県大会展望①北部Aパート~九国大付と飯塚の争い




 福岡大会開幕まであと2週間。今日から各パートごとに細かく展望を見ていきたいと思います。
なお、トーナメント表の赤字はシード校。緑色は「秋季・春季大会でベスト16以上」もしくは「今春各地区大会ベスト4以上」の実績があるチームを表しています。まずは、北部Aパートから。

———-

 シード校は九州国際大付。昨年の秋季大会で福岡大会を制して九州大会に出場。今年の北部勢で唯一、九州大会を経験している。投手陣は滝、安藤、富山など計算できる投手を複数揃え、連戦にも対応できそう。打線も秋季大会で清水が3本、古澤が2本の本塁打を放つなど強力。春季大会3回戦で直方・近藤に完封を許すなど春先は打線が湿りがちだったが、徐々に調子を上げており、北九州地区大会では準優勝して改めて力を見せつけた。東北時代を含めて10度の甲子園出場を誇る若生正広監督の有終の美を飾ろうというチームの意気込みがプレッシャーにならなければ、県大会出場の最右翼だ。

 山場は3回戦で対戦が予想される一昨年の代表校・飯塚戦だろう。両校は秋季大会の地区決勝で顔を合わせており、九国大付打線が6回以降に爆発して12-4と圧倒。飯塚は、春以降の成績も今一つだが例年、夏に向けてきっちり仕上げてくる。一発勝負の夏だけに、予断を許さない試合となりそうだ。

 もう一つのパートは混戦。どこが勝ち上がってもおかしくないが、嘉穂東がやや優位に立つか。嘉穂東ー鞍手は秋季大会3回戦の再戦。この時は嘉穂東が9-8で競り勝った。嘉穂東は福岡中央地区大会で、九国大付を破った直方に4-5と互角の戦いを見せている。鞍手は福岡中央地区大会で打線が振るわなかったが、大会までに立て直せるか。
 戸畑工は秋季大会16強の星琳に、春季大会で競り勝っているのが目を引く。投手陣の踏ん張りがカギになるだろう。若松はすべての大会で初戦を突破。守りからリズムを作り、競り合いに持ち込みたい。

北部A2

 ▶福岡大会トーナメント表へ

校名 秋季大会 春季大会 地区大会
九国大付 2回戦   9-0須恵
3回戦  10-0東筑紫学園
4回戦   9-0光陵
地区決勝 12-4飯塚
準々決勝  7-0八幡
準決勝   4-1小倉
決勝    5-0西短大付
2回戦 11-0須恵
3回戦  0-6直方
1回戦  4-0北九州高専
2回戦  9-2若松
3回戦  8-1星琳
準決勝  6-0八幡
決勝  3-10自由ヶ丘
西田川 2回戦   4-8星琳 2回戦  4-5八幡南 2回戦 11-3遠賀
3回戦 5-12苅田工
飯塚 2回戦   2-1苅田工
3回戦   3-1育徳館
4回戦   7-0北九州市立
地区決勝 4-12九国大付
2回戦  1-5北九州 2回戦  7-4京都
3回戦 11-1嘉穂
4回戦  3-4田川
田川科技 2回戦   0-7嘉穂東 3回戦 0-27北筑 2回戦 0-10田川
若松 2回戦   7-3小倉南
3回戦  10-8北九州高専
4回戦   0-6八幡
2回戦  5-2東鷹
3回戦  1-8豊国学園
1回戦  2-1常磐
2回戦  2-9九国大付
戸畑工 2回戦  2-11古賀竟成館 2回戦  4-3星琳
3回戦  0-7戸畑
1回戦 10-1門司大翔館
2回戦  1-9北九州市立
嘉穂東 2回戦   7-0田川科技
3回戦   9-8鞍手
4回戦   1-3折尾愛真
2回戦  0-12八幡 2回戦  6-3育徳館
3回戦  4-5直方
鞍手 2回戦   8-3新宮
3回戦   8-9嘉穂東
2回戦  10-0小倉南
3回戦   2-4古賀竟成館
2回戦  0-3青豊


Pocket
LINEで送る

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*