなくなる(ビックイニングを作れる→相手の戦意を削ぐ)
・打線は軟投派の投手をやや苦手にしているのかも…
・打線ばかりが注目されるが投手陣もこれまで1試合で2点以上取られていない

 岩崎に本塁打を打たれたところで久保投手に交代となりましたが、もう少し安武投手の投球と、それに対する九州国際大付打線の対応を見たかった気がしました。

 そして第二試合は北筑ー東筑、ノーシード校対決となりました。北筑はこの試合でも初回に2点、3回に1点を加えて序盤を3点リードで終える「必勝パターン」を築きました。稲毛、宮原の3・4番の積極的な打撃・走塁でリズムに乗ると、中盤の東筑の攻撃も粘り強くしのぎ、後半に追加点を加えてリードを広げました。北筑の先発は桜井投手。主戦・平川投手への継投も予定していたのでしょうが、最後まで崩れずに完投しました。東筑も八木の本塁打など9安打を放ったものの、得意の機動力を発揮できず、どこかちぐはぐな印象を受けました。各打者も少し力んで、本来の打撃ができていない印象でした。
 この試合を見ての北筑に対する印象としては、

・失敗を恐れない、伸び伸びとした攻撃的なプレー
・機動力をからませて揺さぶり、相手のミスを逃さず(あるいは誘発し)、泥臭く点を奪う

 決勝は九州国際大付と北筑、いずれも攻撃力のあるチームの激突ですが、いろんな見どころがあり興味深い試合になりそうです。試合の見どころなどをまとめた「明日の展望」は、改めてアップしたいと思います。



Pocket
LINEで送る

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*