福岡県の高校野球記録、大会情報、観戦記、球場案内など
新着記事
  • HOME »
  • 新着記事 »
  • 各地区大会

各地区大会

筑後地区で西短・大牟田・柳川など8強出揃う~春季地区大会

 7日に筑後地区、14日に福岡・北九州・福岡中央で始まった春の地区大会は、ここまで計65試合が行われ、筑後地区では早くもベスト8が出揃いました。夏の大会に向けてシードポイントが加算される最後の公式戦となり、各地区とも最後 …

7日から春季地区大会

 春季大会は小倉の優勝で閉幕し、21日(土)からは九州大会が開催されますが、県内では福岡・筑後・北九州・福岡中央の各地区大会が7日(土)の筑後地区を皮切りに始まります。今年の選手権大会は北福岡、南福岡に分かれてのトーナメ …

1年生大会が終了、自由ケ丘・東海大福岡・福大大濠・西短が優勝

 10月9日から各地区で行われてきた1年生大会は、11月12日に北九州地区、福岡中央地区で決勝が行われ、全日程が終了しています。ベスト4以上のチームは下記のとおりです(筑陽学園=福岡地区は九州大会出場のため不参加)。 2 …

各地区新人大会が終了、春日・久留米商・九国大付・飯塚が優勝

 8月2日から各地区で行われていた新人大会は19日に全日程を終了。福岡地区は春日、筑後地区は久留米商、北九州地区は九州国際大付、福岡中央地区は飯塚がそれぞれ優勝しました。この4校に各地区の準優勝校(北九州地区は選手権大会 …

【観戦記】真颯館7-5常磐(北九州市内大会準決勝)

 両校とも2桁安打を放つ打撃戦となったが、7回に再逆転した真颯館が逃げ切った。  1点を追う真颯館は7回一死後、9番森田が中前打で出ると、続く和知の中前打にセンターの失策が絡み二、三塁とし、桜田が中前に落ちる2点適時打を …

【観戦記】戸畑工11-10小倉工(北九州市内大会準決勝)

 最大7点のリードを許しながら追いついた戸畑工が、9回サヨナラ勝ちで小倉工を破って決勝進出を決めた。  同点で迎えた9回裏、戸畑工は先頭の山本が死球で出ると、続く矢狹は遊ゴロで二塁封殺されたが、中山が左中間を破る二塁打を …

【観戦記】常磐11-9八幡(北九州市内大会2回戦)

 激しい点の取り合いとなったが、6・7回に8安打を集めて8得点をあげた常磐が八幡に打ち勝った。  初回に3点を失った常磐は2回、阿部が四球で出ると櫻木が送り、逸見の右前打で一死一、三塁とし、末廣の中犠飛で1点を返した。4 …

福島(筑後),真颯館(北九州),飯塚(福岡中央)がV~春季地区大会最終日

 春季地区大会の最終日となった30日は、筑後・北九州・福岡中央の3地区で決勝が行われ、筑後地区は福島、北九州地区は真颯館、福岡中央地区は飯塚が優勝しました。これで夏の大会を前にすべての公式戦が終了し、夏の大会のシードポイ …

福岡地区は筑陽学園がV、北九州は戸畑工×真颯館~春季地区大会第7日

 最終週を迎えた春季地区大会は29日、福岡地区で決勝、筑後・北九州・福岡中央の3地区で準決勝が行われました。福岡地区では筑陽学園が福工大城東を破って優勝、福岡地区では昨年8月の新人大会に続く優勝となりました。残る3地区で …

【観戦記】小倉1-0門司大翔館(北九州市内大会2回戦)

 小倉が2回に挙げた1点を3投手の継投で守り切った。  小倉は2回、この回先頭の4番豊田が中前打で出ると、本田が送って一死二塁とし、6番大谷の三塁線を破る二塁打で先制した。さらに白川のショート前の弱いゴロが内野安打(二塁 …

Page 1 / 512»

sponsor links

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ

カテゴリー

sponsor links