両校の打線が活発で激しく点を取り合う試合となったが、小倉が打ち勝った。
 小倉は初回、先頭の樵田が四球で出ると渡辺が送り一死二塁。石橋三振、徳永四球で二死一、二塁から本田が左前打を放って先制した。2点を追う5回はこの回先頭の8番河浦が中越え二塁打。山崎が送り一死三塁から樵田のスクイズが内野安打となり、まず1点。渡辺がヒットエンド・ランを決めて(左前打)一死一、三塁とし、3番石橋の右犠飛で追いつくと、続く徳永も右越え三塁打を放って逆転した。
 再逆転を許した直後の6回は6番四戸が左翼線に安打、レフトが処理をもたつく間に二塁まで進み(記録はレフト失策)、原の犠打で一死三塁。ここで河浦が左翼スタンドへ2点本塁打を放ち、再び逆転した。7回にも右翼線二塁打で出た石橋を徳永が送り、本田の左前打で1点を追加。さらに送りバントで二死二塁とし、原の左中間二塁打で1点を加えて突き放した。
 真颯館は3回、9番加来が振り逃げで出ると、牽制悪送球で二進。丸林中前打で無死一、三塁とし、森田の左越え二塁打で同点。なおも無死二、三塁から松本の中前打で2点を追加して逆転した。逆転された6回には5番山口が四球で出た後、松尾が右越え三塁打を放ち同点。続く井田の左犠飛で勝ち越した。
 3点を追う9回は、四球の松本を一塁に置いて4番櫻田が右越え本塁打を放ち1点差としたが、反撃もここまで。救援に立った黒田に後続が抑えられ、あと一歩及ばなかった。

※選手名に関しては場内アナウンスのみでの確認のため、誤りがありましたらご指摘いただけると幸いです

————————————————–

 県下屈指の速球派・小倉の河浦に対し、真颯館打線が12安打を浴びせて7点を奪ったが、投手陣がリードを守り切れなかった。
 河浦は初回、いきなり二者連続三振を奪う上々の立ち上がり
。伸びのある直球を軸にスライダー、鋭く沈む変化球を織り交ぜながら5回までに9つの三振を奪った。だが真颯館打線は、三振を奪われながらも直球に振り負けなかった。3回は4連打で逆転。6回も四球を足掛かりに三塁打と犠牲フライで逆転。9回には櫻田が弾丸ライナーをライトスタンドに突き刺すなど、5本の長打を含む12安打。真颯館は夏の大会3回戦でも小倉と対戦、河浦から11安打を放って勝っているが、当時のスタメンは4番の櫻田(前チームは2番)だけ。当たり損ないのヒットはほとんどなく、打力のあるところを示した。
 ただ河浦も、走者を許しながらも粘り強く投げた
。2回は一死から短長打を浴びて一死二、三塁とされたが連続三振で無失点。3回は3点を奪われた後も一死二、三塁とされたが、やはり連続三振で2点差で踏ん張る。6回も逆転を許した後の一死二、三塁で追加点は許さなかった。7回、8回も一死二、三塁のピンチを背負うがいずれも切り抜けるなど、6度迎えた一死二、三塁の場面で得点を許さなかった。剛腕の印象の強い河浦だが、失点しても集中力を切らさず、粘り強く投げて味方の反撃につなげた。
 9回1点差となったところで小倉はサードに入っていた黒田が登板。右サイドハンドからのスライダーを中心とした投球で三人を無難に抑えた。

 真颯館は背番号9の1年生・武内が先発。球威はさほど感じなかったが、球筋のよい直球が外角低めに決まり、スライダーを織り交ぜながら丁寧にコーナーを突く投球を見せた。初回に2つの四球から先制を許したが、2回以降はテンポもよくなりこのまま真颯館のペースで試合が進んでいくと思われたが、5回に小倉は機動力を絡めた攻撃で攻略の糸口を掴んだ。
 まず、先頭の河浦が中越え二塁打。当てただけと思われたが、意外と打球が伸びた。6回には本塁打も放つなど、8番打者ながら投球同様パワーがありそう。その河浦を犠打で三塁に進めると、樵田が三塁前に絶妙のスクイズを決め、一塁もセーフ。続く渡辺の時、2-0からの3球目にエンドラン、これが二塁ベースカバーに入ろうとしたショートの逆を突く左前打となり、犠飛で追いついた。さらに徳永の当たりも平凡な右飛と思われたが、打球が伸びて三塁打となり逆転。スコアボード上の旗を見ると激しくたなびいており、この回は風の後押しもあったのかもしれない。
 6回は一死三塁となったところで武内を救援した2番手投手から、河浦が左翼スタンドへ一発。7回は無死二塁の場面でライトからエースナンバーをつけた松尾が登板したが、2つの犠打を挟んで2本のタイムリーで2点を追加した。6回途中で武内をマウンドから下ろしてからは、長打攻勢で突き放した。
 その松尾は上背もあり、大きなフォームから投げ下ろしてくるが、チェンジアップ系の変化球を多投しており、軟投派の印象を受けた。