福岡県の高校野球記録、大会情報、観戦記、球場案内など

福岡県代表の甲子園成績①

  • HOME »
  • 記録 »
  • 福岡県代表の甲子園成績①

福岡県代表の甲子園成績 1915年(大正4年)~1962年(昭和37年)

1962年(昭和37年) 第44回選手権大会/久留米商(37年ぶり2回目)                  優勝=作新学院(栃木)初
◇1回戦(第2日・第3試合)
       一二三四五六七八九 計HE
久留米商  0 0 0 0 0 3 0 1 1  5 7 1

静岡市立  0 0 0 0 0 0 0 0 0  0 6 1
【久】伊藤 【静】梅原→仁藤 <本>大塚
◇2回戦
         一二三四五六七八九 計 HE
久留米商  0 0 0 0 0 2 0 0 0  2 10 5
高岡商   0 0 0 0 0 0 0 0 0  0  3  0
【久】伊藤 【静】池田
◇準々決勝
           一二三四五六七八九 計HE
久留米商 1 0 0 0 0 0 0 0 3  4 8 3
北  海 0 0 1 0 0 0 1 0 0  2 5 1
【久】伊藤 【北】松谷→吉沢

◇準決勝(第1試合)
       一二三四五六七八九 計 HE
久留米商  0 0 2 0 0 0 0 1 0  3 11 2

西  条  0 0 0 0 0 0 0 0 0  0  7  4
【久】伊藤 【西】石川
◇決勝
        一二三四五六七八九 計HE
久留米商  0 0 0 0 0 0 0 0 0  0 5 2
作新学院  0 0 0 0 0 0 1 0 x  1 7 0
【久】伊藤 【作】加藤


1962年(昭和37年) 第34回選抜大会/出場なし                            優勝=作新学院(栃木)初
1961年(昭和36年) 第43回選手権大会/戸畑(3年連続4回目)                      優勝=浪商(大阪)初
◇1回戦(第1日・第1試合)
       一二三四五六七八九十 計 HE
新発田農  2 0 0 0 0 0 0 0 0 1  3 11 2

戸  畑  0 0 0 2 0 0 0 0 0 0  2  6  1
【新】渡辺一 【戸】有吉


1961年(昭和36年) 第33回選抜大会/小倉工(18年ぶり8回目)                   優勝=法政二(神奈川)初
◇1回戦(第2日・第2試合)
           一二三四五六七八九 計HE
中京商 0 0 0 0 0 0 0 1 0  1 6 2

小倉工 0 0 0 0 0 0 0 2 x  2 1 2
【中】山中 【小】村松
◇2回戦
       一二三四五六七八九 計HE
敦 賀 0 0 0 0 4 0 0 0 0  4 6 1

小倉工 2 0 0 0 0 1 0 0 0  3 4 0
【敦】上田 【小】林→又木→村松


1960年(昭和35年) 第42回選手権大会/戸畑(2年連続3回目)                   優勝=法政二(神奈川)初
◇1回戦
          一二三四五六七八九 計HE
高岡商  0 0 0 0 0 0 0 1 0  1 5 3

戸 畑  0 0 0 0 1 0 0 1 x  2 6 1
【高】渡辺 【戸】藤津→井戸崎
◇2回戦
          一二三四五六七八九 計HE
明 石  0 0 0 0 3 0 0 0 0  3 5 2

戸 畑  0 0 0 0 0 0 1 0 0  1 7 3
【明】中崎 【戸】藤津→井戸崎


1960年(昭和35年) 第32回選抜大会/柳川商(初出場)                         優勝=高松商(香川)②
◇2回戦
           一二三四五六七八九 計 HE
松阪商 2 0 0 1 0 0 0 2 0  5 10 0

柳川商 0 0 0 0 0 0 0 0 0  0  1  2
【松】吉田 【柳】高尾→武田


1959年(昭和34年) 第41回選手権大会/戸畑(2年ぶり2回目)                      優勝=西条(愛媛)初
◇1回戦
          一二三四五六七八九 計HE
日大二  0 0 0 0 0 1 0 0 1  2 6 1

戸 畑  0 0 0 0 0 0 0 0 0  0 1 4
【高】井上 【戸】井戸崎→岡村


1959年(昭和34年) 第31回選抜大会/久留米商(2年ぶり3回目)、戸畑(初出場)            優勝=中京商(愛知)③
◇1回戦(第1日・第3試合)
           一二三四五六七八九 計HE
天  理 0 0 0 0 0 0 0 0 2  2 7 0

久留米商 0 0 0 0 0 0 0 0 0  0 4 2
【天】大井 【久】田中


◇2回戦
          一二三四五六七八九 計 HE
岐阜商 0 3 0 0 0 1 1 0 1  6 10 0

戸 畑 0 0 0 0 3 1 0 0 0  4 10 4
【岐】近藤→宮嶋→鷲見 【戸】井戸崎


1958年(昭和33年) 第40回選手権大会/八女(初出場)                          優勝=柳井(山口)初
◇2回戦
           一二三四五六七八九 計 HE
八  女  0 0 0 0 1 0 0 6 1  8  9  2

松商学園  0 0 0 3 2 0 0 0 0  5 10 1
【八】下川 【松】増沢→北条
◇3回戦
          一二三四五六七八九 計HE
八 女  0 0 0 0 0 1 0 0 0  1 4 0

徳島商  0 2 1 0 0 0 0 0 x  3 7 1
【八】下川 【松】坂東 【本】広野(徳)


1958年(昭和33年) 第30回選抜大会/福岡工(12年ぶり5回目)                    優勝=済々黌(熊本)初
◇2回戦
          一二三四五六七八九 計HE
福岡工 1 0 0 0 1 0 0 0 1  3 5 2

宇 工 0 0 0 0 0 1 1 0 0  2 8 2
【福】上野 【宇】椎名  ※宇工=宇都宮工
◇準々決勝
           一二三四五六七八九 計HE
福岡工 0 0 1 0 0 0 0 0 0  1 7 3

中京商 0 2 1 0 0 2 0 0 x  5 9 0
【福】上野 【中】伊藤竜  


1957年(昭和32年) 第39回選手権大会/戸畑(初出場)                         優勝=広島商(広島)④
◇2回戦
          一二三四五六七八九 計HE
高 知  0 0 1 0 0 0 0 0 0  1 3 4

戸 畑  0 0 0 2 0 0 0 0 x  2 5 1
【高】弘瀬→岡崎 【戸】清水
◇準々決勝
          一二三四五六七八九 計HE
坂出商  0 0 0 0 0 0 0 0 0  0 4 3
戸 畑  0 0 0 0 2 0 3 0 x  5 9 0
【坂】安藤 【戸】清水
◇準々決勝
          一二三四五六七八九 計HE
広島商  0 1 4 0 0 0 0 0 1  6 5 2
戸 畑  3 0 0 0 0 0 0 0 0  3 8 5
【広】曽根 【戸】清水

