九州大会のため中断していた各地区大会が再開し、28~29日に福岡地区と筑後地区で、28~30日にかけては北九州と福岡中央地区でそれぞれ熱戦が繰り広げられました。その結果、筑後地区と福岡中央地区ではベスト4、福岡地区と北九州地区ではベスト8が出揃いました。5月の大型連休を挟み、5月12~13日に福岡中央地区で準決勝と決勝、福岡地区と北九州地区で準々決勝が行われます。 筑後地区の準決勝は5月19日(土)に予定されています

【福岡地区】28日、29日で2回戦および3回戦の15試合が行われ、ベスト8が出揃いました。2回戦では、昨秋ベスト8の福工大城東が福翔に敗れる波乱がありました。3回戦では、昨秋ベスト4の東福岡と準優勝の筑陽学園が激突。8-4で東福岡に軍配が上がりました。今春ベスト8の九産大九州は福岡第一を破り、夏のシード獲得に一歩近づきました。昨秋ベスト8の春日は、今春ベスト8の福岡との公立対決を制し、準々決勝の東福岡戦に挑みます。公立勢では修猷館も福翔を破ってベスト8へ。昨夏準優勝の福岡大大濠もシードの座を賭け、虎視眈々と頂点を狙います。


【筑後地区】優勝の行方を左右する注目の一戦となった準々決勝の大牟田ー西日本短大附は、西日本短大附が競り勝ち、準決勝へ
。2回戦で久留米商を破った柳川は祐誠にも競り勝ち、次戦は西日本短大附と激突します。準決勝のもうひと試合は、南筑ー朝倉のカードとなりました。
【北九州地区】九州大会での激戦を終えた九州国際大付、東筑、八幡、東筑紫学園が登場。九州大会で優勝した九州国際大付は豊国学園を破ると、2回戦は同じ九州大会出場校・八幡との一戦を制しベスト8入り。東筑も八幡南を下し、準々決勝では真颯館の挑戦を受けます。自由ケ丘、折尾愛真も勝ち上がり、夏のシード獲得に向けて前進しましたが、東筑紫学園は常磐に0-6で敗れ、2回戦で姿を消しました。【福岡中央地区】飯塚、東海大福岡の2強が、希望が丘、古賀竟成館をそれぞれ破ってベスト4へ名乗りをあげました。春の大会ではパート決勝で涙をのんだ光陵も直方に1点差で競り勝ち準決勝へ。育徳館は、春のパート決勝で小倉に惜敗した鞍手との接戦を制し、準決勝では飯塚に挑みます。