2018年に誕生した福岡の高校出身のプロ野球選手


 プロ野球界では、各球団で新人選手入団発表を終えました。2018年、福岡県の高校を経てプロの世界へ羽ばたいた選手たちをまとめておきたいと思います。

 高校生では、今夏の甲子園に出場した折尾愛真の主砲・松井義弥内野手が巨人5位で指名。ソフトバンクの育成4位では西日本短大附の中村宜聖内野手も指名されています。
 大学や社会人からは5人の投手が指名を受けました。甲子園未経験ながら、県内高校出身者で今年最上位(2位)で指名されたのは島内颯太郎投手(光陵→九州共立大)。セ・リーグ4連覇を狙う広島の即戦力としての活躍が期待されます。甲子園経験者では富山凌雅投手(九州国際大付→トヨタ自動車)、久保拓真投手(自由ケ丘→九州共立大)の両左腕もそれぞれオリックス、ヤクルトから指名を受けました。育成指名の東野葵投手(福岡第一→日本経済大)、松本友内野手(東福岡→明治学院大→福井ミラクルエレファンツ)は、まずは支配下登録を目指します。

<高校>
 ◆松井義弥(折尾愛真/内野手/右投左打)巨人5位・背番号「65」
 ◆中村宜聖(西日本短大附/内野手/右投右打)ソフトバンク育成4位・背番号「142」
<大学>
 ◆島内颯太郎(光陵→九州共立大/投手/右投右打)広島2位・背番号「43」
 ◆久保拓真(自由ケ丘→九州共立大/投手/左投左打)ヤクルト7位・背番号「61」
 ◆東野葵(福岡第一→日本経済大/投手/左投左打)西部育成1位・背番号「125」

<社会人>

 ◆富山凌雅(九州国際大付→トヨタ自動車/投手/右投右打)オリックス4位・背番号「28」
<独立リーグ>
 ◆松本友(東福岡→明治学院大→福井ミラクルエレファンツ/内野手/右投左打)ヤクルト育成2位・背番号「117」

 なお、主な大学推薦合格者は以下の通りとなっています(各スポーツ紙より抜粋)。
【法大】石田旭昇(東筑・投)村上喬一郎(東福岡・捕)樺嶋竜太郎(福岡大大濠・外)【亜細亜大】鬼塚柊(北筑・投)重松凱人(戸畑・外)【東洋大】金光雄紀(東福岡・投)【日体大】稲本侑星(福岡大大濠・内)中村航晟(筑陽学園・内)
—-

 これまで本ブログでプロ入団を紹介してきた、福岡の高校出身の選手たち(2014年以降)の今季の成績も、振り返っておきたいと思います。
 昨年入団した投手では、谷川昌希投手(阪神=筑陽学園)が1軍で先発デビューを果たし6月には中継ぎで初勝利もあげました。寺岡寛治投手(楽天=東海大五)、井手亮太郎投手(楽天育成=九産大九州)は1軍出場がありませんでした。野手では高木渉外野手(西武育成=真颯館)がファームで6本塁打を放つなど活躍、支配下選手登録を勝ち取りました。
 2014年~17年入団の選手では、2年目の梅野雄吾投手(ヤクルト=九産大九産)がプロ初勝利を含む3勝を挙げ、小野泰己投手(楽天=折尾愛真)も7勝と活躍。前年11勝の今永昇太投手(DeNA=北筑)は4勝に終わりました。今季からDeNAから移籍した尾仲祐哉投手(阪神=高稜)、小野郁投手(楽天=西短大附)は1軍で登板したものの未勝利に終わっています。
 野手では田中和基外野手(楽天=西南学院)がシーズン途中から1番センターに定着。規定打席に到達し新人賞を獲得する活躍を見せました。清水優心捕手(日本ハム=九国大付)は前年を上回る86試合でマスクを被り、本塁打も7本放ちました
大村捕手(ヤクルト=東筑)も1軍出場を果たし初安打を放っています。
 その他の選手は一軍出場がなく、オフには古澤勝吾内野手(ソフトバンク=九州国際大付)のほか、児玉龍也投手(ソフトバンク=九州国際大付)、福地元春投手(DeNA=自由ケ丘)、山本武白志内野手(DeNA=九州国際大付)が戦力外通告を受けました(古澤内野手は育成選手として契約)。

■投手
◇谷川昌希【阪神】(筑陽学園)2018年5位
〔2018〕試合数=7/投球回数=12_2/3/勝敗=11敗/防御率7.82

◇寺岡寛治【楽天】(東海大五)2018年7位
〔2018〕1軍登板なし(2軍:試合数=30/投球回数=39.1/3/勝敗=3勝2敗/防御率3.89)

◇井手亮太郎【楽天】(九産大九州)2018年育成1位
〔2018〕1軍登板なし(2軍:登板なし)

◇梅野雄吾【ヤクルト】(九産大九産)2016年3位
〔2018〕試合数=29/投球回数=26_2/3/勝敗=32敗/防御率7.09
〔2017〕試合数=2/投球回数=8/勝敗=0勝1敗/防御率6.75


◇小野泰己【阪神】(折尾愛真→富士大)2016年2位
〔2018〕試合数=23/投球回数=126.1/3/勝敗=77敗/防御率4.77
〔2017〕試合数=15/投球回数=78.2/勝敗=27敗/防御率4.35

◇濱地真澄【阪神】(福岡大大濠)2016年4位
〔2018〕1軍登板なし(2軍:試合数=9/投球回数=27/勝敗=3勝1敗1S/防御率1.00)
〔2017〕1軍登板なし(2軍:試合数=6/投球回数=12/勝敗=1勝1敗/防御率6.00)

