15安打を放った東筑が、7回コールドで嘉穂に快勝した。
 東筑は初回一死後、植田が中前打で出ると和久田は二飛に倒れたが、4番江藤の左中間二塁打で植田が生還し、先制した。4回は一死から5番手嶋がセンター右への二塁打で出塁し、楠田の中越え二塁打で生還。佐竹中飛の後、8番窪田のセカンド左への内野安打で一塁送球が逸れる間に楠田が還って、この回2点を追加した。
 5回は四球で出た友廣を植田が送り、和久田の右中間フェンス直撃の二塁打でまず1点。続く江藤も中前打で一死一、三塁。打者手嶋の時に江藤がディレードスチールを仕掛け、一・二塁間に挟まれる間に和久田が本塁を突いたがタッチアウトで二死二塁となったが、手嶋の右前打で江藤が生還。さらに楠田、佐竹の左前打で満塁とし、窪田の中前打で2者が生還、この回4点を奪った。6回はこの回からマウンドに上がった三嶋から友廣が四球を選び、植田が送った後、和久田のライト右への二塁打で1点を追加。7回はこの回先頭の7番楠田が左越え本塁打を放ち、勝負を決めた。

 嘉穂は3点を追う4回、3番前田翔がセンター右への二塁打を放ち、松岡が四球で出ると北原が送って一死二、三塁。6番前田輝のセカンド左へのゴロの間に前田翔が生還し、一塁送球が逸れる間に松岡も還って1点差に迫った。続く5回も二死から2番森清が中前打、前田翔も四球を選んで一、二塁としたが松岡がニゴロ。7回は二死から登板した東筑の2番手・長野から黒木、森清が連続四球で出たが前田翔が遊ゴロに倒れ、反撃できなかった。

※選手名に関しては場内アナウンスのみでの確認のため、誤りがありましたらご指摘いただけると幸いです

————————————————–

 東筑は今春センバツを経験した和久田、江藤、手嶋で組んだ中軸3人が2安打ずつ放って4打点と活躍。さらに6番楠田が本塁打を含む3安打と大暴れしたほか、8番窪田も猛打賞を記録するなど、15安打を放って圧倒した。ファーストストライクから積極的に振ってくる思い切りの良さは新チームにも引き継がれており、5回は6連打と畳みかけた。新チームも力強い打線が特徴と言えそうだ。
 先発は右サイドハンドの田口。ノーワインドアップから始動し、テイクバックに移るあたりの投球フォームは、前チームのエース・石田を彷彿とさせる。球威は石田ほどないものの、右打者の外角低めへにフワッと落ちてくるスライダーが効果的だった。内角にややシュート気味に沈んでくるのは石田譲りのツーシームか。4回に2点を失ったものの、大きく崩れることもなく7回二死まで4安打2四球でまとめた。

 嘉穂の先発は背番号10の原野。スリークォーターからスライダーを武器にコーナーを丁寧につき、3回までは1失点で踏ん張ったが、4回・5回はやや甘く入ったところを東筑打線につかまった。
 打線は東筑・田口の直球、スライダーをセンターから右にはじき返して4安打を放ったが、得点は相手失策も絡んだ4回の2点のみ。打ち崩すところまでは至らなかった。