福岡県の高校野球記録、大会情報、観戦記、球場案内など
新着記事
  • HOME »
  • 新着記事 »
  • その他

その他

アクセスランキングで振り返る2017年「福岡の高校野球」

 2017年もいよいよ最終日となりました。今年は54試合を観戦し、すべての試合で観戦記を残すことができました。記事を書く時間を考えると、年間50試合前後の記事アップが限界かなと思いますが、来年もできるだけ多くの観戦記を記 …

2017年に誕生した福岡の高校出身のプロ野球選手

 プロ野球界では、各球団で新人選手入団発表を終えました。今年度、福岡県の高校を経てプロの世界へ羽ばたいた選手たちをまとめておきたいと思います。  高校生は昨年、梅野雄吾(九産大九産→ヤクルト)、濱地真澄(福岡大大濠→阪神 …

来年の展望と注目選手~南部編②

 筑陽学園、東福岡の2校を追うのは、秋季大会ベスト8の福工大城東、春日のほか、筑後地区新人大会優勝の久留米商、準優勝の大牟田、今春センバツ出場校の福岡大大濠、春季大会優勝の九産大九州などですが、いずれも力の差のない混戦模 …

来年の展望と注目選手~南部編①

 2010年の西日本短大附以来、夏の甲子園から遠ざかっている南部勢ですが、来年夏は「南福岡」としての出場枠が確保されています。ただ、昨年の福岡大大濠のような抜きん出たチームは見当たらず混戦模様です。  秋季大会では、北部 …

来年の展望と注目選手~北部編③

 東筑、小倉の2校を追うのは九州国際大付、真颯館だけではありません。選手層の厚い飯塚や投手力の高い東筑紫学園なども、逆転を狙える位置にいます。 ◆飯塚(新人大会=福岡中央地区優勝/秋季大会=4回戦敗退)  夏の大会では、 …

来年の展望と注目選手~北部編②

 北部の2回目は東筑、小倉を追う私立勢の展望です。新人大会の北九州地区で優勝し、秋季大会でもベスト8に進出した九州国際大付、パート決勝で小倉に競り負けた真颯館がその筆頭格と言えそうです。両校とも素質ある選手が揃っています …

来年の展望と注目選手~北部編①

 2017年の福岡の高校野球はすべての公式戦を終了しました。今年は福岡大大濠と東海大福岡がセンバツにダブル出場し、いずれもベスト8進出という県勢初の快挙を成し遂げました。夏は東筑が21年ぶりの出場。甲子園では初戦で敗れま …

センバツ21世紀枠、九州地区推薦校の行方を展望する

 来春開幕する第90回選抜高校野球大会の「21世紀枠」の九州各県推薦校が出揃いました。このあと、12月15日に九州地区推薦校が選出され、来年1月26日のセンバツ選考委員会で全国9地区の推薦校から3校が選ばれます。福岡の県 …

センバツ21世紀枠、県推薦校に小倉を選出

 福岡県高校野球連盟は10日、来春開幕する第90回選抜高校野球大会の「21世紀枠」県推薦校として、小倉を選出したと発表しました(11日付朝日新聞ほか)。小倉が県の推薦校となるのは2年前に続き3度目となります。九州地区の各 …

高木(真颯館)は西武が育成1位で指名~2017ドラフト

 2017年ドラフト会議が27日に行われ、福岡県の高校生として唯一、プロ志望届を提出していた真颯館の高木渉外野手は、西武の育成1位で指名されました。西武は秋山翔吾、源田壮亮、金子侑司、外崎修汰など俊足巧打の野手が活躍して …

Page 1 / 712»

sponsor links

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

カテゴリー

sponsor links