◇尾仲祐哉【阪神】(高稜→広島経済大)2016年6位
〔2018〕試合数=12/投球回数=11.2/3/勝敗=0勝1敗/防御率3.86
〔2017(DeNA)〕試合数=11/投球回数=19.1/3/勝敗=11敗/防御率6.52

◇張奕【オリックス】(福岡第一→日本経済大)2016年育成1位
〔2018〕1軍登板なし(2軍:試合数=5/投球回数=5/勝敗=0勝0敗/防御率0.00)※シーズン途中で投手に転向
〔2017〕1軍出場なし(2軍:試合数=59/打率.091/本塁打=0)

◇今永昇太【DeNA】(北筑→駒大)2015年1位
〔2018〕試合数=23/投球回数=84.2/3/勝敗=411敗/防御率6.80
〔2017〕試合数=24/投球回数=148/勝敗=117敗/防御率2.98

〔2016〕試合数=22/投球回数=135.1/3/勝敗=89敗/防御率2.93

◇児玉龍也【ソフトバンク】(九州国際大付→神奈川大)2015年育成2位 戦力外通告
〔2018〕1軍登板なし(2軍:試合数=1/投球回数=1/勝敗=0勝0敗/防御率9.00)
〔2017〕1軍登板なし(2軍:試合数=18/投球回数=16/勝敗=0勝0敗/防御率5.63)
〔2016〕1軍登板なし(3軍:試合数=25/投球回数=25.1/3/勝敗=1勝1敗/防御率4.26)

渡辺健史【ソフトバンク】(飯塚)2015年育成5位
〔2018〕1軍登板なし(2軍:試合=43/投球回数=41.2/3/勝敗=3勝1敗/防御率2.30)
〔2017〕1軍登板なし(3軍:試合数=41/投球回数=66.1/3/勝敗=1勝2敗1S/防御率4.21)
〔2016〕1軍登板なし(3軍:試合数=14/投球回数=14.1/3/勝敗=1勝1敗/防御率5.65)

◇福地元春【DeNA】(自由ケ丘→九共大→三菱日立パワーシステムズ横浜)2014年4位 戦力外通告
〔2018〕1軍登板なし(2軍:試合数=38/投球回数=35.2/3/勝敗=0勝1敗/防御率3.53)
〔2017〕1軍登板なし(2軍:試合数=30/投球回数=29/勝敗=0勝1敗2S/防御率3.41)

〔2016〕試合数=6/投球回数=6.2/3/勝敗=0勝1敗/防御率12.15
〔2015〕試合数=13/投球回数=15.2/3/勝敗=0勝0敗/防御率2.87

◇小野 郁【楽天】(西日本短大附)2014年2位
〔2018〕試合数=9/投球回数=10.1/3/勝敗=0勝1敗/防御率3.48
〔2017〕試合数=2/投球回数=2/勝敗=0勝0敗/防御率9.00

〔2016〕試合数=11/投球回数=13.1/3/勝敗=0勝0敗/防御率8.78
〔2015〕試合数=4/投球回数=5/勝敗=0勝0敗/防御率14.40

■野手
◇高木渉【西武】(真颯館)2017年育成1位 →支配下登録
〔2018〕1軍出場なし(2軍:試合数=75/打率.278/本塁打=6)

◇田中和基【楽天】(西南学院→立教大)2016年3位
〔2018〕試合数=105/打席=465/打率.265/本塁打=18
〔2017〕試合数=51/打席=51/打率.111/本塁打=1

大村孟【ヤクルト】(東筑→福教大→九州三菱自動車→石川)2016年育成1位 →支配下登録
〔2018〕試合数=9/打席=10/打率.125/本塁打=0
〔2017〕1軍出場なし(2軍:試合数=99/打率.268/本塁打=5)

◇山本武白志【DeNA】(九州国際大付)2015年育成2位 戦力外通告(現役引退)
〔2018〕1軍出場なし(2軍:試合数=51/打率.213/本塁打=1)
〔2017〕1軍出場なし(2軍:試合数=31/打率.054/本塁打=0)
〔2016〕1軍出場なし(2軍:試合数=60/打率.143/本塁打=0)

◇清水優心【日本ハム】(九州国際大付)2014年2位
〔2018〕試合数=86/打席=242/打率.215/本塁打=7
〔2017〕試合数=61/打席=120/打率.198/本塁打=1

〔2016〕試合数=5/打席=8/打率.250/本塁打=0
〔2015〕試合数=1/打席=2/打率.000/本塁打=0

古澤勝吾【ソフトバンク】(九州国際大付)2014年3位 戦力外通告(育成契約へ)
〔2018〕1軍出場なし(2軍:試合数=23/打率.233/本塁打=0)
〔2017〕1軍出場なし(2軍:試合数=41/打率.120/本塁打=0)
〔2016〕1軍出場なし(2軍:試合数=64/打率.220/本塁打=0)
〔2015〕1軍出場なし(2軍:試合数=58/打率.201/本塁打=1)

◇山川晃司【ヤクルト】(福工大城東)2014年3位
〔2018〕1軍出場なし(2軍:試合数=49/打率.106/本塁打=1)

〔2017〕1軍出場なし(2軍:試合数=58/打率.149/本塁打=0)
〔2016〕1軍出場なし(2軍:試合数=65/打率.135/本塁打=0)
〔2015〕1軍出場なし(2軍:試合数=69/打率.209/本塁打=2)


Pocket
LINEで送る

2 Comments

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*