1957年(昭和32年) 第29回選抜大会/小倉(2年ぶり7回目)、久留米商(2年連続2回目)       優勝=早稲田実(東京)初
◇2回戦(第2日・第3試合)
          一二三四五六七八九 計HE
高知商 1 0 0 1 3 0 0 0 0  5 9 0

小 倉 0 0 0 0 0 0 0 0 1  1 9 1
【高】小松 【小】後藤→斎藤


◇2回戦
          一二三四五六七八九 計HE
興国商 0 0 2 0 0 0 0 0 0  2 3 3

久 商 0 0 1 0 0 0 0 1 1  3 6 1
【興】宮城 【久】手島 【本】鈴木(興)
◇準々決勝
          一二三四五六七八九十 計HE
岐阜商 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0  0 2 1

久 商 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1  1 4 0
】清沢 【久】手島  
◇準決勝
          一二三四五六七八九 計 H E
早 実 0 4 0 2 0 0 0 0 0   6 11 2

久 商 0 0 0 0 0 0 0 0 0   0  4  0
【早】王 【久】手島→安山  


1956年(昭和31年) 第38回選手権大会/小倉(3年連続10回目)                     優勝=平安(京都)③
◇1回戦(第2日・第3試合)
          一二三四五六七八九 計HE
岐阜商  1 3 0 0 0 1 0 0 0  5 5 2

小 倉  0 1 0 0 1 0 0 1 0  3 4 2
【岐】清沢→田中 【小】後藤→瀬藤
【本】小都(小)


1956年(昭和31年) 第28回選抜大会/久留米商(初出場)                        優勝=中京商(愛知)②
◇1回戦
          一二三四五六七八九 計HE
久 商 0 0 0 0 0 0 0 0 0  0 4 0

堀 川 0 0 3 1 0 0 0 0 x  4 9 1
【久】手島→小山田 【堀】前田 


1955年(昭和30年) 第37回選手権大会/小倉(2年連続9回目)                    優勝=四日市(三重)初
◇2回戦
          一二三四五六七八九 計HE
新 宮  0 0 0 0 0 1 1 0 0  2 6 2

小 倉  0 0 0 0 0 0 0 0 0  0 2 2
【新】前岡 【小】畑


1955年(昭和30年) 第27回選抜大会/小倉(3年連続6回目)                      優勝=浪華商(大阪)②
◇2回戦
          一二三四五六七八九 計HE
浪華商 0 0 0 0 0 0 0 3 0  3 8 1

小 倉 1 0 0 0 0 0 0 1 0  2 5 2
【浪】谷本→広島 【小】畑


1954年(昭和29年) 第36回選手権大会/小倉(3年ぶり8回目)                    優勝=中京商(愛知)⑤
◇1回戦(第2日・第3試合)
          一二三四五六七八九 計HE
早 実  2 0 0 0 3 0 0 0 0  5 6 2

小 倉  0 0 0 0 0 0 0 0 0  0 2 2
【早】河西 【小】畑


1954年(昭和29年) 第26回選抜大会/小倉(2年連続5回目)                     優勝=飯田長姫(長野)初
◇2回戦(第2日・第3試合)
        一二三四五六七八九 計 HE
立命館 0 0 0 0 0 0 0 0 0  0  3  3

小 倉 0 0 0 0 1 7 0 0 x  8 13 0
【立】黄前→富永 【小】畑
◇準々決勝
         一二三四五六七八九 計 HE
小 倉 2 0 0 0 0 0 2 0 1  5 11 1

鳴 門 0 0 0 0 2 0 0 0 0  2  8 1
【小】畑 【鳴】藤原
◇準決勝
         一二三四五六七八九 計HE
泉 陽 0 0 0 0 0 0 0 0 0  0 4 2

小 倉 0 0 0 0 0 0 0 2 x  2 6 0
【泉】林→松本 【小】畑

◇決勝
         一二三四五六七八九 計HE
長 姫 0 0 0 1 0 0 0 0 0  1 7 1

小 倉 0 0 0 0 0 0 0 0 0  0 7 3
【長】光沢 【小】畑


1953年(昭和28年) 第35回選手権大会/東筑(初出場)                        優勝=松山商(愛媛)③
◇2回戦
          一二三四五六七八九 計HE
東 筑  0 0 0 0 0 0 0 0 0  0 5 4

浪華商  1 0 0 0 0 2 0 0 x  3 7 2
【東】仰木 【浪】中下


1953年(昭和28年) 第25回選抜大会/小倉(4年ぶり4回目)                       優勝=洲本(兵庫)初
◇2回戦(第2日・第2試合)
        一二三四五六七八九十 計HE
御所実 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0  1 4 3

小 倉 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1  2 4 2
【御】田原 【小】石田
◇準々決勝
          一二三四五六七八九 計 HE
銚子商 0 0 1 0 0 0 0 0 1   2  6 6

小 倉 1 0 4 2 0 0 0 4 x  1110 1
【銚】原→石毛→原 【小】石田
◇準決勝
          一二三四五六七八九 計HE
洲 本 1 1 1 2 0 0 0 0 0   5 8 1

小 倉 0 0 0 1 0 0 0 0 0   1 3 2
【洲】北口 【小】石田


1952年(昭和27年) 第34回選手権大会/三池(初出場)                          優勝=芦屋(兵庫)初
◇1回戦(第1日・第2試合)
          一二三四五六七八九十士 計HE
愛 知  0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1  2 8 1

三 池  1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0  1 4 3
【愛】岡部 【三】小栁


1952年(昭和27年) 第24回選抜大会/出場なし                             優勝=静岡商(静岡)初
1951年(昭和26年) 第33回選手権大会/小倉(6年連続7回目)                      優勝=平安(京都)②
◇1回戦(第2日・第3試合)
          一二三四五六七八九 計 HE
芦 屋  0 0 0 1 1 4 0 0 1  7 15 0

小 倉  0 0 0 0 0 0 0 0 2  2  2  3
【愛】植村 【小】池田   【本】杉谷(芦)


1951年(昭和26年) 第23回選抜大会/出場なし                              優勝=鳴門(徳島)初
1950年(昭和25年) 第32回選手権大会/小倉(5年連続6回目)                     優勝=松山東(愛媛)②
◇1回戦
          一二三四五六七八九 計HE
瑞 陵  0 0 0 0 2 0 0 0 0  2 4 3

小 倉  0 0 4 0 4 0 0 0 x  8 6 0
【瑞】徳永 【小】重台
◇2回戦
          一二三四五六七八九 計 HE
呉阿賀  0 1 0 0 0 3 0 0 2  6  9  1

小 倉  0 0 2 0 2 0 0 0 0  4 10 2
【呉】八木 【小】重台


1950年(昭和25年) 第22回選抜大会/八幡(初出場)                           優勝=韮山(静岡)初
◇1回戦(第1日・第3試合)
          一二三四五六七八九 計 HE
萩 北  0 0 0 0 0 0 1 0 0  1  5  3

