福岡県の高校野球記録、大会情報、観戦記、球場案内など
新着記事
  • HOME »
  • 新着記事 »
  • 未分類

未分類

2019春季大会展望⑤南Cパート~投手力高い福工大城東が中心

 南部Cパートは、昨秋ベスト8の福工大城東が中心です。  昨秋の福工大城東は、昨夏南福岡大会4強の福岡大大濠を含む4試合連続完封勝利。パート決勝の福岡第一戦でも6回まで無失点で、32イニングス連続無失点という記録を残しま …

アクセスランキングで振り返る2018年「福岡の高校野球」

 2018年もいよいよ最終日となりました。今年は昨年とほぼ同じ県内の公式戦53試合を観戦し、すべての試合で観戦記を残すことができました。11、12月と少し息切れして「来年活躍が期待される選手」をまとめきれませんでしたが、 …

センバツ21世紀枠、県推薦校に鞍手を選出

 福岡県高校野球連盟は12日、来春開幕する第91回選抜高校野球大会の「21世紀枠」県推薦校として、鞍手を選出したと発表しました(13日付朝日新聞ほか)。鞍手が県の推薦校となるのは初。甲子園、九州大会とも出場実績のない同校 …

9日から明治神宮大会、筑陽学園の初戦は桐蔭学園(関東・神奈川)

 九州地区代表として、筑陽学園が出場する第49回明治神宮野球大会(11月9日開幕)の出場校が4日、出揃いました。筑陽学園は県勢としては2年前の福岡大大濠以来の明治神宮大会出場となります。この大会の優勝校の所属する地区には …

今日プロ野球ドラフト会議、福岡からは5人が志望届

 九州大会の熱戦が続いていますが、今日25日(木)は2018年プロ野球ドラフト会議が行われます。福岡の高校生では大畑功士郎(筑陽学園)、小江光樹(朝倉)、松井義弥(折尾愛真)、上村晟翔(福工大城東)、中村宜聖(西日本短大 …

センバツを賭けた秋の九州大会、今日開幕

 10月20日(土)、第143回九州地区高校野球大会が熊本県で開幕します。開幕直前になりましたが、今年の九州大会を福岡勢を中心に簡単に展望したいと思います。  まずは恒例の県別比較。各県のレベルを検証する材料の一つとして …

秋季大会第2日~真颯館・九国大付など初戦突破、福岡・沖学園は敗退

 第143回九州地区高校野球福岡大会は26日、北部8試合と南部12試合の2回戦20試合が行われました。北部では北九州地区新人大会を制した真颯館や今春の九州大会優勝校の九州国際大付などが初戦を突破しましたが、南部ではシード …

秋季大会第1日~東筑、城東など初戦突破、東海大福岡は敗れる

 第141回九州地区高校野球福岡大会が26日に開幕、南部の6試合が雨のため順延となりましたが、北部9試合と南部6試合が行われました。夏の甲子園出場校の東筑、シード・福工大城東などは勝ち上がりましたが、今春センバツ出場の東 …

選手権大会第6日~飯塚が逆転サヨナラ、シード5校が順当勝ち

 6日目を迎えた第99回全国高校野球選手権福岡大会は15日、北部で3回戦6試合、南部で3回戦6試合が行われ、12校がパート決勝に当たる4回戦進出を決めました。  北部では、北九州市民球場の第1試合でシード・飯塚が折尾と対 …

sponsor links

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

カテゴリー

sponsor links