中盤以降、打線が爆発した小倉工が戸畑との打撃戦を制した。
 2点を先制された小倉工は3回、9番久多良木が中前打で出ると、1番木村がヒットエンド・ランを決め(中前打)無死一、三塁とし、続く松本の三ゴロの間に1点を返した。4回は一死から7番内田が遊ゴロ悪送球で出塁すると、続く樋口の投前バントが一塁悪送球を誘い、送球がファールグラウンドを転々とする間に一塁から内田が一気に本塁を突いて同点とした。5回は一死後、4番久木田が左前打、続く田中もセンター右へのヒットで一、三塁とし、牧嶋がライト前に落として勝ち越し。ここで登板した2番手の奥村から内田が右前打で田中が還り、樋口四球で一死満塁。ここから久多良木の左前打、木村の中前打、松本の左犠飛で3点を加え、この回5点を奪ってリードを広げた。
 2点を返された直後の6回にも久木田が中前打、田中四球、牧嶋の犠打で一死二、三塁とし、内田の遊ゴロで三走が本塁突入、捕手の落球を誘い生還。なおも二、三塁から8番藤本の右犠飛でこの回2点を挙げて突き放した。7回は二死から3番吉川の右前打、続く本木の時にこの試合3本目のヒットエンド・ラン(中前打)が決まり一、三塁とし、打者・田中の時に暴投で吉川が生還。田中の左前打で本木も還ったあと、代打宮浦四球、内田右前打で二死満塁とし、最後は藤本が左越え安打を放ってコールド勝ちを決めた。
 先制したのは戸畑。2回一死後、6番高場が中前打、続く石橋潤は遊ゴロで併殺と思われたが二塁でボールを受けたセカンドが落球。平田遊ゴロ(二塁封殺)のあと、盗塁を決めて二死二、三塁から9番森が左翼線二塁打を放って2点を先制した。5点差を追う6回は、この回から登板した2番手の藤本から石橋潤が遊ゴロ失で出塁。平田二ゴロで二進し、奥村三振、重松死球で二死一、二塁とすると、2番吉中がセンター右を破る二塁打で2点を返した。7回も4番恒成の左越え三塁打のあと、中野が中前打を放って1点を返すなど追いすがったが、投手陣が小倉工打線を抑えきれなかった。

▼3回戦(15日・北九州)
戸 畑 020 002 1=5
小倉工 001 152 3=12 (7回コールド)

————————————————–
 打線好調の両校が激しく打ち合う打撃戦となったが、機動力を絡めた攻撃を見せた小倉工打線の力が上回った。
 小倉工は4回までは3安打だったが、アウトになった打球も芯で捕らえたものや相手の好守に阻まれたものも多く、爆発の予兆は序盤から見られた。それが5回以降の猛攻につなり、5回は四球を挟んで6連打、7回も四球を挟んで5連打と集中打で一気に勝負を決めた。15本のヒットは全て単打だったが、ヒットエンド・ランを三度全て成功させるなど足を使ってチャンスを広げ、そのチャンスを確実にものにした。上位から下位までコンパクトに振りぬき、鋭い当たりが内野の間を抜けていった。
 先発は2回戦の八幡戦で4安打完投した左の軟投派・樋口。投球間隔が短く、直球とカーブでポンポンとストライクを取ってくる。5回を投げて被安打6、与四死球3で2点で抑え、先発の役割は果たした。2番手のエース藤本は直球が高めに浮くなど制球に苦しみ6、7回と失点。ただ、カーブの制球が良かったことで四球はゼロ、大量失点は免れた。

 戸畑も4回を除いて毎回のようにヒットを放つなど、打撃では小倉工に負けていないかった。9安打のうち長打も4本あり、中盤に大きくリードを広げられても食らいつく粘りも見せた。
 ただ、細かなミスも目が付いた。初回の攻撃では一死二塁から沖田の右前打で二塁走者は三塁ストップ。ところが沖田が大きくオーバーランしてしまい一・二塁間で挟まれ、最後は三塁走者が本塁を突いて憤死。4回の守りでは二つの悪送球で1点をみすみす献上した。6・7回は暴投、捕逸がいずれも得点に結びつくなど追い上げムードに水を差す形になった。
 ただ、そうした中でセンター重松の守備範囲の広さが目を引いた。左中間、右中間に大きな当たりが再三飛んだが、何度も俊足を飛ばして追いつき長打を防いだ。
 1・2回戦を完投したエース奥村は疲れもあったか先発を回避し、背番号7の2年生左腕中野がマウンドへ立ったが、全体的に球が高かった。本職はレフトで5番。テイクバックをほとんど取らずに投げてくるが、本格的に投手を目指すのであれば、立派な体格を生かすためにもフォームの改良の余地はありそうで、スピードもまだ出そうだ。大型左腕ということで、今後の成長に注目したい。
 奥村は5回途中から登板したが直球は高く、スライダーでほとんどストライクが取れないなど明らかに調子は良くなかった。初戦の嘉穂戦で5回1安打完封、2回戦の田川戦でも8回まで無失点を続けた時のような投球がこの日はできなかったと思われるが、奥村もまだ2年生、新チームでの活躍が期待される。