八 幡  3 0 0 1 1 0 1 1 x  7 10 3
【萩】椙本→柴田 【八】渡辺
◇準々決勝
          一二三四五六七八九 計 HE
八 幡  1 0 3 0 0 1 0 0 0  5 11 2

韮 山  0 0 0 0 0 2 0 0 4  6  9  1
【八】渡辺 【韮】東泉


1949年(昭和24年) 第31回選手権大会/小倉北(4年連続5回目)                    優勝=湘南(神奈川)初
◇1回戦
          一二三四五六七八九  計 HE
慶 応  0 0 2 0 0 0 0 0 0   2  9  6

小倉北  5 2 0 1 0 3 0 2 x  1314 1
【慶】今田→吉村 【小】福島
【本】高島(慶)
◇2回戦
          一二三四五六七八九 計 H E
小倉北  3 1 2 2 0 0 0 6 1  1519 2

長崎東  1 0 2 0 1 0 0 0 0   4 6 4
【小】重台→福島
【長】松熊
◇準々決勝
          一二三四五六七八九十 計 HE
小倉北  0 2 0 1 0 2 0 0 1 0  6  9 3

倉敷工  0 1 0 1 0 2 1 1 0 1  7 12 3
【小】福島→重台 【倉】小沢
【本】藤沢2(倉)


1949年(昭和24年) 第21回選抜大会/小倉(3年連続3回目)                       優勝=北野(大阪)初
◇1回戦(第1日・第3試合)
          一二三四五六七八九 計HE
小 倉  0 0 0 0 0 0 5 0 0  5 7 5

海 南  2 0 0 0 0 0 0 0 0  2 2 2
【小】福島 【海】山下祐→野崎
【本】福島(小)
◇準々決勝
          一二三四五六七八九 計HE
高松一  0 0 0 0 0 0 0 0 0  0 3 1

小 倉  3 0 0 0 1 0 0 0 x  4 5 1
【高】北村
【小】福島
◇準決勝
          一二三四五六七八九 計HE
芦 屋  0 0 0 0 1 1 0 2 0  4 9 1

小 倉  0 0 0 0 0 0 0 0 0  0 3 2
【芦】有本
【小】福島


1948年(昭和23年) 第30回選手権大会/小倉(3年連続4回目)                      優勝=小倉(福岡)➁
◇1回戦(第2日・第1試合)
          一二三四五六七八九 計 HE
丸 亀  0 0 0 0 0 0 0 0 0  0  2  0

小 倉  0 0 0 0 0 1 0 0 x  1 10 1
【丸】香川 【小】福島
◇2回戦
          一二三四五六七八九  計 HE
大分二  0 0 0 0 0 0 0 0 0   0  2 2

小 倉  4 6 0 0 0 0 0 2 x  12 134
【大】川原 【小】福島
◇準々決勝
          一二三四五六七八九 計HE
関 西  0 0 0 0 0 0 0 0 0  0 4 1

小 倉  0 0 0 0 1 1 0 0 x  2 8 1
【関】吉田 【小】福島

◇準決勝
          一二三四五六七八九 計HE
小 倉  0 0 0 0 0 0 0 0 4  4 7 0

岐阜一  0 0 0 0 0 0 0 0 0  0 4 1
【小】福島 【岐】花井
◇決勝
          一二三四五六七八九 計HE
桐 蔭  0 0 0 0 0 0 0 0 0  0 4 0

小 倉  0 0 0 0 0 1 0 0 x  1 3 0
【桐】西村 【小】福島


1948年(昭和23年) 第20回選抜大会/小倉中(2年連続2回目)                    優勝=京都一商(京都)初
◇1回戦
           一二三四五六七八九十一二三 計 HE
京都一商  0 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 1  3 10 2

小倉中   0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0 0 0  2  74
【京】北本 【小】福島


1947年(昭和22年) 第29回選手権大会/小倉中(2年連続3回目)                    優勝=小倉中(福岡)初
◇1回戦(第1日・第1試合)
           一二三四五六七八九 計HE
神戸一中  0 0 0 0 2 0 1 0 0  3 8 1

小倉中   1 0 8 0 0 0 0 0 x  9 6 1
【神】入江 【小】福島
◇2回戦
          一二三四五六七八九 計HE
小倉中  0 0 0 0 0 3 0 0 0  3 7 2

桐生中  0 0 0 0 0 0 0 0 0  0 4 1
【小】福島 【桐】常見
◇準々決勝
          一二三四五六七八九 計HE
志度商  0 0 0 0 1 0 0 0 0  1 6 6

小倉中  0 0 0 0 1 5 0 0 x  6 9 4
【志】福岡 【小】福島 【本】井生(小)

◇準決勝
          一二三四五六七八九十 計HE
小倉中  1 0 0 0 0 0 0 0 0 4  5 8 3

成田中  0 0 0 0 0 1 0 0 0 0  1 6 2
【小】福島 【成】石原
【本】松尾,西上(小)
◇決勝
          一二三四五六七八九 計HE
小倉中  0 0 0 0 1 4 1 0 0  6 9 0

岐阜商  0 3 0 0 0 0 0 0 0  3 6 1
【小】福島
【岐】樽井

1947年(昭和22年) 第19回選抜大会/小倉中(初出場)                         優勝=徳島商(徳島)初
◇2回戦
           一二三四五六七八九  計HE
京都一商  1 0 0 0 0 0 0 0 0   1 6 1

小倉中   0 0 0 0 0 2 0 0 x   2 6 1
【京】北本 【小】福島
◇準々決勝
          一二三四五六七八九  計HE
岐阜商  0 0 0 1 0 0 0 0 0   1 3 4

小倉中  0 0 0 0 0 0 2 0 x   2 2 1
【岐】樽井 【小】福島
◇準決勝
          一二三四五六七八九  計HE
城東中  0 0 0 0 0 0 0 0 0   0 5 6

小倉中  0 0 0 0 0 0 0 1 x   1 1 3
【城】前田 【小】福島


◇決勝
          一二三四五六七八九十一二三  計 HE
徳島商  0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 2   3  5  3

小倉中  0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0   1 11 4
【徳】蔵本 【小】福島


1946年(昭和21年) 第28回選手権大会/小倉中(22年ぶり2回目)                    優勝=浪華商(大阪)初
◇2回戦
          一二三四五六七八九 計HE
小倉中  0 0 0 0 0 1 0 0 0  1 4 6

東高師  3 0 1 0 3 0 0 0 x  7 9 7
【小】畑間 【東】若山
※東高師=東京高師付中(東京)


~ 戦 争 の た め 中 断 ~
1941年(昭和16年) 第18回選抜大会/福岡工(2年連続4回目)                     優勝=東邦商(愛知)③
◇1回戦(第1日・第1試合)
           一二三四五六七八九  計HE
福岡工 0 0 0 0 0 2 0 0 0   2 4 4

