中盤までがっぷり四つに組んだ好試合となったが、5回に一気に突き放した東福岡が九州国際大付の反撃をしのいで逃げ切った。
 同点で迎えた5回、東福岡はこの回先頭の8番寺岡が右中間二塁打で出塁。森が送り一死三塁とし、1番木村の左前打で勝ち越した。さらに村上四球のあと、中島が右中間二塁打を放って二者が生還し4-1とリードを広げると、福田の遊ゴロで中島は二・三塁間で挟まれたが挟殺プレーの送球が体に当たり、それぞれ二、三塁へ進塁。大西は遊ゴロに倒れたが、6番金光が右翼線二塁打を放ってさらに2点を追加した。7番立花も右前打で続き金光も生還、この回6点を挙げた。
 先制したのも東福岡。初回一死後、村上が四球を選ぶと3番中島もショート左への内野安打で一、二塁とし、福田の左前打で村上が生還した。1点を返された直後の7回には、福田が三塁線を破る二塁打で出塁。大西三振の後、金光の一ゴロで二死三塁とし、立花が右越え二塁打を放って、再び突き放した。投げては先発・金光が、9安打を浴びて4点を失いながらも、大量点に守られて完投した。

 初回一死二、三塁の好機を逃した九州国際大付は4回、先頭の4番甲斐が一塁線を破る二塁打で出ると、戸高も右前に落として無死一、三塁。続く6番葛城の遊ゴロの間に甲斐が生還して追いついた。7回は8番中川が中前打、菊田の代打・塩崎もレフト線に落ちるヒットで続くと、1番大石の代打・梅崎の三塁線への強い当たりがサードの失策を誘い、無死満塁。一死後、中村の二ゴロ併殺崩れの間に1点を返した。9回も二死から梅崎の左前打、安永の中前打、中村の死球で満塁とすると、甲斐が一・二塁間を破り2点を返したが、反撃もここまで。序盤の得点機を生かせなかったことが響き、終盤必死の追撃も及ばなかった。
————————————————–

 南北の強豪私立が激突した一戦。中盤までは1点を争う好ゲームだったが、決定力の差で東福岡に軍配が上がった。
 九州国際大付は初回、2本のヒットで一死二、三塁とし、4番甲斐という絶好の先制機を迎えたが、甲斐はスライダーを打ち上げて一邪飛
。5番戸高も外角低めのスライダーに手が出ず三振でチャンスを潰した。その裏、今度は東福岡が一死一、二塁の好機を迎えると、4番福田が初球を痛打、三遊間を破って先制した。
 九州国際大付は2回の一死二塁も逃すと、4回は同点に追いついた後の一死一、二塁でも追加点が奪えない。5回は一死一塁から3番中村がセンター後方への大きな当たりを放つも、東福岡のセンター木村の好守に阻まれ、続く甲斐のライト頭上を襲う一打もあとひと伸びがなく、ホームが遠かった。
 対して3、4回と三者凡退に抑えらえていた東福岡は5回、寺岡の二塁打を皮切りに四球、敵失に5安打を絡めて一気に6点。投手金光を中心に堅い守りで追加点を許さずに耐え、チャンスには一気に畳みかける見事な攻撃だった。

 東福岡の先発・金光は、初回いきなり140キロを計測。その後は、平均130キロ中盤の球速表示だったが、内角直球に力があり、九州国際大付の打者を詰まらせる場面がしばしば見られた。一方で高めに浮く直球も目につき、5回までは毎回のように走者を背負うなど苦しんだ。ただ、そこから決定打を許さず、タイムリーを許したのは9回の甲斐のみ。中盤以降はスライダーに加え、カーブも効果的に使って九州国際大付の強打をかわした。守備陣ではセンター木村の好守が光った。5回の中村の大きな当たりを背走しながらフェンス直前で好捕。7回には無死満塁で、安永のセンター間に落ちようかという当たりを飛びついて抑えた。

 九州国際大付の先発は右腕の秋元。こちらも最高140キロ、平均135~137キロの直球にスライダーを交えての投球。4回まで4安打1失点とまずまずの内容だったが、ボールが先行する投球が続いた。5回は球が高く入ったところを捕らえられ、3本の長打を浴びて、この回で降板した。
 このあと九州国際大付は平山、山本とつないだが、山本の直球のキレが目を引いた。テイクバックをほとんど取らない独特なフォームからの直球は130キロ前後だが、数字以上に速く見える。1イニングの登板ながら直球で二つの空振り三振を奪うなど、低めに直球がよく伸びていた。
 打線では、5打席中3打席で走者を二人以上置いて打席が回った4番甲斐が、この試合のキーマンとなった。5打数2安打2打点と結果だけを見ると十分の内容だが、初回の一死二、三塁、7回の二死一、三塁と一本欲しい場面で凡退。4回の反撃の口火を切る右翼線二塁打、最終回の2点タイムリー、そして7回にはライトポール際への大きなファールを打つなど、強い打球を遠くまで飛ばせるスラッガーだが、勝負強さという点ではやや物足りなさも残った。
 九州国際大付は今夏、5回戦(福工大城東戦)で再三のチャンスを生かせず2-3で敗れたが、この試合でも決定力不足が印象として残った。