快晴に恵まれた第142回九州地区高校野球福岡大会3日目の24日、北部で2回戦9試合、南部で2回戦8試合が行わました。昨秋準優勝のシード・筑陽学園は5回コールドで初戦を突破しています。

 北部では3球場で9試合が行われました。北九州市民球場では、1-1の同点で迎えた9回に突き放した直方が八幡中央を振り切りました。門司学園は水産を、北九州市立は玄界を、それぞれ5回コールドで下しました。光陵グリーンスタジアムでは、序盤から得点を重ねた福岡魁誠が近大福岡に快勝。北九州も一度もリードを許すことなく中間を押し切りました。星琳ー須恵の一戦は、序盤から激しく点を奪い合う展開となりましたが、地力に勝る星琳が乱戦を制しました。筑豊緑地野球場では、若松商・遠賀・行橋・筑豊の連合チームが鞍手に挑みましたが、6回コールドで涙をのみました。八幡南嘉穂もコールド勝ちで3回戦進出を決めています。

 南部でも3球場で8試合が行われました。春日公園野球場では浮羽究真館が玄洋との投手戦を制し、香椎も輝翔館に快勝。5回コールドで久留米高専を破った博多は、次戦でシード・福工大城東に挑みます。小郡市野球場では、福岡が八女農を終盤に突き放して3回戦へ。優勝候補の一角・筑陽学園は大川樟風を5回コールドで圧倒し、まずは初戦を突破しました。久留米市野球場では筑紫台が沖学園に競り勝ち、3回戦では福岡大大濠と激突します。早くも今大会2試合目を迎えた柳川は1-0で朝倉を下し、2試合連続の完封勝ち。同じく西南学院も八女との接戦を制し、今大会2勝目をあげました。

 23日は北部で2回戦の残り4試合と3回戦5試合、南部では2回戦9試合が行われます。3回戦に入る北部ではシード・東筑紫学園が登場、常磐と対戦します。

<24日の試合結果>
【北部】
2回戦(北九州)
直方   000 010 005=6
八幡中央010 000 000=1
2回戦(北九州)※5回コールド
水産    101 00=2
門司学園 047 3x=14
2回戦(北九州)※5回コールド
北九州市立 251 03=11
玄界      000 00=0
2回戦(光陵GS)
福岡魁誠 101 300 003=8
近大福岡 000 000 200=2

2回戦(光陵GS)
北九州 
002 210 200=7
中間  000 003 000=3
2回戦(光陵GS)
須恵 050 001 000=6
星琳 504 020 01x=12

2回戦(筑豊緑地)※6回コールド
連合 000 001
=1
鞍手 130 025=11
※連合チーム=若松商・遠賀・筑豊・行橋
2回戦(筑豊緑地)※7回コールド
八幡南 010 102 5=9
宗像  001 000 1=2
2回戦(筑豊緑地)※6回コールド
嘉穂 007 006=13
京都 000 002=2

【南部】
2回戦(春日)
玄洋      000 000 000=0
浮羽究真館 
000 000 10x=1
2回戦(春日)
輝翔館 000 000 010=1
香椎  000 201 02x=5
2回戦(春日)※5回コールド
久留米高専 001 01=2
博多  219 1x=13
2回戦(小郡)
福岡  010 002 041=8
八女農 001 000 000=1
2回戦(小郡)※5回コールド
大川樟風 000 00=0
筑陽学園 4211 0x=17

2回戦(久留米)
沖学園 
001 000 000=1
筑紫台 001 002 00x=3
2回戦(久留米
朝倉 000 000 000=0
柳川 000 000 01x=1
2回戦(久留米
西南学院 300 001 011=6
八女  030 000 010=4

 <25日の試合予定>※赤字はシード校、下線は観戦予定
【北部】
▽北九州 (2回戦)若松―大和青藍/(3回戦)東海大福岡ー戸畑東筑紫学園ー常磐
▽光陵GS(2回戦)自由ケ丘―小倉商/(3回戦)八幡―飯塚/北筑ー光陵

▽筑豊緑地(2回戦)小倉東―鞍手竜徳/北九州高専―嘉穂総合/(3回戦)古賀竟成館―苅田工
【南部】
▽桧原  (2回戦)修猷館―糸島/九産大九産―筑紫中央/福岡工―香住丘
▽春日公園(2回戦)福岡西陵―久留米学園/三潴―西短大附/久留米―朝倉光陽
▽久留米 (2回戦)祐誠ー三井/三池―太宰府/久留米筑水―三池工