第100回全国高校野球選手権記念大会6日目の10日(金)、第2試合で日大三(西東京)と対戦した北福岡代表の折尾愛真は3-16で敗れ、甲子園初勝利はなりませんでした。

<試合経過>
 折尾愛真投手陣の乱調に付け込んだ日大三が効果的に得点を加えて大勝した。
 日大三は初回一死後、3連続四死球で満塁とし中村が押し出し四球を選んで同点。なおも一死満塁から6番佐藤(コ)が中前打を放って2者が還って勝ち越すと、上野もレフト右を破る三塁打で2点を追加した。ここで折尾愛真は下柳が登板したが、8番柳沢も中前打を放ち上野が生還。さらに佐藤(英)が右前打で続き、金子三直のあと木代四球で二死満塁とし、日置の三塁強襲安打で1点を加え7-1と大きくリードした。
 2回は5番中村がレフト左を破る二塁打で出塁すると、佐藤(コ)死球のあと上野が送って一死二、三塁とし、柳沢の二ゴロの間に中村が生還した。3回にも木代がレフト左への二塁打で出ると日置四球のあと、大塚の投手左へのゴロ(記録は内野安打)を下柳が一塁悪送球し木代が生還。なおも無死二、三塁から中村遊飛の後、佐藤(コ)の左犠飛で1点を追加。さらに二死二塁から上野の中前打でこの回3点を加えた。
 5回は大塚、中村が連続四球で無死一、二塁。折尾愛真は3番手野元が登板し、佐藤(コ)は三振に倒れたが、上野が左越え二塁打を放って大塚が生還。なおも一死二、三塁から河村三ゴロのあと打者佐藤(英)の時に暴投で1点を加えた。7回は大塚の左越え本塁打でまず1点。ここで折尾愛真は4番手斉藤が登板、中村二飛に倒れたが、代打飯村、上野が連続四球を選び、河村の中前打で飯村が生還した。さらに5番手堀田から佐藤(英)中飛のあと、金子の右前打でこの回3点を追加した。
 折尾愛真は初回長野が四球を選び斉藤の一ゴロで二進。松井右前打で一死一、三塁から4番上地の左犠飛で先制した。8回は9番田島が遊内野安打で出ると長野のニゴロで一死二塁。ここで斉藤が左越えに本塁打を放って2点を返した。しかし序盤の失点が大きく、自慢の打線も5安打に抑えられて反撃の機運が作れなかった。

———————————————————-

 折尾愛真にとっては、投打にわたって力の差を見せつけられた一戦となった。
 投手陣は被安打15はやむを得ないにしても、被安打を上回る16個の四死球に6つの暴投を与えては、勝負にならなかった。
 先発小野は一死から4連続四死球で1点を献上。小野は北福岡大会決勝の飯塚戦でも、2回途中までに5つの四死球を与えて降板している。この時は幸いにも失点はゼロだったが、日大三は与えられた好機を逃さなかった。同点に追い付いた後、佐藤(コ)が叩きつけてセンター前に転がし、上野はレフトの右を破る三塁打で5点を奪って主導権を握る。折尾愛真は早くも下柳を投入するが、勢いを止められず3安打を浴びて2失点で1-7。ここで抑えていればまだ反撃の楽しみもあったが、2回、3回と下柳が立ち直れずに1-11となり、その機運も潰えてしまう。折尾愛真としては小野、下柳の2本柱で5回までせめて5点程度に抑えたかったが、その目論見も早々に崩れてしまった。
 打線は初回、幸先よく先制
。3番松井の痛烈な右前打、上地の左犠飛に球場が沸き、雰囲気も良かったが、2回以降は打線も沈黙。失点に関係なく思い切りのよい打撃に期待したが、大量失点を追いかけようと各打者に力みも感じられ、チャンスらしいチャンスも作れなかった。北福岡大会では本塁打で打線に勢いをつけて勝ち上がってきたが、3本塁打の長野、6本塁打の野元が沈黙。伸び伸びとフルスイングをしていた北福岡大会の打撃ができなかった。日大三の投手陣も予想以上に良かった。特に5回から登板した河村には8個の三振を奪われて、2安打に封じられた。

 厳しい試合展開の中で、それでも救いだったのは8回の2番斉藤のレフトスタンドへの一発。出場校トップの10本塁打という記録をひっさげて乗り込んできた折尾愛真の面目躍如の一発だった。秋からはこの斉藤が新チームをけん引することになるだろう。
 甲子園に「折尾」の地名を刻んだ折尾愛真の夏が終わった。長野、松井、野元といったパワーヒッターを揃え、福岡に「打撃の時代」の本格的な到来を告げた折尾愛真に、次はどのような強打者が生まれるのか注目したい。