第100回全国高校野球選手権記念大会南・北福岡大会は8日目の15日、北福岡大会で3回戦4試合、南福岡大会で4回戦4試合が行われました。北福岡大会では新たに小倉・鞍手竜徳・小倉工・飯塚、南福岡大会では東福岡・沖学園・大牟田・福岡大大濠が、それぞれ準々決勝に進出し、ベスト8が出揃いました。

【北福岡大会】北九州市民球場の第一試合は春の福岡大会優勝校の小倉に、2回戦で九州国際大付を破った若松が挑みました。小倉は2回に4連打で2点を先制、3回にはスクイズで追加点を奪ってリードを広げ、エース河浦投手が若松の反撃を5安打1点に抑えて快勝しました。第二試合はシード八幡に2回戦で競り勝った小倉工と戸畑の一戦。小倉工は2点の先制を許しますが、4回に追い付くと5回に四球を挟む6連打で一気に5点を奪って逆転。戸畑も反撃に転じますが、7回に3点を奪って小倉工が7回コールド勝ちを納めました。

 筑豊緑地野球場の第一試合は、2回戦でシード光陵を破った東鷹と鞍手竜徳が対戦。序盤から点の取り合いとなりましたが、4本の本塁打を放った鞍手竜徳が8回コールド勝ち。飯塚は初回に10点を奪う猛攻を見せて嘉穂東を7回コールドで圧倒しました。

【南福岡大会】小郡市野球場では東福岡が福島と対戦。序盤、福島に3点を先制された東福岡ですが、すぐに打線が追い付き、中盤から終盤にかけて小刻みに加点して逆転勝ち。第二試合では、中盤に得点を重ねた大牟田が投げては金栗投手が完封、7回コールドでシード・福岡を破りました。
 久留米市野球場では3回戦でシード西日本短大附を破った沖学園と、春の福岡大会ベスト8の九産大九産が激突。序盤小刻みに得点を重ねる沖学園に対して九産大九産も4回に一挙4点を挙げておいつきますが、終盤に突き放した沖学園が点の取り合いを制しました。第二試合ではシード福岡大大濠が昨秋にコールドで敗れた福岡工と対戦。2点リードのまま9回を迎えた福岡大大濠ですが土壇場で福岡工に追い付かれ、試合は延長戦へ。それでも10回に9点を奪って試合を決め、粘る福岡工を振り切りました。

 16日は北福岡大会、南福岡大会でそれぞれ準々決勝各2試合が行われます。

<15日の試合結果>※赤字はシード校
【北福岡大会】
3回戦(北九州)
若松 000 001 000=1
小倉 
021 000 01X=4
3回戦(北九州)※7回コールド
戸 畑 020 002 1= 5
小倉工 001 152 3=12

3回戦(筑豊緑地)※8回コールド
鞍手竜徳 005 031 03=12
東  鷹 030 001 01= 5
3回戦(筑豊緑地)※7回コールド
飯 塚 1000 010 0=11
嘉穂東  1 00 100 0=2

【南福岡大会】
4回戦(小郡)
福 島 031 000 000= 4
東福岡
 032 301 01X=10
4回戦(小郡)※7回コールド
福 岡 000 000 0=0
大牟田 000 215 X=8
4回戦(久留米)
沖 学 園 211 004 202=12
九産大九産 000 400 010=5
4回戦(久留米)※延長10回
福大大濠 122 000 010 9=15
福岡工  102 010 002 2= 8

<16日の試合予定>※赤字はシード校
【北福岡大会】
▽小郡(準々決勝)北九州ー自由ケ丘東筑紫学園折尾愛真

【南福岡大会】
▽久留米(準々決勝)筑陽学園九産大九州久留米商―香椎