岐阜商 1 0 0 0 0 1 0 0 1   3 7 1
【福】木村 【岐】鳥居


1940年(昭和15年) 第26回選手権大会/福岡工(4年連続4回目)                   優勝=海草中(和歌山)②
◇1回戦
          一二三四五六七八九十士 計HE
東邦商  0 0 0 0 0 0 0 1 2 0 1  4 9 1

福岡工  0 0 0 0 2 0 0 1 0 0 0  3 2 4
【東】平野→玉置 【福】鳥山


1940年(昭和15年) 第17回選抜大会/福岡工(2年ぶり3回目)                     優勝=岐阜商(岐阜)③
◇2回戦
           一二三四五六七八九  計HE
広島商 0 0 0 1 1 0 0 0 0   2 2 2

福岡工 0 0 5 3 0 0 0 1 x   9 7 3
【広】久保木 【福】鳥山
◇準々決勝
           一二三四五六七八九  計HE
福岡工 0 0 0 0 1 0 4 0 0   5 4 1

滝川中 0 0 0 0 2 0 2 0 0   4 5 4
【福】鳥山 【滝】別所
◇準決勝
           一二三四五六七八九  計 HE
福岡工 0 0 0 0 0 0 0 0 0   0  2 2

岐阜商 0 1 3 1 1 1 1 1 x   9 12 1
【福】鳥山 【岐】大島


1939年(昭和14年) 第25回選手権大会/福岡工(3年連続3回目)                   優勝=海草中(和歌山)初
◇1回戦
     一二三四五六七八九 計HE
桐 生 中 0 0 0 0 0 0 2 0 0  2 5 2

福 岡 工 1 0 2 0 0 0 0 0 x  3 5 1
<三>上野
【福岡工】 打安 【桐生中】 打安
8 竹 吉 32 4 三 輪 42
4  関  30 6 中村栄 30
3 上 野 31 7 中村茂 30
2  伴  30 3⑴常 見 30
5 鹿 毛 20 1⑶木 暮 41
9 鳥 山 20 8 山 中 31
6  森  21 2 深 沢 30
7 藤 村 30 5 関 口 10
1 佐 藤 31 9 田 中 21   

振四犠盗残  24 5 振四犠盗残  26 5
35244    17326
◇2回戦
     一二三四五六七八九 計HE
熊 本 工 0 0 3 0 2 0 0 0 0  5 8 4
福 岡 工 1 2 0 0 4 0 0 0 x  7 9 0
<三>松本、重村2<二>関、森
【福岡工】 打安 【熊本工】 打安
8 竹 吉 41 5 村 上 52
4  関  52 7 後 藤 21
3 上 野 31 8 重 村 52
2  伴  30 2 高 山 31
5 鹿 毛 31 6 江 口 40
1⑼⑴鳥山 31 9⑴田 中 31
6 藤 村 30 3 山 川 30
7  森  32 4 本 田 31
9 松 本 11 1⑼高 坂 20
⑴⑼佐 藤 20         
振四犠盗残  27 9 振四犠盗残  30 8
16648    38218
◇準々決勝
     一二三四五六七八九 計 HE
福 岡 工 0 0 0 1 0 0 0 0 0  1  5 3
下 関 商 1 0 0 0 0 0 1 5 x  7 12 0
<二>長富
【福岡工】 打安 【下関商】 打安
8 竹 吉 31 4 長 富 31
4  関  41 7 森 山 41
3 上 野 42 8 矢 野 31
2  伴  20 1 友 浦 54
5 鹿 毛 20 2 大 橋 51
1⑼⑴鳥山 21 9 村 田 41
6  森  30 3 諏 訪 31
7 藤 村 00 5 末 永 31
1⑼佐 藤 10 6 香 月 31
9⑺佐 藤 30         
振四犠盗残  24 5 振四犠盗残 33 12
46103    162210

1939年(昭和14年) 第16回選抜大会/小倉工(2年ぶり7回目)                     優勝=東邦商(愛知)②
◇2回戦
           一二三四五六七八九  計HE
大津商 0 0 0 0 0 0 1 0 0   1 3 5

小倉工 1 1 0 0 0 0 0 1 x   3 9 0
【大】明珍 【小】吉村
◇準々決勝
           一二三四五六七八九  計HE
中京商 0 0 0 0 0 2 0 2 0   4 7 0

小倉工 0 1 0 0 0 0 0 0 0   1 7 4
【中】牧野 【小】吉村


1938年(昭和13年) 第24回選手権大会/福岡工(2年連続2回目)                    優勝=平安中(京都)初
◇2回戦
     一二三四五六七八九 計HE
京 阪 商 0 0 0 0 0 0 2 0 0  2 3 2

福 岡 工 0 0 0 0 0 0 0 1 0  1 3 5
【福岡工】 打安 【京阪商】 打安
3 上 野 30 2 高 野 41
7 馬 場 42 8 佐 野 40
6 竹 島 31 9 山 崎 40
1 大 崎 30 1 深 尾 30
2 甲 木 40 3 宮 口 40
8 鍋 山 20 7 藤 村 21
5 鳥 山 40 4 西 田 31
4  関  40 5 吉 村 30
9 佐 藤 40 6 北 野 40   

振 四犠盗残 31 3 振四犠盗残  31 3
104118    113227
【京阪商2-1福岡工】
 福岡工・大崎、京阪商・深尾の投手戦となった
が、わずかな隙を突いた京阪商が競り勝った。
 0-0で迎えた7回、京阪商は四球で出た走者
を敵失で迎え入れて均衡を破ると、スクイズで2
点目を挙げた。福岡工は6回、一死から馬場、竹
島の連打で二、三塁と絶好の先制機を迎えたが、
後続が打ち取られ無得点。2点を追う8回も敵失
から三塁まで走者を進め、二ゴロで本塁を突いた
がタッチアウト。京阪商の堅守を崩せなかった。
 福岡工先発の大崎は軽快なフォームから投じる
速球を武器に11三振を奪ったが、涙を飲んだ。


1938年(昭和13年) 第15回選抜大会/福岡工(2年連続2回目)                     優勝=中京商(愛知)初
◇2回戦
           一二三四五六七八九  計 HE
福岡工 1 0 0 0 0 0 0 0 0   1  5 2

岐阜商 1 0 2 2 0 0 1 0 x   6 11 2
【福】大崎 【岐】野村→大島


1937年(昭和12年) 第23回選手権大会/福岡工(初出場)                        優勝=中京商(愛知)④
◇2回戦
     一二三四五六七八九 計HE
福 岡 工 0 1 0 0 0 0 0 0 0  1 4 1

