7日目を迎えた第100回全国高校野球選手権記念大会南・北福岡大会は14日、北福岡大会で3回戦4試合、南福岡大会では4回戦4試合が行われました。北福岡大会では北九州・自由ケ丘・東筑紫学園・折尾愛真の4校が、南福岡大会では筑陽学園・九産大九州・久留米商・香椎の4校が、それぞれ準々決勝に進出しました。

【北福岡大会】ノーシード同士の一戦となった北九州市民球場の第一試合は、2回戦で昨夏優勝校・東筑を破った北九州が初回から得点を重ね、小倉南に7-0でコールド勝ち。第二試合はシード・東筑紫学園が北九州市立と対戦、7回を終わって7-2と優位に試合を進めていましたが8回表に一挙8点を失い逆転されてしまいます。それでもその裏に3点差を追い付くと、勢いに乗って9回サヨナラ勝ち。11-10という激しい点の取り合いを制しました。

 筑豊緑地野球場では自由ケ丘が希望が丘と対戦。2回に先発・大庭が自ら3点本塁打を放ち、4回にも大上の本塁打でリードを広げると、投げては大庭が8回1失点の力投。6-1で快勝しました。第二試合は2回戦で共に2桁得点をあげた折尾愛真と青豊が対戦。折尾愛真が2回までに3点を挙げると、青豊も5回まで毎回安打で2点を返し1点差に迫ります。それでも折尾愛真は5回、野元の3試合連続となる本塁打で加点すると長野にも一発が飛び出して突き放し、8-4で打ち勝ちました。

【南福岡大会】小郡市野球場ではシード筑陽学園が祐誠と対戦。昨秋3回戦で敗れた雪辱を期して臨んだ祐誠ですが、筑陽学園は初回に大量15点を奪う猛攻で圧倒。23-5の大差でベスト8に勝ち上がりました。第二試合の久留米商ー春日も、今春2回戦と同じカード(12-7で久留米商勝利)となりました。2回に逆転を許した久留米商ですが、3回以降毎回のように得点を挙げて12点を奪い、春日の反撃をしのいで再戦をものにしました。
 久留米市野球場の第一試合では、九産大九州の村上投手が筑紫を完封し4-0で勝利。第二試合は初戦でシード・福工大城東を破った純真と香椎が対戦。純真は2回までに4点を挙げてリードを奪いますが、香椎も小刻みに点を重ね7回に同点に追い付きます。そのまま試合は延長戦へ突入しましたが11回、香椎がサヨナラ勝ちでベスト8進出を決めました。

 15日は北福岡大会で3回戦4試合、南福岡大会では4回戦4試合が行われ、それぞれの大会でベスト8が出揃います。

<14日の試合結果>※赤字はシード校
【北福岡大会】
3回戦(北九州)※7回コールド
北九州 213 010 0=7
小倉南 
000 000 0=0
3回戦(北九州)
北九州市立 200 000 080=10
東筑紫学園 302 020 031=11

3回戦(筑豊緑地)
自由ケ丘 030 102 000=6
希望が丘 000 000 010=1
3回戦(筑豊緑地)
青  豊 001 010 200=4
折尾愛真 120 040 01X=8

【南福岡大会】
4回戦(小郡)
祐  誠  1 22 00=5
筑陽学園
 1571 0X=23
4回戦(小郡)
久留米商 101 122 311=12
春  日 040 100 030= 8
4回戦(久留米)
筑   紫 000 000 000=0
九産大九州 102 000 01X=4
4回戦(久留米)※延長11回
純真 130 000 000 00=4
香椎 000 110 200 01=5

<15日の試合予定>※赤字はシード校
【北福岡大会】
▽北九州 (3回戦)
若松―小倉/小倉工―戸畑
▽筑豊緑地(3回戦)東鷹ー鞍手竜徳/飯塚―嘉穂東

【南福岡大会】
▽小郡 (4回戦)東福岡―福島/福岡ー大牟田
▽久留米(4回戦)沖学園ー九産大九産/福岡大大濠
―福岡工