福岡県の高校野球記録、大会情報、観戦記、球場案内など
新着記事
  • HOME »
  • 新着記事 »
  • 秋季大会

秋季大会

筑陽学園は小林西、九国大付は日章学園と対戦~九州大会

 10月20日(土)に熊本県で開幕する第143回九州地区高校野球大会の組み合わせ抽選が11日に行われ、福岡1位の筑陽学園は21日(日)に小林西(宮崎2位)と、福岡2位の九州国際大付は20日(土)に日章学園(宮崎1位)と対 …

【観戦記】筑陽学園8-1真颯館(秋季大会準決勝)

 序盤に真颯館・武内を攻略した筑陽学園が、投げては先発の西館が被安打5の好投を見せて快勝した。  筑陽学園は初回一死後、2番福島の四球と弥冨のセンター前に落ちる二塁打で一死二、三塁とし、4番江原の左中間三塁打で2点を先制 …

【観戦記】九州国際大付5-1小倉工(秋季大会準決勝)

 終盤に底力を発揮した九州国際大付が小倉工に逆転勝ち、決勝進出と九州大会への出場を決めた。  7回まで小倉工先発・樋口の前に3安打に抑えられてきた九州国際大付は1点を追う8回、先頭の2番井上が右前打で出塁。続く中川壱も中 …

秋季大会最終日~筑陽学園が秋の福岡を制する

 第143回九州地区高校野球福岡大会は最終日の8日(日)、決勝と3位決定戦が行われ、筑陽学園が九州国際大付を破って優勝を飾りました。決勝の前に行われた3位決定戦は真颯館が6回コールドで小倉工を破りました。  春・秋におけ …

秋季大会第13日~九州国際大付と筑陽学園が九州大会へ

 2週連続の台風による影響で1日順延となった第143回九州地区高校野球福岡大会は7日(日)に準決勝2試合が行われ、九州国際大付と筑陽学園が決勝進出を決めました。両校は10月20日(土)に熊本県で開幕する九州大会に出場しま …

【観戦記】九州国際大付2-1西日本短大附(秋季大会準々決勝)

 九州国際大付・下村、西日本短大附・山下の両先発による本格投手戦が展開されたが、数少ないチャンスをものにした九州国際大付が競り勝った。  九州国際大付は初回二死後、3番中川壱が右前打で出塁すると、続く葛城の右中間を破る二 …

【観戦記】小倉工4-3九産大九産(秋季大会準々決勝)

 土壇場で2点差を追いついた小倉工が延長10回に勝ち越し、その裏の九産大九産の追撃を振り切った。  2点を追う小倉工は9回、先頭の4番久木田が四球で出ると、高橋もショート後方に落とすヒットで無死一、二塁。続く常軒が中前打 …

秋季大会第12日~小倉工・九国大付・真颯館・筑陽学園が4強

 第143回九州地区高校野球福岡大会は2日(火)に準々決勝4試合が行われ、小倉工、九州国際大付、真颯館、筑陽学園の4校が準決勝進出を決めました。  北九州市民球場の第一試合は、九産大九産と小倉工のノーシード対決となりまし …

準々決勝4試合は10/2(火)に順延~秋季大会

 29日(土)・30日(日)に予定されていた第143回九州地区高校野球福岡大会の準々決勝は、雨天および台風のため順延となりました。これにより準々決勝は、10月2日(火)に北九州市民球場と光陵グリーンスタジアムで2試合ずつ …

【観戦記】筑陽学園3-0筑紫台(秋季大会パート決勝)

 筑陽学園の西が筑紫台打線を5安打に抑えて完封、県大会最後の切符を獲得した。  筑陽学園は3回、8番石川がライト左への二塁打で出ると、西が送って一死三塁とし、1番中村がライト前に落として先制した。4回には4番江原が右前打 …

Page 1 / 2212»

sponsor links

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

カテゴリー

sponsor links