北 海 中 1 0 0 0 0 1 0 0 x  2 2 1
<二>大崎2、菊地
【福岡工】 打安 【北海中】 打安
7 鍋 山 20 7 安 藤 30
4 鹿 毛 40 9 洞 野 20
3 上 野 40 8 若 杉 30
1 喜 多 30 5⑴大 橋 31
8 大 崎 42 1 塩 田 20
6 竹 島 41 H 東 島 10
5  原  30 ⑸  林  10
H 佐 藤 10 2 白 石 20
9 馬 場 20 3 菊 地 31
⑼ 竹 吉 10 4 谷 口 20
2 甲 木 41 6 武 井 20   

振四犠盗残  31 4 振四犠盗残  24 2
370310    10 6216
【北海中2-1福岡工】
 初回の福岡工は緊張からかミスが連続し先制を
許した。喜多投手が四球で無死の走者を許すと、
三ゴロの時にセカンドの二塁カバーが遅れてしま
い送球できずに無死一、二塁。さらに一塁前の送
りバントを再びセカンドが一塁へのカバーを忘れ
て無死満塁。続く4番・大橋に対してスクイズ警
戒のために投じたウエスト気味の緩球を右前には
じき返されて1点を失ったが、北海中にも走塁ミ
スが出て、最小失点で切り抜けた。
 福岡工は2回、四球で出た喜多を置き大崎が2
塁打を放ってすかさず同点。その後も押し気味に
試合を進めたが、6回に浴びた菊地の右翼線2塁
打が決勝点となった。
 福岡工打線は6四死球、4安打を放ったが、決
定打を欠き10残塁。6回の攻撃の際、バントで
右手を負傷して退いた塩田からマウンドを引き継
いだ北海中・大橋が踏ん張った。

1937年(昭和12年) 第14回選抜大会/小倉工(4年連続6回目)、福岡工(初出場)            優勝=浪華商(大阪)初
◇1回戦
           一二三四五六七八九  計HE
小倉工 0 0 0 0 0 0 0 0 0   0 3 1

島田商 0 0 0 0 0 2 3 0 x   5 7 0
【小】田村 【島】安田


◇2回戦
           一二三四五六七八九  計HE
徳島商 0 2 0 0 0 0 0 0 0   2 2 1

福岡工 0 0 0 0 0 0 0 1 0   1 9 1
【徳】林 【福】喜多


1936年(昭和11年) 第22回選手権大会/小倉工(2年ぶり5回目)                    優勝=岐阜商(岐阜)初
◇1回戦(第2日・第1試合)
     一二三四五六七八九 計HE
小倉工   0 0 0 1 0 0 0 2 0  3 6 5

嘉義農林  0 1 0 0 2 1 0 0 x  4 3 2
<二>吉川
【小倉工】 打安 【嘉義農林】打安
4 白 土 40 6 吉 川 21
5 松 浦 32 4 脇黒丸 10
8 玉 井 41 9 児 玉 40
2  進  41 8  呉  31
1 竹 中 20 1  東  30
6 宮 崎 40 3  盛  41
9 山 口 40 2 河 野 20
7 千 手 20 5 奥 田 30
⑺ 坂 田 10 7  揚  30
3 瓜 生 32            

振四犠盗残  31 6 振四犠盗残  25 3
22104    56265
【嘉義農林4-3小倉工】
 嘉義農林は2回に呉が三塁前セーフティバント
で出るとすかさず盗塁。動揺した竹中が続く東に
死球を与え、さらに盛がバントを試みる。これは
投飛となったが、続く河野の二ゴロを二塁で封殺
しようとした送球が走者に当たり、この間に呉が
生還。小技を絡めてくる相手に野手も緊張を強い
られた。
 小倉工は4回に玉井の適時打で同点に追いつく
が、5回に四球、フィルダースチョイス、重盗な
どでかき回された挙句、吉川にタイムリーを浴び
て2失点。6回にも二、三塁間の挟殺プレーが失
策を招き失点。
 竹中はカーブを武器に嘉義農林打線を3安打2
四球に抑える好投を見せたが、相手走力を警戒し
すぎたことが内野陣の失策を招き、接戦を落とし
た。

1936年(昭和11年) 第13回選抜大会/小倉工(2年ぶり4回目)                     優勝=愛知商(愛知)初
◇1回戦
     一二三四五六七八九 計HE
早稲田実  0 0 0 0 3 0 0 2 0  5 3 3

小倉工   0 0 0 3 0 4 0 0 x  7 6 7
<本>玉井
【小倉工】 打安 【早稲田実】打安
5 松 浦 30 8 柴 田 50
4 白 土 30 7 是 永 51
8 玉 井 41 5 宮 井 41
3 瓜 生 41 3 望 月 30
2  進  42 1 末 村 30
1 竹 中 41 9 太 田 31
9 坂 田 40 6 松 居 30
7 千 手 40 2 小 宮 30
6 宮 崎 31 走 熊 沢 00
         ⑵ 塩 谷 10
         4 土 山 20
振四犠盗残  33 6 振四犠盗残  32 3
62004    57037
◇2回戦
    一二三四五六七八九 計HE
小 倉 工  1 0 0 0 0 0 0 0 0  1 7 4
桐 生 中  1 0 0 0 0 0 0 0 1  2 7 2
<三>玉井
【小倉工】 打安 【桐生中】 打安
5 松 浦 50 2 塚 越 42
4 白 土 41 6 皆 川 42
8 玉 井 43 1 青 木 20
3 瓜 生 31 3 石 田 40
2  進  40 4 小 林 42
1 竹 中 42 8 佐々木 40
9 坂 田 30 9 福 間 31
7 千 手 30 7 河 内 20
6 宮 崎 30 5 稲 川 20
振四犠盗残  33 7 振四犠盗残  29 7
62219    453311

1935年(昭和10年) 第21回選手権大会/佐賀商                             優勝=松山商(愛媛)初
1935年(昭和10年) 第12回選抜大会/小倉工(2年連続4回目)                     優勝=岐阜商(岐阜)②
◇1回戦(第1日・第1試合)
           一二三四五六七八九  計 HE
小倉工 0 0 0 0 3 0 0 0 0   3  8 4

東邦商 0 2 1 0 3 0 0 1 x   7 11 3
【小】玉井 【東】熊谷→立谷


1934年(昭和9年) 第20回選手権大会/小倉工(2年ぶり4回目)                     優勝=呉港中(広島)初
◇1回戦(第2日・第2試合)
     一二三四五六七八九 計 HE
小 倉 工 1 0 1 0 0 1 0 0 1  4 10 2

熊 本 工 0 1 1 2 0 0 0 4 x  8 11 5
<三>高木<二>桜井、浦本、戸上
【小倉工】 打安 【熊本工】 打安
8 山 本 51 5 浦 本 42
4 川 下 32 6 岡 本 30
2 篠 崎 51 1 戸 上 43
9 大 石 41 8 桜 井 31
1 玉 井 32 7 高 木 51
5 瓜 生 42 2 吉 原 41
7 田 中 40 9 川 上 41
3 江 上 30 4 岩 本 40
H 小 路 10 3 松 山 32
6 木 戸 31            

