福岡県の高校野球記録、大会情報、観戦記、球場案内など
新着記事
  • HOME »
  • 新着記事 »
  • 月別アーカイブ: 2018年4月

月別アーカイブ: 2018年4月

筑後地区で西短・大牟田・柳川など8強出揃う~春季地区大会

 7日に筑後地区、14日に福岡・北九州・福岡中央で始まった春の地区大会は、ここまで計65試合が行われ、筑後地区では早くもベスト8が出揃いました。夏の大会に向けてシードポイントが加算される最後の公式戦となり、各地区とも最後 …

5月12・13日と19・20日に東海大相模・広陵を迎えて招待野球

 毎年恒例となっている福岡県高野連主催の招待野球が、5月12日(土)・13日(日)、19日(土)・20日(日)の4日間にわたり開催されます。今年の招待校は、今春センバツ4強の東海大相模(神奈川)と昨夏の選手権大会で準優勝 …

【観戦記】東筑紫学園9-8折尾愛真(春季大会パート決勝)

 8回に代打攻勢で逆転した東筑紫学園が、折尾愛真との乱戦を制した。  2点を追う東筑紫学園は8回、7番中山の代打・森が四球で出ると、華山が送り一死二塁。9番富田の代打・廣中も中前に落とし、センターから三塁への送球間に二塁 …

東筑は長崎総大付、八幡は富島と対戦…小倉は出場辞退~春の九州大会

 21日(土)から福岡県の久留米市野球場、小郡市野球場を舞台に開催される第142回九州地区高校野球大会の組み合わせが12日、決まりました。福岡県からは春の福岡大会準優勝の八幡、3位の東筑紫学園、4位の九州国際大付の3校と …

【観戦記】八幡12-2光陵(春季大会パート決勝)

 3本塁打の長打攻勢で大量点を挙げた八幡が、5回コールドで光陵を圧倒した。  八幡は初回、先頭の山上が四球で出塁し、江頭の一ゴロで二塁封殺を狙った送球が逸れて一、二塁。一死後、須本四球で満塁とし、山内の押し出し四球と、山 …

【観戦記】九州国際大付12-0嘉穂(春季大会4回戦)

 序盤打ちあぐんだ嘉穂先発・遠座投手を、中盤に一気に攻略した九州国際大付が、6回コールドで快勝した。  3回二死まで無安打に抑えられていた九州国際大付は、1番中村が初安打を右翼席に運んで先制。続く4回は、3番甲斐が右翼線 …

【観戦記】自由ケ丘5-2鞍手竜徳(春季大会4回戦)

 好機で確実に得点につなげた自由ケ丘が、継投で逃げ切った。  自由ケ丘は2回、投手強襲安打で出た4番大島を深瀬が送り、海邉の中前打と内野返球の乱れもあり一死二、三塁。大上は浅い左飛に倒れたが、8番大庭が投手足元を抜く中前 …

【観戦記】久留米商8-4香椎(春季大会パート決勝)

 四死球や相手ミスに乗じて得点を重ねた久留米商が、小屋松~古賀の継投で香椎の反撃を抑えて逃げ切った。  久留米商は2回、5番護山が左中間三塁打で出塁すると山下は三ゴロに倒れたが、7番梶原がセンター右を破る三塁打を放って先 …

7日から春季地区大会

 春季大会は小倉の優勝で閉幕し、21日(土)からは九州大会が開催されますが、県内では福岡・筑後・北九州・福岡中央の各地区大会が7日(土)の筑後地区を皮切りに始まります。今年の選手権大会は北福岡、南福岡に分かれてのトーナメ …

【観戦記】小倉7-6九州国際大付(春季大会準決勝)

 ベンチ入り選手のうち小倉が18人、九国大付が14人が出場した総力戦は、土壇場で二度追いついた小倉が延長11回サヨナラ勝ちをおさめた。  同点で迎えた11回裏、小倉は1番樵田が中前打で出ると、渡邉の三塁前送りバントの一塁 …

Page 1 / 212

sponsor links

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ

カテゴリー

sponsor links