福島が毎回の19安打を放つ猛攻で、福岡農に快勝した。
 初回一死一、二塁の先制機を逃した福島は2回、5番古賀が投手強襲安打で出ると、続く益田がライト右への三塁打を放って先制。馬場は二ゴロに倒れたが、8番内藤の左前打で2点目を挙げると、赤司が送って二死二塁とし、1番延壽の右前打でさらに1点を加えた。3回は3番山口が一二塁間を破ると、野田中飛のあと、古賀が右中間二塁打を放ち4点目。古賀は益田の時に三盗を決め(益田は三振)、馬場の時に暴投で生還し、5-0とリードを広げた。
 5回は益田のライト左への二塁打、馬場四球で無死一、二塁。内藤の送りバントは捕邪飛となったが、続く赤司の時に重盗が決まり、赤司の強い当たりの遊ゴロをショートがはじき(記録は失策)、2者が生還した。6回は二死から古賀がライト前に落として出塁すると、すかさず盗塁を決め、益田の中前打で生還して8点目。2点を返された直後の7回には、前の回からマウンドに登っていた8番諸冨が右前打、続く赤司も左前打で無死一、二塁。延壽の一塁前への送りバントが内野安打となり、野中の中前タイムリーで勝負を決めた。
 福岡農は2回二死から、6番高橋、7番山田がいずれも右前打を放ったが、8番堀之内が右飛。5回には一死から山田が左中間二塁打で出塁したが、後続が凡退。6回は左前打で出た1番戸田を廣瀬が送ったものの、築地の三直で二塁走者が飛び出し併殺を喫するなど、得点できなかった。コールド成立寸前の7回一死後、渕上四球、高橋死球で一、二塁。山田の時、暴投で二、三塁とし(山田は三振)堀之内が左前に落として2点を返したが、反撃が遅かった。

————————————————–

 宮崎、後藤、中島らの中軸打者を中心に、強打を誇った前チームの福島。主力選手が引退し、新たなチーム編成で迎えた秋初戦を、19安打の猛攻で突破した。
 19安打のうち長打は3本のみ。4安打すべてがセンター前へのヒットだった2番野中をはじめ、各打者ともセンター中心に短打をつないでいく打撃を見せた。野中のほか3番山口、6番益田も左打者ながら、左の福岡農・高橋投手を苦にすることもなく猛打賞を記録。犠打は投手の赤司が一つ記録しただけで、無死あるいは一死で走者が出ても基本は強攻。盗塁も8つ決めるなど今年も攻撃型のチームと言えそうだ。

 先発の赤司は右のスリークォーター。7人の右打者が並ぶ福岡農打線に対して外角直球を軸に、内角を厳しく突く投球を見せた。内角球はシュート回転していたか、この球で福岡農の打者を完全に詰まらせ、6回まで4安打無四球の好投を見せた。7回は連続四死球と暴投で自らピンチを招くと、堀之内に左前に落とされ、この回でのコールド勝ちがなくなったところで降板。まだ手投げの感じだが制球は安定しており、もう少し下半身が使えるようになってくると楽しみ。

 福岡農はベンチ入り13人での戦いとなった。先発は左腕の高橋。恵まれた体格から投げ下ろす直球にカーブを交えての投球。四死球は3つだったがコースが甘く、初回から福島打線につかまった。もう少し体全体が使えてくると、上背があるだけに球のスピードがまだ出そう。打線は赤司の内角球に詰まらされる場面が多く散発5安打。7番山田は左中間二塁打を含む2安打と気を吐いたが、全体的に迫力を欠いた。