振四犠盗残 3510 振四犠盗残  3411
22249       373211

1934年(昭和9年) 第11回選抜大会/小倉工(2年ぶり3回目)                      優勝=東邦商(愛知)初
◇2回戦
       一二三四五六七八九 計HE
小 倉 工 0 0 5 0 0 0 0 0 0  5 6 2

岐 阜 商 0 0 0 1 0 0 0 2 1  4 6 0
<二>勝野
【小倉工】 打安 【岐阜商】 打安
8 山 本 41 6 記 野 31
4 川 下 41 1⑻松 井 20
3 篠 崎 42 8⑴広 江 41
9 大 石 41 7 加 藤 42
1 玉 井 30 3 勝 野 31
2 江 上 30 2 近 藤 31
5 瓜 生 42 4 奥 村 40
7 田 中 20 5  森  40
6 木 戸 10 9  筧  40  

振四犠盗残 27 6  振四犠盗残  31 6
57022    18008
◇準々決勝
     一二三四五六七八九十一二三 計HE
海南中 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 3  4 8 6

小倉工 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0  1 8 6

【小倉工】 打安 【海南中】 打安
8 山 本 52 2 中 田 71
4 川 下 51 8 近 藤 52
3 篠 崎 60 4 小 林 51
9 大 石 63 6 磯 野 71
1 玉 井 61 5 亀 井 40
2 江 上 40 1 長谷川 61
5 瓜 生 40 9 阿 瀬 51
7 田 中 31 7 前 里 51
6 木 戸 50 3 栗 生 60  

振四犠盗残 44 8  振四犠盗残  50 8
644316     562318

1933年(昭和8年) 第19回選手権大会/佐賀師範                             優勝=中京商(愛知)③
1933年(昭和8年) 第10回選抜大会/出場なし                              優勝=岐阜商(岐阜)初
1932年(昭和7年) 第18回選手権大会/小倉工(3年連続3回目)                     優勝=中京商(愛知)②
◇1回戦
     一二三四五六七八九 計HE
和歌山中  0 0 0 0 1 0 0 0 0  1 6 1

小倉工   0 0 0 0 0 0 0 0 0  0 3 3
【小倉工】 打安 【和歌山中】打安
6 田 才 40 4 喜多島 30
2 西 村 41 7 木 村 42
5 新 富 30 2 後 藤 41
1 酒 井 20 1 大 谷 30
3 藤 本 30 9 山 本 41
4 大 石 31 6 太 田 20
7 猪 俣 30 8 西 尾 20
8 山 本 31 3 和 田 41
9  関  20 4 宇 野 41
H⑼浜田重 10            

振四犠盗残  28 3 振四犠盗残  30 6
61103      44309

1932年(昭和7年) 第9回選抜大会/小倉工(2年連続2回目)                     優勝=松山商(愛媛)②
◇1回戦
     一二三四五六七八九 計HE
鳥取二中  2 0 0 0 0 0 0 0 0  2 3 2

小倉工   0 0 2 0 0 0 0 0 1  3 6 1
<三>新富
【小倉工】 打安 【鳥取二中】打安
6 田 才 30 1⑹奥 山 41
2 西 村 42 8 杉 本 30
3 新 富 43 3 岩 崎 40
4 藤 本 30 6⑴高 浜 30
1 酒 井 30 2 近 藤 42
7 猪 俣 30 7 秋 崎 10
8 浜 田 30 9 前 田 30
5 大 石 40 5 中 川 40
9 山 本 20 4 由 谷 20
⑼ 浜田重 21            

振四犠盗残  31 6  振四 犠盗残 30 6
561211    710 1010
◇2回戦
     一二三四五六七八九  計HE
小 倉 工 0 0 0 1 0 0 0 0 0   1 4 4

明 石 中 4 2 0 7 2 1 0 0 x  10 9 2
<三>中田
【小倉工】 打安 【明石中】 打安
6 田 才 30 8 中 田 31
2 西 村 21 4 横 内 31
3⑴⑶新富 40 9 山 田 22
4 藤 本 40 1⑸⑶楠本 51
1⑺⑴酒井 21 6⑴⑹峰本 51
7⑶⑺猪俣 42 3 松 下 42
8 浜田盛 20 5⑹⑸平林 31
⑻ 花 田 20 2 福 島 50
5 大 石 40 7 田 口 20
9 浜田重 20
⑼ 山 本 00         

振四犠盗残  29 4  振四 犠盗残 32 9
67119     318 1111

1931年(昭和6年) 第17回選手権大会/小倉工(2年連続2回目)                     優勝=中京商(愛知)初
◇1回戦
            一二三四五六七八九 計HE
敦 賀 商  0 0 0 0 0 0 0 0 0  0 2 7

小 倉 工  3 0 3 0 0 0 0 0 x  6 5 0
【小倉工】  打安 【敦賀商】  打安
6 田  才 20 7 河  内 30
3 重  住 30 2 伊  原 31
2 新  富 41 1 立  石 40
1 植  田 30 4 栗  田 40
4 藤  本 31 9 大  井 30
7 酒  井 43 5 角  野 30
5 山  田 30 8 網  家 31
9 古  田 30 6 竹  野 30
8 松  井 20 3 豊  川 20
振四犠盗残 27 5   振四犠盗残 28 2
54143    63004
◇2回戦
        一二三四五六七八九 計HE
長 野 商  0 0 0 0 0 1 0 0 1  2 6 1

小 倉 工  0 1 0 1 0 1 1 1 x  5 9 0
<三>藤本、水沢 <二>新富、酒井2
【小倉工】  打安 【長野商】  打安
6 田  才 40 6 柄  沢 41
3 重  住 30 4⑸竹  原 30
2 新  富 41 2 小  林 42
1 植  田 32 7 木  藤 30
4 藤  本 42 5⑴滝  沢 41
7 酒  井 32 1⑷水  沢 32
5 山  田 31 8 白  鳥 40
9 西  村 20 9 北  沢 40
⑼ 古  田 00 3 海  野 40
8 松  井 31            
振四犠盗残 29 9   振四犠盗残 33 6
25035     63047   
◇準々決勝
       一二三四五六七八九 計HE
大 社 中  3 1 0 0 0 0 0 0 0  4  6 5

小 倉 工  2 6 4 1 5 1 0 3 x 2216 5
<本>植田 <三>酒井、山田、重住
【小倉工】 打安 【大社中】  打安
6 田 才 21 5 清  水 52
3 重 住 53 6 板  倉 40
2 新 富 43 9 木  村 52
1⑺植 田 52 2 加  本 31
⑺ 山 本 00 1 飯  山 41
4 藤 本 51 3 伊  藤 30
7⑴酒 井 41 8   椿  40
5 山 田 31 7 川  上 40
9 西 村 31 3 中  山 40
⑼ 古 田 21
8 松 井 42          
振四犠盗残 3716  振四犠盗残 36 6
510434      44119

