投打に圧倒した東筑が、福工大城東を7回コールドで破った。
 2回一死二、三塁の先制機を逃した東筑は3回、先頭の8番手嶋が左中間二塁打で出ると、石田も四球を選び無死一、二塁。続く阿部の時、二走の手嶋が飛び出して二・三塁間で挟殺(一走・石田は二進)されたが、阿部四球、田中死球で一死満塁とし、3番和久田の左前打で先制した。続く野口もセンター右を破る二塁打で2点を加えて福工大城東の先発・中村をKOし、なお一死二、三塁。2番手・戸次に対し、菊池は二直に倒れたが、6番北村が一・二塁間を破る2点タイムリーを放ち、この回5点を挙げた。
 続く4回も手嶋が中前打、石田四球の後、阿部の投前バントが一塁悪送球を誘い、二塁から手嶋が生還。さらに無死二、三塁から田中右前打、和久田左前打で2点を追加、この回3点を加えて8-0とリードを広げた。7回は右越え二塁打で出た北村を林が送って一死三塁。手嶋四球、盗塁で一死二、三塁とし、9番石田の右前打で北村が生還。続く阿部のスクイズでさらに1点を加え、ダメ押しの2点を奪った。

 福工大城東は初回、先頭の廣沢が遊内野安打で出たが、続く伊藤がバントを決められず、強攻に出て二ゴロ併殺となり無得点。2回も先頭の森が四球を選んだが、坂田がスリーバント失敗で逸機。3~6回も毎回のように安打の走者を出したが後続が続かなかった。結局、東筑・石田の前に散発5安打に抑えられ、三塁を踏めなかった。


————————————————–

 東筑・石田、福工大城東・中村の投手戦が予想されたが、4回までに試合の大勢が決した。
 2回までは、両校ともミスが目立ち、流れが二転三転する展開。1回裏の福工大城東は先頭の廣沢が遊内野安打で出たが、続く伊藤はバントを二度ファールした末、強攻に切り替えヒットエンド・ランを敢行したものの二ゴロ併殺打。直後の2回表、東筑は野口が左前に落とし、菊池の内野安打と犠打で一死二、三塁の好機を作るが、続く林の3球目にスクイズのサインミスか、三走が飛び出してタッチアウト。先制機を逃がす。2回裏、福工大城東は森が四球で出るが、坂田もバントを決められない。一度ファールにした後、ボールを挟んで再びバントを試みるが小フライに。しかしこれを石田と北村がお見合いする形となってファールとなり命拾いをしたが、スリーバントを試みて失敗、ミスに付き合ってしまう。3回表の東筑も、無死一、二塁で阿部の初球に二走が飛び出して挟殺される走塁ミス。ところがその後、中村が連続四死球で東筑のミスを帳消しにしてしまい、連続タイムリーを浴びて3失点。序盤の主導権争いを制した東筑に、流れは一気に傾いていった。

 それにしても、福工大城東・中村の球は走っていなかった。平均125キロ前後の球速表示はともかく、2回戦の筑前戦ではもう少し直球にキレがあったように感じたが、この日は球を置きにいっている印象を受けた。結局、打者13人に投げて被安打5、四死球3という結果で3回途中で降板。救援に立った戸次も打たれ5-0。相手投手が石田ということを考えると、福工大城東はこの時点でかなり厳しい状況となった。

 4回は戸次が3安打に四球、自らの失策も絡んで3失点。7回にも失策絡みでダメ押し点を奪われ、福工大城東は攻守に精彩を欠いた一戦となった。この日は中村降板後、4人がマウンドに上がったが、4番手の左腕・右田は90キロ台のカーブなど、緩い球を効果的に使える投手として印象に残った。

 一方、東筑の石田は7回を除いて毎回のように走者を背負う投球。それでも走者を背負ってからの粘りが持ち味とばかり、連打は許さなかった。135キロ前後の直球をコーナーいっぱいに決め、スライダー、チェンジアップを織り交ぜて的を絞らせなかった。
 福工大城東打線の5安打はいずれもクリーンヒット。また、アウトになった打球の中にも、芯で捕らえた当たりも随所に見られた。ただ1、2回の送りバント失敗が響き、先制してリズムを作ることができなかった。点差が開いてからは走者を出しても強攻以外に選択肢がなく、淡白な攻撃となってしまった。中村が踏ん張ってロースコアでの競り合いに持ち込みたかったが、その目論見が序盤で早々に打ち砕かれてしまった。
 東筑は先述のように走者が飛び出して二度刺されるなど、走塁ミスが目立った。5回にも二死一、二塁から田中の左前打で、外野からの返球が逸れたのを見た二走が、三走が自重しているのに気づかずに三塁を狙い、結果三走が三本間で挟殺された。大差の試合となり大勢には影響がなかったが、1点を争う試合であったなら痛恨のプレーになっていたかもしれない。ただ、夏もそうだったが、こうした粗さを内包しながらも勝ち上がっていく逞しさが、東筑にはある。