【観戦記】八幡南7-0星琳(北九州市内大会決勝)

 八幡南が全員安打の猛攻を見せ、投げては先発・武内が星琳打線を完封して快勝した。
 初回八幡南は先頭の宮田が遊内野安打で出ると、日永がバントの構えから強打して三遊間を破り無死一、二塁。小池は一ゴロ併殺打に倒れたが、4番中村の中前打で宮田が生還。なおも盗塁、四球で二死一、二塁から直理の左前打で中村が還ってこの回2点を先制した。2回には右前打で出た8番山口を武内が送り一死二塁。宮田投ゴロのあと、日永の右前打と二盗で二死二、三塁とし、3番小池の中前打で2点を追加した。
 3~5回は星琳の2番手・原田から得点圏に走者を進めながら得点できなかったが、6回先頭の宮田が中前打で出ると日永の犠打と小池のニゴロで二死三塁とし、中村の中越え三塁打で1点を加えた。8回は9番武内が中前に落とすと、宮田の三塁前バントが内野安打となって無死一、二塁。日永が送り、小池右飛のあと、中村がこの日3本目の適時打を左越えに運び2点を奪って試合を決めた。

 星琳は初回一死から原田が四球で出ると、井手が中前に落として一、二塁としたが、後続が凡退。2回には二死から8番古川が四球を選ぶと代走・萩本が二盗を決めたが、平井が三振に倒れた。8回は2番原田の二塁内野安打、井手の投手強襲安打で無死一、二塁としたが石松がニゴロ併殺打。毎回のように走者を出しながら打線がつながらず、完封負けを喫した。


 八幡南が走攻守にわたって持ち味を発揮し、春の北九州地区の頂点に立った。
 まず攻撃面では序盤、積極的な仕掛けが目に留まった。初回宮田を一塁に置いて2番日永は1-0からの2球目、バントの構えから強打、三遊間を破ってチャンスを広げた。4回にも9番武内が粘った末に四球で出た直後の初球、1番宮田がバスターでやはり三遊間を破った。無死一塁の場面では平凡に送ってくるケースもあり、攻撃の多彩さが印象に残った。1・2回は一走が果敢に二盗を試みいずれも成功、ワンヒットで本塁に還ってくるなど足を使った攻撃も冴えた。
 打撃では古川のスライダーを逆らわずにセンターから右に打ち返した。2回までの7安打のうち5本が逆方向のもの。全員安打の打線にあって4番中村はどちらかといえば小柄な2年生だが中越え、左越えの長打を含む3安打4打点の活躍。1番宮田も内野安打2本を含む4安打でチャンスメイクの役割を果たした。
 投げては大型左腕の武内が星琳打線の前に立ちはだかった。直球は125キロ前後だが、低めによく決まった。しかも長身から投げおろす形になるため、打席では上から突き刺さるように膝元に球が来るように見えるのではないか。これに100キロ前後のチェンジアップでタイミングを外してくる。7安打を許し4つの四球を与えたが要所を抑え、準決勝で九州国際大付から9点を奪った星琳打線を完封した。
 守備でも好守が目立った。初回二死一、二塁で5番藪の強烈なセンター返しをショート山口が反応よく飛びついて抑え、二塁封殺。4回はやはり藪のセンター後方を襲う飛球を宮田が背走して好捕するなど、無失策で武内を盛り上げた。

 星琳の先発古川は120キロ台半ばの直球とスライダーを使った投球だったが、スライダーがやや高かったか。そのスライダーを右方向へ合わされて2回までに被安打7の失点4。立ち直りのきっかけがないまま、2回の攻撃で代走を送られ早々と降板した。
 3回からはセンターの原田がマウンドに登った。左腕から繰り出す直球は130キロを超え(この日最速133キロ)、スライダーにチェンジアップも交えてくるが、3~6回まで毎回のように安打を許す苦しい投球。それでも6回の1点だけに抑えて試合を作った。
 星琳打線は7安打を放ったが単発に終わり、3つの併殺打もあって得点に結びつなげられなかった。その7安打のうち4本が内野安打、1本がポテンヒットでクリーンヒットと呼べるものは2本だけ。毎回のように走者を出したが、得点の気配は乏しかった。打線の中では無安打に終わった5番藪がよく振れていたが、初回のセンターに抜けようかという当たりはショート山口、4回は中堅後方の大きな当たりは宮田に好捕されるなど、八幡南の堅い守りに阻まれた。


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*