◇準決勝
           一二三四五六七八九 計 HE
小倉工   0 0 0 0 0 0 0 2 0  2  8 6

嘉義農林  2 1 0 0 0 0 2 5 x 10 9 1
<二>松井
【小倉工】 打安 【嘉義農林】打安
6 田 才 41 7 平 野 32
3 重 住 40 8  蘇  30
2 新 富 42 6 上 松 51
1 植 田 41 1  呉  42
4 藤 本 40 2  東  50
7 酒 井 40 5 真 山 51
5 山 田 22 3 小 里 43
9 古 田 30 4 川 原 10
H 西 村 10 9 福 島 30
8 松 井 42         

振四犠盗残 34 8    振四犠盗残 33 9
32017    28137


1931年(昭和6年) 第8回選抜大会/小倉工(初出場)                         優勝=広島商(広島)初
◇2回戦
      一二三四五六七八九 計HE
八 尾 中  0 0 0 2 0 2 0 0 0  4 5 6   
小 倉 工  0 0 0 0 0 0 0 0 0  0 5 1
<二>黒沢
【小倉工】 打安 【八尾中】 打安

6 田 才 51 4 橋 本 50
8 松 井 30 1⑶稲 若 40
5 新 富 41 2 長 谷 31
1 植 田 41 3⑴雪 本 41
4 藤 本 40 8 黒 沢 21
9 酒 井 40 9⑺永 田 32
7 古 田 10 7⑼四井田 20
H 山 田 10 6 内 藤 10
⑺ 野 田 10 ⑹ 野 田 30
2 西 村 21 5  隅  30

振四犠盗残 32 5   振四犠盗残   30 5
01107     56136
【八尾中4-0小倉工】
八尾中は4回長谷が左前打。一死後、黒沢の左

越え三塁打で先制。続く長沢の犠飛でこの回2点
を挙げた。6回には二死から雪本が右越え二塁打
で出塁すると盗塁を決め二死三塁。四球で出た黒
沢も二盗を決めて二死二、三塁から永田の左中間
二塁打で2点を追加した。5安打のうち4本を4
回、6回に集中させる効率的な攻めを見せた。
 小倉工は3回一死一、三塁、4回二死三塁、5
回二死一、二塁、6回一死満塁と再三にわたって
好機を迎えたが、あと一本が出なかった。


1930年(昭和5年) 第16回選手権大会/小倉工(初出場)                         優勝=広島商(広島)③
◇1回戦(8月13日/甲子園=以下同)
            一二三四五六七八九 計HE
小 倉 工  1 0 0 0 0 0 0 3 0  4 5 4   

鹿児島二中  0 0 0 0 0 2 0 0 0  2 3 3
<二>植田
【小倉工】 打安【鹿児島二中】打安
4 重 住 50 6 中 川 31
6 山 田 40 5 上 原 50
8 高 橋 41 2 本 山 30
5 新 富 32 3 三 宅 31
1 植 田 31 1 柳 場 30
2 西 村 40 4 米 盛 40
3 藤 本 41 7 浅 海 20
9 野 田 40 9 西 郷 30
7 松 井 20 8 福 重 41
振 四犠盗残 33 5   振四犠盗残 30 3
104026     77139
 ◇2回戦(8月17日)
         
一二三四五六七八九 計HE
小 倉 工  0 0 0 0 0 0 1 0 0  1 2 4   
広 島 商  0 0 0 0 0 0 0 0 2  2 3 0

【小倉工】 打安 【広島商】 打安
6 山 田 40 8 竹 岡 41
7 松 井 40 9 田 中 40
8 高 橋 31 3 太 田 30
5 新 富 40 1 灰 山 30
1 植 田 40 5 杉 田 21
3 藤 本 20 6 保 田 30
2 西 村 31 2 土 手 40
9 古 田 00 4 八 林 41
4 野 田 30 7 久 森 30
振四犠盗残  27 2   振四犠盗残  30 3
85034      670410


1930年(昭和5年) 第7回選抜大会/出場なし                             優勝=神港商(兵庫)②
1929年(昭和4年) 第15回選手権大会/佐賀中                              優勝=広島商(広島)②
1929年(昭和4年) 第6回選抜大会/出場なし                             優勝=神港商(兵庫)初
1928年(昭和3年) 第14回選手権大会/佐賀中                              優勝=松本商(長野)初
1928年(昭和3年) 第5回選抜大会/出場なし                             優勝=関学中(兵庫)初
1927年(昭和2年) 第13回選手権大会/佐賀中                              優勝=高松商(香川)初
1928年(昭和2年) 第4回選抜大会/出場なし                           優勝=和歌山中(和歌山)初
1923年(大正12年)~1926年(大正15年) 福岡県知事令により中等学校競技の県外試合が禁止される             
1922年(大正11年) 第8回選手権大会/佐賀中                            優勝=和歌山中(和歌山)②
1921年(大正10年) 第7回選手権大会/豊国中(2年連続2回目)                   優勝=和歌山中(和歌山)初
◇2回戦(鳴尾)
         一二三四五六七八九十一二 計HE
長野中 0 0 0 0 3 0 4 0 1 1 0 0 91011   

豊国中 0 2 3 0 0 3 0 0 0 1 0 1 10 6 6
<本>俣野、山本 <三>花岡、山岡

【豊国中】  打安 【長野中】 打安
7 原 田  51 2 樽 田 60
1 久 礼  60 3 花 岡 73
3 漁 島  50 4 渡 辺 40

2 平 野  62 1 俣 野 55
9  沖   40 5 麻 田 50
8 山 本  51 8 山 岡 61
5 中 川  60 9 八 田 61
6 徳 海  51 7 田 中 50
4 徳 永  51
 6 仲 俣 60
振 四犠盗残  476   振四犠盗残 4910
1062211     1170311

 ◇準々決勝(鳴尾)
         一二三四五六七八九 計HE
盛 岡 中  1 1 0 0 0 0 0 0 0  2 5 4   

豊 国 中  0 0 1 1 1 0 1 1 x  5 8 3
<本>及川、沖、原田  <二>中川

【豊国中】 打安 【盛岡中】 打安
7 原 田   41 8 佐 藤 42
1 久 礼   41 6 深 沢 30
3 漁 島 42 4 及 川 41
2 平 野 41 1 山 口 40
9  沖  42 2 村 井 30
8 山 本 30 5 小田島 20
5 中 川   41 3 大 内 31
6 徳 海   30 7 斎 藤 30
4 徳 永   30 9 鵜 飼 31
振四犠盗残  338   振四犠盗残 295
50125    72133
◇準決勝(8月17日/鳴尾)
             一二三四五六七八九 計 HE
和歌山中  2 1 5 1 0 2 5 0 2  18174   

