筑陽学園の守りの乱れに乗じて得点を重ねた東筑が、投げては今大会初登板となった林投手が筑陽学園を1点に抑える好投を見せ快勝した。
 東筑は初回、阿部が中前打で出ると田中の送りバントを捕手が二塁へ高投(記録は失策)し、無死一、二塁。和久田も左前打で続き、一死後、菊池が押し出しの死球を受けて先制すると、二死後、7番藤原の左前打で2点を加えた。2回は左前打で出た林を阿部が送り、田中の遊ゴロ失で一死一、三塁とし、和久田の右犠飛で林が生還。さらに田中が盗塁を決めた二死二塁から、4番野口の左前打で1点を追加、5-0とリードを広げた。3回は前の回途中から登板した2番手・藤井から、藤原が右中間二塁打を放ち、手嶋の犠打で一死三塁。打者・林の時に、暴投で藤原が生還した。
 6回は3番手・米井を攻め、中前打で出た阿部を田中が送り、和久田死球、野口三振のあと、菊池の二ゴロ失で二死満塁。ここで代打・江藤がセンター前に落として2点を追加した。8回にも田中が三ゴロ失で出ると、和久田のセンター左に落ちるヒットで田中が三塁を奪う好走(和久田も送球時に二進)を見せ、無死二、三塁。野口の右前打と菊池の中犠飛でダメ押しの2点を加えた。

 筑陽学園は初回の一死二、三塁をはじめ、三回二死二塁。4回一死二塁、6回二死一、三塁など、7回を除いて毎回のように走者を送りながら、低めを丁寧に突く東筑・林から決定打を奪えず得点できなかった。9回、7番後藤のセンター右への二塁打と二つの内野ゴロで1点を返すにとどまった。
————————————————–

 すでに九州大会を決めた両校による順位決定戦となった試合だったが、筑陽学園が攻守に精彩を欠き、大差の試合となった。
 東筑は前日の準決勝で延長11回を完投し150球近く投げたエース石田に代わり、普段はサードを守る林が先発。捕手も北村ではなく、ここまでファーストを守ってきた野口がマスクをかぶった。
 その林は、序盤から打線の援護を受けたこともあってか、伸び伸びと投げていた。右肘を高く上げてから投げ込んでくる直球は130キロ中盤で、この日の最速は137キロ。これに110キロ台の変化球(チェンジアップか)と90キロ台のカーブを交えての投球だった。たまに高めに抜ける球があったが、直球、変化球とも外角低めによくコントロールされていた。四死球もわずか3つ。投手前の送りバントを二塁で刺したり、強烈なピッチャー返しをさばいたりと、内野手ならではのフィールディングの良さも随所に見せた。初登板とは思えぬ落ち着きで、強打の筑陽学園を相手に1失点で完投した。
 打線も引き続き好調を維持。1番阿部は準決勝の3安打に続き、この日も2安打。リードオフマンとしての役割を十分に果たしている。前日、途中出場ながら初打席で勝ち越しとなる二塁打を放った1年生の藤原は、林がマウンドに上がったことからサードでスタメン起用され2安打2打点。ラッキーボーイ的な存在としてチームに勢いをもたらせている。初先発の林が投手として計算できる目途がつくなど、選手層は厚みを増している。

 筑陽学園は前日の準決勝で先発しながら4回途中7失点で降板した大畑が、汚名返上のマウンドに上がったが、この日も苦しい投球となった。初回、阿部にスライダー、和久田には外の直球をはじき返され満塁とされると、死球で押し出し。藤原には2-0となりストライクを取りに行った直球を狙われた。
 2回は先頭の林に左前打を許したところで、筑陽学園は捕手をレフトを守っていた石橋に代えたが、その後も2安打に犠飛を許して早々と降板。大畑は140キロ超の直球や落差あるスライダーで三振をとれる力があるが、一方で甘く入る球やボールになる球も多く、準決勝、決勝では結果が残せなかった。
 2番手・藤井は背番号6の右サイドハンドだが、4人の打者に6球を投げたところで降板、前日好投を見せた米井に交代した。米井はこの日も100キロ台後半のスライダーを軸に安定した投球を見せた。球速は120キロ台中盤ながら、打者の胸元も突く直球も威力がある。6回3分の2を投げて6安打を許したが、うち2本は外野の前に落ちるポテンヒット。6回と8回に2点ずつを失ったが、いずれも失策が絡んでおり自責点はゼロ。大畑ほどの球威はないものの安定感があり、九州大会では米井の先発も十分にあり得ると感じた。
 守備陣では準決勝の2失策に続き、この日も4失策がことごとく失点につながった。特に内野手がゴロを待って捕ろうとしてバウンドが変わったり、はじくケースが目立った。打線は石橋が3安打、野田が2安打と気を吐いたが、林の直球と変化球のコンビネーションに手を焼き1・2・4番が無安打。3時間にわたった前日の激闘の疲れが残っていたか、いいところなく敗れた。