3本塁打の長打攻勢で大量点を挙げた八幡が、5回コールドで光陵を圧倒した。
 八幡は初回、先頭の山上が四球で出塁し、江頭の一ゴロで二塁封殺を狙った送球が逸れて一、二塁。一死後、須本四球で満塁とし、山内の押し出し四球と、山本の左前打でこの回2点を先制した。2回は9番伊東が三ゴロ失で出ると山上、江頭の連打で無死満塁。小下の三ゴロが5-4-3の併殺となる間に伊東が生還し、続く須本が左越えに2点本塁打を放ってこの回3点を追加した。3回は7番柴崎が左越えに本塁打を放ったあと、岸本が四球。ここで登板した2番手月岡から伊東が犠打を決め、一死後、江頭の左越え二塁打で岸本が還って突き放した。
 5回は一死から伊東がライト前に落ちる安打で出ると、けん制悪送球で二進。山上右前打、江頭死球で満塁とし、小下の中前打で2者が生還した。なおも一、二塁で須本がこの試合2本目となる3点本塁打を左中間スタンドに放ち、
この回5点を挙げて勝負を決めた。

 光陵は3回、8番月岡が投前にセーフティバントを決めて出塁すると、白木のバントは捕邪飛となったが、1番花田の左前打で一死一、二塁。二死後、林のセンター左へのヒットで月岡が生還、内野への返球が逸れる間に一走の花田も還り2点を返した。4回、5回も先頭打者を出したが後続が続かず、7つの四死球に4失策などで失った大量点を挽回できなかった。

————————————————–

 八幡打線が5回までに本塁打3本を含む11安打と爆発、投手の岸本を除く全員安打で快勝した。
 徹底した強攻策で、大量点につなげた。初回山上が四球で出ると、江頭は送るそぶりさえ見せず強打、一ゴロとなったが送球ミスを誘い一、二塁。続く小下も強攻、ここは二飛となったが連続四球で先制すると、山本も三遊間を破った。2回も伊東の強い当たりをサードがはじいて無死から走者を出したが、ここも送らず山上、江頭の連打で満塁とし、小北の内野ゴロ併殺打の間に1点。4番須本は左翼席最上段まで達する大きな本塁打でリードを広げた。
 3回は先頭の柴崎が初球の高め直球を叩いて左翼スタンドへ。続く岸本も四球で出ると、ようやく9番伊東がこの試合、唯一の送りバントを見せ、江頭のタイムリーにつなげた。5回は一死から四球を挟んで4連打。最後は須本が左中間スタンド中段への一発で締めた。1番山上は4打席中3回、2番江頭はすべて出塁するなど八幡自慢の1、2番コンビが打線をけん引した。
 大量点に守られて、先発の岸本もテンポよく投げた。右サイドハンドからの直球に緩いカーブが外角によく決まって、四死球はわずか1つ。いい当たりをされながらも要所を締め、バックの好守にも支えられて危なげなく投げ切った。

 光陵の先発・土井は、右上手から威力ある直球を投げ下ろしてきたが、高めに浮く球が多かった。スライダーもワンバウンドになるなど低めに外れる球が目立ち、1回は3つの四球を出して無安打で先制を許した。2回以降もボールが先行し、ストライクを取りにいった甘い球を八幡打線に捕らえられた。
 3回途中から登板した2番手の左腕・月岡も直球とスライダーで恐れずに内角を突く投球を見せるなど4つの三振を奪い、4回はテンポよく三者凡退に仕留めた。ただ、5回は走者を出してからの投球に甘さが出た。ここまで3試合でわずか1失点の投手陣だったがこの日は精彩を欠き、大量失点を許した。
 打線は初回から、岸本の球を芯で捕らえていた。特に1番花田はクリーンヒット2本、5回のセンターフライもフェンス際まで達する大きな当たりで、よく振れていた。それだけに、失策や四死球による序盤の大量失点が痛かった。