豊国中   0 0 0 0 0 0 0 1 1   2 6  9
<二>久札、戸田、井口

【豊国中】 打安 【和歌山中】打安
7 原 田 40 8 戸 田 53
1⑸久 礼 41 3 深 見 51
3 漁 島 21 6⑴井 口 64
2 平 野 40 1⑹北 島 52
9⑻ 沖  42 7  堀  32
8⑴山 本 30 5 田 島 52
5⑻中 川   31 4  柳  61
⑼ 北 村 00 9 高 木 41
6 徳 海   31 2 武 井 41
4 徳 永   30         
振四犠盗残 306   振四犠盗残 4317
73226        54688


1920年(大正9年) 第6回選手権大会/豊国中(初出場)                       優勝=関西学院(兵庫)初
◇1回戦(8月15日/鳴尾)
            一二三四五六七八九 計HE
鳥 取 中  0 0 4 0 0 1 0 0 1  6 8 4

豊 国 中  0 0 0 1 0 0 0 0 1  2 7 4
<二>尾﨑、井上

【豊国中】 打安 【鳥取中】 打安
7 池 田 41 5 尾 崎 52
6 井 上 31 7 竹 岡 41
8 花 生 42 6 山 崎 20

1⑼小 方 31 1 西 村 41
3 網 田 41 3  叶  40
5 久 礼 20 2 坂 本 41
9 速 開 21 4 谷 口 52
⑴ 真 柴 20 9 小 谷 41
2 荒 井 20 8 土 井 20
4 荒 木 40         
振四犠盗残  307  振 四犠盗 残 348
94247       1172210


1919年(大正8年) 第5回選手権大会/小倉中(初出場)                       優勝=神戸一中(兵庫)初
◇1回戦(鳴尾)
            一二三四五六七八九 計HE
小 倉 中  0 0 3 0 3 3 0 0 0  9 9 4

長 岡 中  0 0 0 1 0 0 0 0 0  1 4 3
<二>高坂

【小倉中】 打安 【長岡中】 打安
6 井 上 42 6 中山雅 40
8 村 上 10 5 小 林 30
2 花 田 50 2 中山利 40
1 有 田 51 1 高 坂 43
7 池 田 52 8 遠 藤 30
4 長 尾 52 3 森 田 31
3 影 内 41 4 野 間 30
8 藤 崎 51 9 木 村 20
5 今 富 20 7 臼 井 30
振四犠盗残  36 9  振 四犠盗残  294

86268          10 2245
◇準々決勝(鳴尾)
      一二三四五六七八九十一二三四五 計HE
小倉中  0 0 0 0 1 0 0 1 0 0 0 0 0 0 2  4 9 9
鳥取一中 0 1 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0  2 3 4
<二>影内

【小倉中】 打安 【鳥取一中】打安
6 井 上 61 7 山 崎 60
8 村 上 43 5 尾 崎 41
2 花 田 61 2 村 辺 50
1 有 田 71 1 西村豊 70
7 池 田 61 3 西村直 50
4 長 尾 60 8 竹 岡 60
3 影 内 62 9 野 口 50
8 藤 崎 50 4 北 川 62
5 今 富 40 6 稲 垣 70
振四犠盗残  50 9  振四犠盗 残 51 3
13549          3102516

◇準決勝(鳴尾)
        一二三四五六七八九 計HE
長 野 師  0 0 1 0 0 0 0 0 0  1 3 1
小 倉 中  0 0 0 0 0 0 0 0 0  0 1 1

【小倉中】 打安 【長野師】 打安
6 井 上 41 6 河 原 41
8 村 上 30 7 武 田 30
2 花 田 30 5 平 井 30
1 有 田 30 2 山 崎 40
7 池 田 30 3 土 屋 40
4 長 尾 30 2 平 林 30
3 影 内 30 4 滝 沢 20
8 藤 崎 30 9 小 林 31
5 今 富 30 8 青 木 21
振四犠盗残  28 1  振四犠盗残   283
70001          74226
1918年(大正7年) 第4回選手権大会/中学明善(2年ぶり2回目)                ※米騒動のため全国大会は中止
1917年(大正6年) 第3回選手権大会/長崎中                            優勝=愛知一中(愛知)初
1916年(大正5年) 第2回選手権大会/中学明善(初出場)                      優勝=慶応普通(東京)初
◇1回戦(8月16日/豊中)
             一二三四五六七八九 計 H E
広島商   0 1 2 2 0 2 9 3 0 19 12 7

中学明善  0 0 2 0 1 0 0 1 0  4 18 10
<本>柚花 <三>石本2、小島

【中学明善】打安 【広島商】 打安
6 佐々木 51 6 柚 花 43
2 国 武 52 8 田 川 41
5 木 下 51 1⑼石 本 63
7 上 野 52 2 小 島 52
4 松 前 50 5⑴坂 本 31
3 梅 野 41 4 石 田 60
9⑴権 藤 30 7 牛 尾 40
8 新 井 21 3 増 岡 62
1 吉 和 20 9⑸島 田 30
⑼ 横 尾 00         
振 四犠盗   36 8    振四犠盗   4112
11 6 0 7            9947
◇敗者復活戦(8月18日/豊中)
             一二三四五六七八九 計HE
中学明善  0 0 0 0 0 3 1 0 2  6 6 2
鳥取中   1 0 0 6 0 0 0 2 x  9 6 6
<二>上田、中村
【中学明善】打安 【鳥取中】 打安
6 佐々木 52 7 上 田 31
8 新 井 52 8 中 村 52
5 木 下 20 4 岩 田 41
7 上 野 41 1 松 木 30
2 国 武 40 5 松 本 51
3 梅 野 41 9 松 田 30
4 松 前 40 6 山 本 31
9⑴⑼権藤 30 3 中 沢 10
1⑼⑴吉和 30 2 伊 谷 10
振 四犠 盗  34 6   振四 犠 盗   28 6
11 4 0 10         6 13 2 10 


1915年(大正4年) 第1回選手権大会/久留米商(初出場)                      優勝=京都一中(京都)初
◇1回戦(8月12日/豊中)
             一二三四五六七八九 計 H E
和歌山中  3 0 0 0 0 2 0 9 1 15 10 7

久留米商  1 0 0 0 0 1 0 0 0  2 15 10
<二>城崎、中筋

【久留米商】打安 【和歌山中】打安
6 片 岡 41 8 奥 山 40
1 城 崎 41 6 西 村 62
8 今 里 41 3 永 岡 30
2 田 中 40 2 矢 部 41
4 佐 藤 41 1 戸 田 62
7 本 間 40 5 中 筋 61
9 内 藤 40 7 小笠原 51
5 秋 山 40 4 小川錦 42
3 森 﨑 41 9 小川豊 41
振四犠盗    36 5  振 四 犠盗  4210
6000           10 1238



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE
PAGETOP
Copyright © 福岡の高校野球 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.