福岡県の高校野球記録、大会情報、観戦記、球場案内など

2014年7月12日 筑陽学園9-1福岡舞鶴②

観戦レポート/ 第96回全国高校野球選手権大会 3回戦 (2014年7月12日・土/大牟田延命球場)
福岡舞鶴・佐藤2

福岡舞鶴・佐藤投手

チーム名   二 三 四 五 六 七 八 九 十  計  H E
筑 陽        13 
舞 鶴       
 3

【筑】斎藤銀-光岡(三)光岡(二)斎藤銀、立岩2
【舞】佐藤-福田

 福岡舞鶴の左腕・佐藤は一度打者に背を向けるような形で投球を始動し、スリークォーター気味に直球とカーブを投げ込んでくる。中でも「左腕」の「スリークォーター」から繰り出されるカーブは、左打者にしてみれば背中から入ってくるような感じを受けるかもしれない。実際、筑陽学園の左打者3人のうち1番・深水、3番・斎藤雄はノーヒットに抑えた。だが筑陽学園は各打者とも序盤から狙い球を絞り、カーブは逆らわずに右方向に、さほど球威のない直球は引っ張って得点を重ねた。
 4回以降の佐藤は狙い球を絞らせずによく投げ、バックもよく守った。特にショートの遠藤は右に左にゴロを軽快にさばき、再三にわたって好守を見せた。

 佐藤が粘り強く投げている間に援護したかった舞鶴打線だが、3回に併殺崩れの間に1点を返したものの、どうしても筑陽学園の斎藤を打てない。球威に押されての凡飛が目立った。6回には水野のセンター前に落ちるヒット、7回には一死からの連続四死球で得点圏に走者を進めるが、最後まで斎藤を攻略できなかった。最終回、4番の有田が上から叩くバッティングで初めてクリーンヒットを放ったが、この打撃をもう少し早い回から行いたかった。

福岡舞鶴・佐藤生還

福岡舞鶴3回1死1,3塁、丸龍の内野ゴロで佐藤生還

 筑陽学園はこの試合、無死もしくは一死で走者が出ると打順が中軸でも必ず送ってきた。この手堅さに加えて打線も上位から下位までムラがなく、守りも堅い。この試合も先発した背番号7の斎藤銀は球威があり、与えた四死球も4つと制球も安定している。故障から復帰したエース・笹渕の調子が戻ってくれば、強力な投手陣となる。

 福岡舞鶴の佐藤はまだ2年生。球威をもう少しつけると、さらにカーブが有効になってきそうだ。秋以降の活躍に期待したい。

 

 

前に戻る


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE
PAGETOP
Copyright © 福岡の高校野球 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.