南部Cパートは、昨秋ベスト8のシード・福工大城東がリード。九産大九産、祐誠、博多、さらに久留米、修猷館などの公立勢が追う展開です。
 福工大城東は昨夏ベスト8のスタメンから4人が残っており、派手さはありませんが投打にまとまりのあるチームです。右腕・中村投手はキレのある直球を軸にスライダー、カーブをコーナーに決めてきます。スナップがよく効いて球の回転が良く、球速表示以上にスピードを感じます。このほかにもスリークォーターの戸次、左腕・千々和、前田など様々なタイプの投手が控え、守備も小園、坂田の二遊間を中心によく鍛えられています。打線も竹之内、森、坂田の中軸を中心に外野の間を鋭く抜ける当たりを放ち、足を絡めた攻撃もできます。このパートでは頭一つ抜けている印象です。

 九産大九産は河野、藤江、荒木など前チームの主力が多く残ります。投手陣も伸びのある直球が武器の高橋、昨夏主戦を務めた鶴崎など複数が昨夏マウンドを経験。昨秋は4回戦で久留米に敗れましたが、充実した戦力を背景に巻き返しを図ります。
 祐誠は昨秋、3回戦で筑陽学園に0-8でコールド負け。新チームでは主力が抜けましたが、例年春から夏にかけて戦力を伸ばしてくるチームだけに、ひと冬越してどこまで戦力を伸ばしてきたか注目です。ここ数年、力をつけている博多は昨秋2勝。最後は筑陽学園に0-5で敗れましたが善戦が光りました。こちらも昨夏の主力が残っており、昨夏好投した田中投手を中心に堅い守りで勝機を見出したいところ。
 公立勢では昨秋、九産大九産などを破ってパート決勝まで進出した久留米、8月の福岡地区新人大会ベスト4の修猷館などが上位をうかがいます。

※校名の赤字はシード校、緑字は本サイトの独断による有力校